サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2020年03月16日

令和恐慌は避けられるのか?



内閣府は昨年10月から12月の四半期の経済成長率を修正、年率に換算してマイナス7.1%と発表した。

驚くべき数字だが、デフレから抜け出せないままだった日本経済に、昨年10月の消費税増税が、とどめを刺した感がある。

マイナス7.1%というと、約38兆円の損失になる。


OECDの発表によると2019年の日本国民ひとり当たりのGDPはOECD加盟国36カ国中18位で、OECD平均を下回り、イタリアやニュージーランド、韓国とほぼ同水準。

就業者ひとり当たりの労働生産性は21位でトルコやスロベニアとほぼ同じ水準であり、G7のなかでは最下位に転落している。

日本はもはや先進国ではないと指摘する識者がいるが、それは、こうした数字からも確認できる。



さらに、驚くべきデータがある。

税金・年金・健康保険料など国民の負担は、2010年代初頭まで23%ていどだったが、自民党・公明党の連立政権下で上がり続け、2018年の段階で44%に達した。

つまり、私たちは収入の半分弱を税金等で納め、わずか半分強が手元に残るだけになったのだ。


そこに消費税を増税したわけだから、内需がGDPの約6割を占める日本で景気が後退するのは当たり前で、しかも不況に突入しかけたところで、新型コロナウィルスのパンデミックが起こってしまった。


まず問題視されたのは、訪日外国人による旅行消費、インバウンドの落ち込みだが、インバウンド消費は2018年で4兆円を上回っているものの、名目GDPに占める比率は0.8%にすぎない。

インバウンドに特化したホテルやレストランなど観光業にとっては死活問題だが、昨年末四半期の落ち込みがあるだけに、現在の自粛による個人消費の冷え込みは、日本経済を断崖絶壁に追い詰めつつある。


コロナウィルスの終息が見えるまで、個人消費の冷え込みは続くだろうし、その期間が長引けば長引くだけ、中小企業や個人事業主の倒産が増え、失業率は上がることになる。

企業も減収を余儀なくされるし、リーマンショック後の2019年の派遣切りや正社員でも解雇されるケースが増えかねない。


しかもヨーロッパ、中東とパンデミックとなった今、経済の大収縮は日本だけの問題ではない。


通貨の流通量が大きく減り、収入・物価・雇用が大きく減退すると世界恐慌の怖れさえあるわけで、ウィルスとの戦いは生命だけではなく、経済の問題に拡大してしまった。

不況もまた人を殺す


イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イタリアやフランスと違って、学校を休校にせず、国民の6割が感染して集団的免疫を獲得し、パンデミックを鎮静化させるという思い切った方針を打ち出した。

この場合、全英の人口の5%が重症化し、さらに0.4%に当たる27万人が死亡すると予測されているが、封じ込めに失敗したら、それしか方法がないのも事実で、感染者が次第に増えている日本は、はたしてどうなるのか、緊張ばかりが高まる。


リーマンショック後、政府は15.4兆円の国費を投入したが、今回はそれ以上の財政出動と大胆な減税が必要となるだろう。
posted by 城戸朱理 at 13:06| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

世界的コロナショック



3月9日、コロナウィルス感染拡大を受けて、ニューヨーク株式市場はパニック売りに見舞われ、ダウ平均株価が暴落、なんと2013ドル安を記録した。

株価安定のためにサーキット・ブレーカーが発動され、一時的に取引停止となったが、コロナウィルス禍のみならず、OPEC(石油輸出国機構)とロシアなど非加盟産油国の協調減産体制が崩壊し、サウジアラビアとロシアが増産に転じたため石油価格競争が激化、原油安が続いており、この逆オイルショックも暴落の原因となった。


さらにトランプ大統領のEU諸国からの入国禁止措置がもたらす経済的影響を懸念して、12日のニューヨーク株式相場は、またもや過去最大の下げ幅となる2352ドル安という大暴落。

一方、日本も、13日に東証の日経平均株価が暴落、17000円を割り込んだ。


2008年のリーマンショック以来の不況を予測せざるをえない状況だが、いまやコロナショックは、WHOによると致死率3.4%というウィルス自体の危険性ばかりではなく、経済崩壊の危険性にまで拡大した。

グローバルな資材・部品のサプライチェーンが機能しなくなり、インバウンドばかりではなく、外出を控える自粛によって国内の人の動きも絶え、地域経済にとどめを刺しかねない。

私が行きつけにしている鎌倉のある店では、この状況が続くと個人経営の店は潰れかねないと言っていたが、鎌倉も数ヵ月前までの混雑が嘘のように閑散としており、ウィルスだけではなく、経済的問題によって、市民が死にかねない状況になりつつある。


中国は50日かけてコロナウィルスの封じ込めに成功したように見える。

最後の感染者が陰性になり、さらに2週間の観察を経て陰性になるまで、あと50日と考えられているが、日本のコロナ対策は中国のように徹底したものではないので、今後も感染拡大が続くだろう。

先行きが見えない。
posted by 城戸朱理 at 15:24| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

鎌倉の新しい古書店、くんぷう堂

IMG_1205.JPGIMG_1202.JPGIMG_1194.JPG



鎌倉の古書店も閉店が相次いでいる。


良書を揃えているので愛された小町通りの木犀堂が閉めたのを皮切りに、藝林荘、さらにはブックス・モブロと、散歩途中に立ち寄れる古本屋が少なくなっていくのは、なんとも淋しい。


由比ヶ浜通りの公文堂と鎌倉駅から近い游古堂が健在なのは心強いかぎりだが、気づくと市役所通りに新しい古書店が開店していた。

鎌倉駅西口に出て、目の前の市役所通りを直進、最初の信号を通りすぎ、左手に鎌倉市役所を見て、最初のトンネルを抜けた右手。

駅から徒歩5分ほどの、くんぷう堂である。


一軒家がそのまま、お店になっており、入るのがためらわれるが、玄関には均一本や文庫が並び、靴を脱いで2階に上がると、そこは、まさに古本屋である。


文学や思想などの人文書はもちろん、画集や絵本、工芸やフェミニズムの棚もあって、つい長居してしまった。


私が購入したのは雑誌1冊に文庫2冊、書籍が3冊。

いずれ紹介するつもりだが、書籍だけ書いておこう。


梶山季之『せどり男爵数奇潭』(桃源社、昭和49年、初版)、
近藤京嗣『民器の中の茶器』(三省堂、昭和53年、初版)、
丹治愛『モダニズムの詩学』(みすず書房、1994年、初版)の3冊である。
posted by 城戸朱理 at 17:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

ランチのち神田古書店街

IMG_1167.JPGIMG_1171.JPG



2月25日、『アメリカ現代詩入門』刊行記念トークの翌日は、菊石朋さんが古書店を見たいというので、神田古書店街に行くことになった。


ホテル・モントレ半蔵門をチェックアウトして、神保町に向かい、まずはランチョンで昼食を。


私は牡蠣のチャウダーとハンバーグ、バンビことパンクな彼女は牡蠣のチャウダーに分厚いカツサンド、菊石さんは日替りランチ。

靖国通りを隔てて、どう見ても本の重さで右に傾いている田村書店を見ながら、ランチョンで飲むランチビールは実に旨い。



菊石さんの新幹線の時間があるので、古書店は文英堂、田村書店、ボヘミアン・ギルド3軒に絞って回った。

バンビは北園克衛の詩の自筆原稿が気になったようだが、菊石さんも本を買いまくっている。



私が購入したのは、赤尾兜子『稚年記』(湯川書房)。

兜子、16歳から20歳まで、太平洋戦争出兵前の句を集めた句集で、1977(昭和52)年の刊行。

上製・角背・貼り函と、この時期は、まだ手仕事が生きていただけに美しい書物である。



菊石さんを東京駅まで送り、私たちは横須賀線で帰途についた。
posted by 城戸朱理 at 14:41| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

原成吉『アメリカ現代詩入門』刊行記念トークへ

IMG_1172.JPGIMG_1161.JPG


2月23日は、「かまくら春秋」の創刊50周年記念号に寄せるエッセイを執筆。


「かまくら春秋」は伊藤玄二郎代表が、鎌倉文士の長老、里見クに「鎌倉には文士が大勢いるんだから、鎌倉で出版社を」と言われて始めた会社だが、文芸タウン誌「かまくら春秋」は、4月号で600号になるそうだ。


依頼は、「身辺雑記」。


こういう依頼がいちばん難しい。


ブラジルの「ノイガンドレス」のメンバーで、戦後、ブラジル大使館の文化公報官として東京に13年を暮らし、北園克衛や新国誠一を海外に紹介したL.C.ヴィニョーレスが、鎌倉の大仏をよく訪ねたと語っていたのを思い出し、メールを送ったら、当時の写真を添えた返信が。ヴィニョーレスは今年で87歳になるが、大仏を背にした写真には、青年の彼が写っていた。




24日は『アメリカ現代詩入門』刊行記念イベント、原成吉先生とのトークのため渋谷のBAG ONEへ。


原先生はホイットマン、パウンド、ボブ・ディランの短詩のハンドアウトを用意して、トークに臨まれた。


原先生がアメリカ詩の本質を縦横に語るかたわらで、私も先生の問いかけに答えたのだが、2時間では、まるで時間が足りない。


とりわけ、ロックに話が及んだときの原先生の脱線ぶりが最高だった。



原先生が指摘したように、「アメリカ」が民族を前提としない実験の国家であり、そこにこそ根差したアメリカ詩の生成を考えることはとくに重要だと思う。


会場には遠藤朋之氏を始めとして原先生のかつてのゼミ生が集い、盛況だったが、ヤリタミサコさんの顔も。


菊石朋さんも、このトークのために大阪から来てくれた。


菊石さんは、ロバート・ブライらとともにディープ・イマジストとして知られるミネソタの詩人、ジェームズ・ライトに関心があるのだとか。


バンビことパンクな彼女は「朋ちゃんが来てくれるよ!」と喜び、連絡を取って同じホテルを予約していたのだった。



トーク後の打ち上げは、台湾料理の麗郷で。


この日は半蔵門のホテル・モントレ泊まりとなった。
posted by 城戸朱理 at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

新型コロナウィルス、パンデミックへ?!



新型コロナウィルス、COVID-19は、南極大陸以外の全大陸に広がり、ヨーロッパや中東でも猛威を振るっている。


アメリカのCDC(疾病対策センター)はCOVID-19の世界的なパンデミックを警告するに至ったが、今や、日本も市中感染による感染拡大の段階に入った。


不要不急の外出は控えているが、打ち合わせや会議も、ことごとく延期になっているので、そもそも外出する必要がない。


早稲田大学のように、いち早く授業の開始を4月末まで延期した大学もあるが、すべてが止まったような錯覚を覚えることもある。


中国では新たな感染者が日本より少なくなった。

流行のピークを過ぎたようだが、日本とは比較にならない封鎖や移動禁止の成果がようやく出始めたわけだから、日本では、今後も感染が拡大していくことだろう。


コロナウィルスの感染予防に手洗いが励行された結果、インフルエンザの罹患者も例年の半分以下に抑えられているそうだが、感染拡大が収束しなければ、20世紀のスペイン風邪のパンデミックから大恐慌、第二次世界大戦という歴史を繰り返しかねないだけに、不安が募る。


SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)の流行は局地的なものだったし、7ヶ月から8ヶ月で収束したが、COVID-19は感染者の約8割が軽症もしくは無症状のため、感染はより拡大しやすい。

終息の時期が見えないことが、より閉塞感を募らせるが、COVID-19は、WHO(世界保健機構)が2018年に警告した、まだ知られていない病原体による、対策が存在しない伝染病「疾病X」となるのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 18:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

クルベル・キャンで小憩して

IMG_1157.JPGIMG_1153.JPGIMG_1160.JPG



2月23日、長谷まで散歩してから、鎌倉駅前に出てスーパーで買い物したあと、クルベル・キャンで少し休むことにした。


私はジントニックからラフロイグ、バンビことパンクな彼女はジンリッキー。


料理は鶏尽くしで行こうということになり、鶏白レバーのクロスティーニ、鶏肉を薄く叩いたミラノ風カツレツ、そして鶏もも肉の石窯ハーブグリルにしようと思ったのだが、鶏白レバーが品切れで、自家製クリームチーズに変更。

こうして、バンビの「鶏尽くし」というパンクな野望は潰えたのだった(?)。
posted by 城戸朱理 at 22:24| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

春の気配と

IMG_1114.JPGIMG_1145.JPGIMG_1058.JPG



ここしばらく、長谷から由比ヶ浜に出て海辺を歩くことが多い。

長谷の収玄寺には、梅や椿が咲き乱れ、若宮大路では玉縄桜が満開になった。


鎌倉は、例年より、ひと足早い春の気配に包まれている。


季節の巡りまで、何かが来るってしまって、人間はさらに狂っていくのか。

花を見ても、不穏さが募っていくばかりだ。
posted by 城戸朱理 at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

ビストロ・オランジュの開店5周年特別ディナー、その2

Effect_20200221_134602.jpgIMG_1141.JPGIMG_1137.JPGIMG_1143.JPG



魚料理は〈スズキのポアレと白子のムニエル カリフラワーのブルーテ〉。

フレンチの基本的なソースであるブルーテにカリフラワーを加えたところが素敵で、バンビことパンクな彼女が喜んでいたが、これが魚料理を実に引き立てる。

私も作ってみようと思った。


肉料理は〈牛テールの赤ワイン煮込み トリュフ風味のジャガイモのピュレ〉で、これにストウブでローストしたローズマリー風味の冬の鎌倉野菜が付く。

ビストロ・オランジュは、どの料理も野菜をふんだんに使うのが特長だろう。


牛テールの赤ワイン煮込みは、あちこちで食べているが、店によってずいぶんと違う。

こちらは、ビストロだけに、どっしりと食べ応えがあって、やはり赤ワインと合わせたくなる。

グラスワインをもらって、ほろほろと崩れる柔らかい牛テールをいただいたのだが、「美味しい! 澁澤龍子さんも呼べばよかったね!」とバンビ。

かなり気に入ったらしい。


デセールは〈豊島屋デニッシュを使ったフレンチトースト バニラアイス添え マスカルポーネのムース イチゴと赤いフルーツを添えて〉。

フレンチトーストというのが面白いが、たしかにデザートにふさわしい。

甘さを控えたチーズのムースも私好みだった。



プティ・フルールは〈オレンジ風味のフィナンシェとローズマリー風味の生チョコ〉をコーヒーとともに。


しこたま飲んだので、帰宅して、すぐに眠ってしまった。
posted by 城戸朱理 at 12:17| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

ビストロ・オランジュの開店5周年特別ディナー、その1

IMG_1119.JPGIMG_1124.JPGIMG_1127.JPG



鎌倉駅西口、御成通りのビストロ・オランジュは、鎌倉では珍しく人数が多くても対応してくれるので、ローライ同盟の会合などでもお世話になっているが、バンビことパンクな彼女が騒ぎ出した。



「ビストロ・オランジュさんが、開店5周年でスパークリングワイン飲み放題をやっているんだよ!
ぜひ、行かなくっちゃ!」



それは名案と、2月19日に仕事を終えてからビストロ・オランジュへ。


席についたら、シェフが開店5周年記念特別ディナーのメニューを持ってきてくれた。

2月18日だけの限定メニューだが、作って下さるというので、お願いして、スパークリングで乾杯する。



アミューズは、〈黒木農園のミニトマトのババロアとコンポート〉。

酸味が効いたババロアは、コースの始まりにうってつけ。


前菜はふた皿で、最初が〈鎌倉野菜と魚介のサラダ ビーツのビネグレット〉。

ビネグレットはフランスの典型的なサラダ用ソースだが、イギリスではフレンチ・ドレッシングと呼ぶ。

それにピューレしたビーツを加えると、ベリーにも似た風味になり、野菜のみならず魚介類にも合う。

もっとも、この前菜は「サラダ」と言っても、帆立、海老、白身、ウニと魚料理と言うべきで、加熱の加減もよければ、ウニも極上の塩水ウニだった。


ふた皿目は〈オランジュのビストロオードブル盛り合わせ〉で、鶏レバーのパテ、生ハム、フォアグラ入りパテ・ド・カンパーニュ、根セロリにキャロット・ラペと、いつもいただいている定番が並ぶ。

これだけで、スパークリングが何杯かは飲めるが、ビストロ・オランジュの飲み放題では、頼まなくても、グラスが空きかけると、すぐに注ぎに来てくれるのが嬉しい。
posted by 城戸朱理 at 16:17| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする