サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2020年01月19日

「物憑き」の果てに



かつて大西時夫氏が発行していた詩誌「ミルノミナ」に「物憑き抄」という随筆を連載していたことがある。


瀧口修造の言葉に導かれ、私にとって「物」とは何なのかを考えてみるためのエッセイだったのだが、年齢を重ねた今、再び、「物」について考察してみたい気持ちが強まってきた。



人類の歴史は、道具とともにある。

縄文時代なら、狩猟と漁労、そして保存のための土器が作られ、弥生時代には稲作のための道具や煮炊きするための土器が作られ、次第に生存のための道具から、余剰としての「物」が生産されるようになっていく。


近代の日本、とりわけ戦後の昭和という時代は、家庭に物が増え続け、やがては溢れるまでの時間だったと言ってもよい。



それが、2007年にiPhoneが発売されてから、劇的なまでに変化した。

とりわけ、書物や音楽、映画などは、旧来の書籍、CD、DVDという「物」から、形のない情報を買ったり、レンタルするといったスタイルに変わっていったが、こうした変化は不可逆的なものであり、私たちの生活を一変させるものとなったのは間違いない。


昭和を象徴する家電でもあったテレビは、一家に一台からひとりに一台まで普及したが、今では若者の部屋にはテレビがないのが当たり前になりつつあるという。

こうした変化のなかで、私たちにとっての「物」も大きな変容を被らざるをえないのではないだろうか。


身の回りを見渡してみると、必要だと思って入手したはずなのに、物という物がうとましく思えることがある。

「物憑き」と「物疲れ」。

昔の人は、百年を経た器物は生命を得て「付喪神」という妖怪になると考えたが、「物」には何らかの用途があるという道具としての側面ばかりではなく、限りなく情緒的な正面があるということなのかも知れない。

そうした「正面」に向かい合ったのがシュルレアリスムにおける「オブジェ」という概念であったわけだが、それは、柳宗悦が民芸運動で唱えた「用の美」とは真逆の「無用の用」であった。


瀧口修造は自らの書斎を「影どもが住む部屋」と呼んで、次のように語っている。



〈物の遍歴。物への遍歴。私の一生は「持たざるもの」の物憑きとして終わったとしたらどうだろう。怖ろしいようなものだ。〉



この怖ろしさに向き合うところから、私も新しい仕事を始めてみたい。
posted by 城戸朱理 at 14:00| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

いかれバンビの日の丸弁当???

IMG_8415.JPGIMG_8416.JPGIMG_8417.JPGIMG_5741.JPG



ある日のこと。

バンビことパンクな彼女が、東京に出かける用事があった。

食事をする時間がないが、大丈夫なのだろうか?


「大丈夫だよ!
お弁当を持っていって、グリーン車で食べるようにするよ!」


冷蔵庫にあるものを適当に詰めて、お弁当を作ったバンビは、元気に出かけていった。

そして、LINEでお弁当の写真が送られてきたのである。

これは、キャベツの千切りの日の丸弁当ではないか!



「そう見えるけど、キャベツの下には玄米が入っているんだよ!」



たしかに、次の写真では玄米が。

しかも、玄米のなかにラタトゥイユを入れたらしい。



「蒸し鶏もあるんだよ!」



蓋を開けたときには、キャベツの日の丸弁当だが、下に玄米、ラタトゥイユ、蒸し鶏と意外なほどバランスのいいお弁当になっている。

しかも漆塗りの弁当箱を藍染めのハンカチで包みながら、お箸はチキンラーメンのヒヨコちゃんである。


パンクなだけに発想が逆転しているのだが、いいのだろうか、これで?
posted by 城戸朱理 at 22:11| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

原成吉先生、待望の単行本『アメリカ現代詩入門』刊行間近!



京都にいるとき、獨協大学の原成吉教授から電話で嬉しい知らせがあった。

これまでゲイリー・スナイダーを中心に、もっぱら翻訳を手がけてきた原成吉先生が、書き下ろしの『アメリカ現代詩入門』を出版されるというのだ。


光栄なことに帯の推薦文の依頼をいただいたので、PDFで送っていただいた本文を、いち早く読ませていただく機会を得た。


パウンド、W.C.ウィリアムズ、T.S.エリオット、e.e.カミングズといったモダニズムの巨匠から、ギンズバーグ、スナイダー、そしてボブ・ディランまで、20世紀アメリカ詩の概要を通覧できる素晴らしい内容で、一章ずつ、ひとりの詩人を扱い、その生涯を簡潔に語るとともに、代表作をバイリンガルで収録、原先生ならではの読解と解説が付されている。


これ以上はないと思わせる人選もさすがだが、解説がまた素晴らしい。

推薦文を書くために通読して、今は、ゆっくりと読み直しているところである。


決定版とも言うべきアメリカ現代詩入門、刊行が待ち遠しい。
posted by 城戸朱理 at 11:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

じき宮ざわで、その3

IMG_0646.JPGIMG_0650.JPGEffect_20200111_150236.jpgIMG_0659.JPGIMG_0663.JPG



泉さんが自家製カラスミを切り始めたので、「ごだん宮ざわ」と同じくカラスミの飯蒸しかと思いきや、こちらはカラスミ大根。

炊いた聖護院大根にカラスミを乗せ、さらに、この日の料理で使った野菜の皮や葉だけで取ったという柔らかな味わいの出汁をかける。

熱で旨みを増したカラスミが、たまらなく酒を呼ぶ。



土鍋で炊きあげた御飯は、「ごたん宮ざわ」と同じく茶の湯の懐石のスタイルで、煮えばなから。



果物は蜜柑とイチゴ。

オレンジのような風味でゼリーのような果肉を持つ愛媛の紅まどんなにスライスした佐賀ほのかを乗せ、さらに凍らせたイチゴをすりおろした一品。


干支の形の最中をいただき、堂々たる李朝の茶碗でお薄をいただいて、食事は終わったが、和食には珍しく、多彩な出汁を、まるでフレンチのソースのように使うのが泉貴友さんの料理の特長だろう。



じき宮ざわは、カウンター10席の店だが、この日、5人は海外からのお客さま。

泉さんは達者な英語で料理の説明をされていたが、京都の飲食店では英語が必須になりつつある。


年末にお子さんが生まれたという泉さんに、命名の由来などをうかがってから、お店を後にした。
posted by 城戸朱理 at 14:15| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じき宮ざわで、その2

IMG_0628.JPGIMG_0631.JPGIMG_0634.JPGIMG_0640.JPGIMG_0644.JPG



焼き胡麻豆腐は、胡麻のペーストに切り胡麻と胡麻尽くし。



海老の色絵皿で供されたのは、なんと「海老クリームコロッケ」。

海老芋のコロッケに車海老、豆乳を海老の頭と殻で取った出汁で伸ばし、自家製ウスターソースがかけ回されていて、こちらは、海老尽くしということになる。

これを崩し、混ぜて食べると、たしかに海老クリームコロッケ風味になる。

美しい盛り付けを、あえて崩さなければならないものだから、バンビことパンクな彼女は「いけないことをしているような気になっちゃうなあ!」と楽しんでいた。



続けて、餅米の玄米と和えた勢子蟹。

勢子蟹と内子と外子、それに玄米まで加わって、立体的な食感が面白い。

日本酒は、泉さんが勢子蟹にはこれと勧めてくれた弥栄鶴(やさかつる)にしたが、たしかに蟹と釣り合う芳醇な酒である。



焼き物は、なんと縦向きで出された。

3日寝かせた愛媛産の鰆だが、絶妙の火入れ。

蕪蒸しが乗り、鰆の骨で取った出汁を使った、澄んだ味の土佐醤油が、また素晴らしい。



室町時代の古瀬戸のおろし皿には、堀川ごぼうに穴子煮、それに乳酸発酵させた柿。

柿は甘みがなく、料理に風味を添える。


夏に「じき宮ざわ」を訪れたとき、昆布で締めたスイカに伊勢の麦わらタコを合わせ、トマトのシャーベットをかけた先付けを出されて驚いたことがあったが、柿を乳酸発酵させるなんて、どうしたら思いつくのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 14:14| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じき宮ざわで、その1

IMG_0611.JPGIMG_0614.JPGIMG_0618.JPGIMG_0621.JPGIMG_0623.JPG



1月10日は、鎌倉に帰るだけなので、荷物を宅急便で送り出し、糸屋ホテルをチェックアウトしてから、錦市場で甘鯛や浜焼きの塩鯖、三木鶏卵の出汁巻き玉子などを買って、昼食は予約してあった「じき宮ざわ」へ。


宮澤政人さんの一番弟子で「じき宮ざわ」料理長の泉貴友さんもミシュランで星を獲得しているが、やはり素晴らしい料理だった。


小売りしていないというトウキョウ・ホワイトという白ビールをもらい、日本酒は祭蔵舞を燗で。

岡本作礼作の斑唐津扁壺徳利で燗酒が出たが、吹き寄せの盃から古染付けを使わせてもらうことにした。

バンビことパンクな彼女は、粉引盃を選んでいる。



まずは伏見の稼ぎ頭を一献。

先付けはハマグリの玉締め、百合根のすり流し。

「龍の玉子」というブランド玉子を使った茶碗蒸しだが、なんとも優しい味である。



お椀は、白味噌仕立ての京都風お雑煮で、蓋を開けたとたん、女性客から歓声があがった。



お造りは、稀少な壱岐産灸鰹(やいとかつお)。

関東では、滅多にお目にかからないが、脂は乗っているのに本鰹のような癖がなく、鰹と鮪の間のような味で、品がいい。

4日間寝かせて、旨みを引き出し、無農薬の藁で皮目を炙り、あさつきと八代の青海苔が添えられている。

さらに酢飯のおかゆをかけて、寿司風味に仕立てたお造りで、工夫も楽しいが、味も絶品だった。
posted by 城戸朱理 at 13:57| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

「生誕120年記念 永田耕衣展」@姫路文学館



姫路文学館で1月11日から「生誕120年記念 永田耕衣展」が開催されている。

阪神淡路大震災で自宅が倒壊しながらも、奇跡的に助け出され、大震災を生き延びた俳人、永田耕衣。

その後も97歳の天寿を全うするまで、俳句を詠み続けた。


「白梅や天没地没虚空没」は、大震災後の一喝。


耕衣さんの没後、「朝日新聞」の取材を受け、その俳句について語ったことがあるが、今も、すぐ手が届くところに著作を置いている。


吉岡実は耕衣の俳句を愛し『耕衣百句』を編んだ。

それをきっかけにして、詩人の間にもその存在が知れわたったが、耕衣さん自身は西脇順三郎をこよなく愛し、『しゃがむとまがり』という西脇論を書いている。


私の手元にある『しゃがむとまがり』は、「洗濯船」別冊・永田耕衣特集が出来上がってお届けしたときに、句集『闌位』とともにいただいたもので、限定500部のうちの8番。

著者用として蔵されていた一書で、耕衣さん自身の鉛筆による書き込みもあったりするので、大切にしている。

「洗濯船」の特集では、吉岡実の選で『耕衣百句』以降の「耕衣三十句」が掲載されており、渋谷の喫茶店TOPで、吉岡さんから原稿をいただいたことも懐かしい。


耕衣さんは棟方志功と親交があり、明石は須磨の御自宅、田荷軒には志功の代表作「二菩薩釈迦十大弟子」の「摩訶目犍連(まかもくけんれん)」が飾られていたが、志功は、十大弟子のうちでも「神通第一」とされた摩訶目犍連(マハーモッガーラ)がおまえににふさわしいと言って、耕衣さんに贈ったものだとうかがった。

たしかに、耕衣俳句には神通としか言えない謎めいた力がある。

それを種村季弘は「芭蕉さえ嫉妬に蒼ざめる」と、いささか扇情的に評したのではないだろうか。



耕衣さんは骨董屋通いもされていて、李朝などの古器も買われていたし、書斎には白隠禅師の「秋葉大権現」の書が掛けられていたのを思い出す。

また、耕衣さん自身が味わい深い書を大量に残されているので、さぞや見応えのある展覧会になることだろう。


駆けつけたいところだが、その余裕がないのが残念でならない。

知っていたら、京都行きの時期をずらしたのだが。


関西にお住まいの方は、ぜひ姫路文学館まで足を運んで、稀代の俳人の足跡に触れてみて欲しい。
posted by 城戸朱理 at 03:08| イベント告知など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の昼食~新京極のスタンド

IMG_0501.JPGIMG_0503.JPGIMG_0507.JPGIMG_0509.JPGIMG_0512.JPG



1月9日の夜は「ごだん宮ざわ」に予約を入れてあったので、昼食はまったく違うタイプの店にしようということになり、新京極のスタンドに行った。

昼から飲んでいるご老人もいれば、食事をしている学生もいる。

戦前のレトロな雰囲気を残す町の食堂兼飲み屋である。



きずし(締め鯖)がまだ仕込み中とのことだったので、えんどう玉子とじとまぐろのわさび和えをもらってビール。

バンビことパンクな彼女は、鴨ロースを頼み、レモンサワー。


なんとも、くつろげる店だ。


相席になったお爺さんは、注文もしていないのに、座ったとたん熱燗が運ばれてきたので、常連なのだろう。

「今日は何にしますか」と尋ねられ、ラーメンを頼んでいたから、スタンドに日参して、熱燗を一本飲み、昼食を取ることにしているのかも知れない。

いい人生ではないか。



私とバンビは、最後に日替わりの定食を一人前だけ頼んでシェアすることにしたのだが、この日はハンバーグに鶏唐揚げ3個、焼売2個の盛り合わせというボリューム。

これに御飯と味噌汁、えんどう玉子とじの小鉢がついて980円なのだから、お客さんが途絶えないのも当然だろう。


今回は頼まなかったが、スタンドのビーフカツレツも、スナック感覚で楽しい。
posted by 城戸朱理 at 02:58| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の昼食~三条の田毎本店

IMG_0467.JPGIMG_0459.JPGIMG_0464.JPG


1月8日は、目覚めるのが遅く、遅い昼食となったが、錦の寿司さか井を始めとして、行こうと思った店はことごとく満員か定休日で、昼食難民と化し、三条まで歩くことになった。

かつくらでトンカツかリプトン・ティールームでハンバーグという手もあったが、どちらも重いので、田毎本店で蕎麦を食べることにした。


蕎麦がきと棒にしんをもらって、まずはビール。

ふだんは日が暮れてからしか飲まないようにしているので、昼酒は旅先だけの贅沢である。



バンビことパンクな彼女は、天せいろ。

私は小海老の天ぷらがついた「特撰 みそぎそば」を頼んでみた。

「みそぎそば」は数量限定、ごく少量しか取れない純白の一番粉を使った蕎麦。

たしかに、そうめんと間違えるほど白く、香りは淡く、喉ごしがよい。


田毎本店は明治元年創業だというが、老舗だけに面白い蕎麦があるものだ。
posted by 城戸朱理 at 02:56| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

糸屋ホテルの朝食

IMG_0372.JPGIMG_0370.JPG



今回、朝食を食べたのは、京都に着いた翌日の1月7日だけ。


バンビことパンクな彼女は疲れて寝ていたので、私だけエッグベネディクトにオレンジジュースとコーヒーを頼んだ。

エッグベネディクトには、ブロッコリー、茸、レタスにキャロットラペ、フライドポテトが添えられ、バランスがいい。


メニューを見たら、ハムとチーズをホワイトソースとともにパンに乗せて焼いたクロックムッシュが増えていたので、後日、試してみようと思っていたのだが、朝、起きることができなかったのである。
posted by 城戸朱理 at 01:05| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする