サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年01月17日

新春の酒器

IMG_4854.jpg



新春の酒器は、秋に京都の「ごだん宮ざわ」に持参した北大路魯山人の赤呉須銀彩徳利と小山冨士男の宋赤絵風花字盃を使った。


魯山人の赤呉須は、雅味があり、実に美しい。

金彩や銀彩は、華やかにすぎるが、それを問われた魯山人は、数十年すれば分かると応えたという。

たしかに、経年によって、銀彩は酸化して黒ずみ、落ち着きを見せている。

花字盃は、見込みに酒が染み、とろりとした肌になってきた。

お正月にふさわしい花のある取り合わせだが、写真は撮らなかったので、ごだん宮ざわで撮影したものを流用した。


魯山人も、古山子と号した小山冨士男も鎌倉在住だったから、鎌倉の骨董屋では、ふたりの作品を見かけることがある。

あるときなど、若宮大路の骨董屋に小山さんの盃が五点も並んでいたことがあった。

魯山人は、さすがに見かけなくなったが、由比ヶ浜通りの瀧屋美術で、よく扱っていたのを思い出す。


小山冨士男は、文部省の技官だったときに、魯山人を二度、人間国宝に推したが、魯山人はこれを断った。

しかし、ふたりの交流は損なわれることなく、魯山人が亡くなったとき、真っ先に駆けつけたのは、小山冨士男だったという。


宮澤政人さんによると、京都の骨董屋が扱う魯山人作品は、本人による共箱がほとんどらしい。

魯山人没後、公式鑑定人は、銀座の黒田陶苑か、鎌倉の魯山人館の竹腰長生になっているが、東京の骨董屋で、いちばん見かけるのは、黒田箱だろう。

それ以外だと、魯山人の星岡窯の主任をつとめ、のちに人間国宝となった荒川豊蔵や小山冨士男の箱書きを見たことがある。

私の手元にある魯山人作品は、黒田箱がいちばん多いが、朝鮮唐津茶碗は、小山冨士男の箱書きだった。



北鎌倉在住の70代の方から聞いたのだが、妹さんが、魯山人の娘さんと小学校で同級で、山崎の星岡窯に遊びに行ったとき、魯山人その人から器をもらったことがあるそうだ。

魯山人には、傲岸不遜、唯我独尊のイメージがつきまとっているが、気前がいい人だったのも間違いない。

そのあたりのことは白洲正子さんも書いている。


また、魯山人の生前には、鎌倉の雪の下に魯山人作品の販売店「かまくらや」があったので、鎌倉のあちこちに、魯山人作品が、まだ眠っているかも知れない。
posted by 城戸朱理 at 09:16| 骨董・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

魯山人で和食を

__0496.jpg__0486.jpg

1月11日(水)は、試写のため、東京へ。

井上春生監督と立川駅で待ち合わせた。


番組は、昨秋、京都で撮影した「H(アッシュ)」。

名店がひしめく京都にあって、開店の翌年にミシュラン・ガイドで星を獲得した「ごだん宮ざわ」の宮澤政人さんが、岡崎の真澄寺別院・流響院にインスパイアされた秋の料理をあつらえるという企画で、石田瑞穂・みう夫妻もお客さんとして出演する。


和食の場合、器使いまで含めて料理となるが、宮澤さんは、今回の撮影のために北大路魯山人の漆器を手がけた山中漆器の辻石斎のお椀を新調し、本番では、魯山人作割山椒の先付けから始まって、魯山人尽くしの器使いを披露してくれた。

お造りは、藁で焙った締め鯖で、器は、明末の古染付もみじ皿だったが、これは魯山人が写しを作っている。

ただし、写真は私が撮影の前に訪れたときのもので、お造りは締め鯖ではなく、安乗ふぐである。

締め鯖も、いわゆる京都の「きずし」ではなく、軽く締めた鯖を藁で焙ったもので、香りも味も素晴らしかった。


ピークは、穴子と牛蒡の天ぷらを盛った魯山人の絵替わり色絵双魚文皿で、博物館級の名品である。


流響院での石田瑞穂氏の自作詩朗読の場面や、宮澤・石田両氏が、宮澤さん行きつけの骨董屋を訪ねる場面もあって、京都の秋を堪能できるコンテンツになったと思う。

宮澤政人さんが、流響院の四季からイメージした料理を作る番組は、これで春篇、秋篇の2本が完成したが、あと夏篇と冬篇を制作することになっている。


秋から冬にかけての京都の撮影は、あまりの寒さに震えることがある。

なかでも、東直子さんの詩仙堂での早朝ロケや、吉増剛造さんの妙心寺法堂、狩野探幽雲龍図の下での朗読シーンを撮影した早朝ロケのときの、骨の髄まで凍えるような寒さは忘れられないが、昨秋のロケは、早朝ロケがない分、楽だった。


試写で気になった点は、アシスタント・プロデューサーのバンビことパンクな彼女が、整理して、メールで井上監督と私が共有し、ナレーション原稿を修正する。


井上監督は、現在、「H(アッシュ)」から派生したドキュメンタリー映画「詩人・吉増剛造 幻を見るひと。」の編集に入っており、出品する海外の国際映画祭についても相談した。

公開は、映画祭のあとになるので、今年の秋を予定している。


試写と会議のあとは、井上監督と今年度のコンテンツの具体的な打ち合わせをして、この日は終わった。
posted by 城戸朱理 at 12:04| Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

及川俊哉氏の「詩と思想 新人賞」贈呈式へ

IMG_52750001.jpgIMG_5277.jpgIMG_5282.jpg



及川俊哉氏による現代祝詞「水蛭子(ひるこ)の神に戦を防ぐ為に戻り出でますことを請ひ願ふ詞」の朗読は、会場の空気を一変させた。

憲法九条を含むこの詩は、まさに現在への祈念として響きわたったと言ってもいい。


それにしても、及川俊哉氏の第25回「詩と思想 新人賞」受賞の知らせには意表を突かれた。

この賞は、刊行詩集2冊までの新人を対象とするもので、公募制。

受賞者は、「詩と思想」の版元である土曜美術社出版販売から、3年以内に詩集を刊行してもらえるそうだ。


贈呈式は1月9日(月)の「詩と思想 新年会」の最初に行われた。

会場は、九段のホテル・グランドパレス。

私は初めて参加させていただいたが、一色真理さんの開会の言葉で新年会が始まり、来賓挨拶のあと「詩と思想 新人賞」贈呈式。

選考経過は実に面白く、最初、及川作品を押した選考委員は高良留美子さんひとりだけだったが、論議を重ねるにつれて評価が高まり、最終的に授賞作に選ばれたとのことだった。


及川さんが編集長をつとめる「ウルトラ」同人の渡辺めぐみさんが、受賞者紹介のスピーチをされたのだが、これが第一詩集『ハワイアン弁財天』から近作の現代祝詞まで、及川さんの作品世界を読み解く素晴らしいものだった。

そして、及川俊哉氏による朗読となったのだが、会場を圧する朗読と、そのあとの、あまりに控え目な受賞者挨拶のギャップに、腰がくだけそうになる。


及川さんの恩師である澤正宏福島大学名誉教授(写真2枚目)ともお会いできたが、澤先生は和合亮一氏の恩師でもある。

和合さんによると、澤先生の指導によって、西脇順三郎や吉岡実の詩と出会ったそうだが、澤先生によると、和合さんは、詩人になりたいと言って訪ねてきた初めての学生だったそうだ。

さらに、及川さんは、三島由紀夫を読んでいると寝食を忘れるような青年だったのだとか。

和合亮一氏も駆けつけ、「ウルトラ」の初代編集長と二代編集長が揃ったが、福島ならともかく、東京でふたりが並んでいるのは珍しいのではないだろうか。


バンビことパンクな彼女は、愛機オリンパスOM-Dで、記念撮影していたのだが、会場で「バンビさんですか?」と声をかけられたと言っていたっけ。


私が選者をしている「岩手日報」投稿欄の常連で、甲府からいらした佐々木貴子さんともお会いできた。


会場はなごやかな雰囲気だったが、福島第一原発事故以降、頻発している天災・人災と、世界的に揺らぎ始めた状勢を反映して、危機感をたたえたスピーチが多かったのが印象深い。

及川俊哉氏の受賞作もまた、そうした危機の時代に向けた詩だったと思う。

現代祝詞が、詩集になる日が待ち遠しい。
posted by 城戸朱理 at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

犯人は誰だ?

__0475.jpg__0477.jpg__0476.jpg



寝室からバンビことパンクな彼女の歌声が聞こえてきた。


「にゃんこ、にゃんこ、にゃんこ、にゃんこ♪」

いつものテーマソングである。

「にゃんこ、にゃんこ、にゃんこ、にゃんこ♪」
・・・

「にゃんこ、にゃんこ、にゃんこ、にゃんこ♪」
・・・・・・

「にゃんこ〜〜♪」


何をしているのだろうと思って覗いてみたら、お腹に大きなキティちゃんの顔をのせて、なごんでいるではないか。

何なんだ、そのキティちゃんは?

「これは湯たんぽキティだよ〜」
・・・

「このキティちゃんをお腹にのせておくと、ポカポカなんだなあ!」
・・・・・・

「貸してあげようか?」
・・・・・・


そんなものがあったとは――


東京でホテル泊まりになったときのこと。

コンビニでミネラルウォーターやビールを買っていたら、バンビがパタパタとやって来た。

「これも買ってあげてね!」

見れば、妙に四角っぽいキティちゃんである。

何なんだ、これは?

「これは使い捨てのカイロを入れるキティちゃんだよ!」
・・・・・・

こんなものまであったとは――


海外から日本に戻ってきて、いかにも日本に帰ってきたなと思うのは、空港でコンビニに寄ったときである。

日本人は、どんなものでもキャラ化するのかと思えるほど、やたらとあるのだ、「カワイイ」ものが。

何も湯たんぽをキティちゃんの顔にしたり、使い捨てカイロのケースをキティちゃんにしなくてもいいのではないかと思うのだが、してしまうのである、日本人は。


そして、バンビの身辺は、次第にキティちゃん化していくのだった――


ある日、気づいたらデスクのマウスパッドが、イチゴに化けたキティちゃんになっていた。

さらに、携帯用のウェットティッシュのケースにまで、キティちゃんの顔が付いている。

バンドエイドまで、キティちゃん柄に――


パンクだから仕方がないが、いいのだろうか、これで?
posted by 城戸朱理 at 23:42| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

トランク、ついに壊れる

__0588.jpg



東京のホテルからトランクを宅急便で送り返し、鎌倉に届いてみたら、本体に亀裂が走っていた。


2013年にフィンランドから帰ったら、角が割れていたので修理に出し、2015年にハワイだったがニューヨークだったか忘れたが、海外から戻ったら、今度は取手が取れたので直し、騙し騙し使ってきたのだが、どうやら寿命らしい。


このトランクは、ドイツのリモア社のサルサで、発売直後に、バンビことパンクな彼女が、誕生日プレゼントに買ってくれたものだから、もう15年ほど酷使したことになる。

海外が20回以上、国内に至っては旅行、出張、さらにはホテルでの缶詰と100回以上、使ったのではないだろうか。


トランクの亀裂を、バンビに見せたら――


「ぼく、トランクだよ」
・・・

いきなり、トランクになってしまった――

「お腹がさけちゃったんだよ」

パンクだから、なんでも、お遊びのネタにしてしまうのである。

「だから、こうやって、しゃべることが出来るようになったんだなあ!」
・・・・・・

別にトランクが、しゃべれなくてもいいのである。


ともあれ、私にとって、トランクは必需品だから、新調しなければ。

「でも、唐津くんちのステッカーが勿体ないね!」

飛行機をよく利用する人なら分かるだろうが、トランクのメーカーは限られているから、空港で受け取るとき、見分けがつくようにステッカーを貼ったりして、カスタマイズする必要がある。

私のトランクには、唐津で買った「唐津くんち」のステッカーが貼ってあるのだが、これは、諦めるしかない。

唐津神社の秋季例大祭である唐津くんちは、14の曳山が町を練り歩くのだが、この曳山は、乾漆によって、江戸時代から明治初期に作られた工芸品で、赤獅子、青獅子、金獅子、飛龍など神話的なモチーフや、酒呑童子と源頼光の兜、源義経の兜、上杉謙信の兜、武田信玄の兜など雄壮なものが多い。

そのなかで、小学生のいちばん人気は、魚屋町の曳山の鯛。

鯛は――たんなる「お魚」である。

龍や酒呑童子に混じって、ただの「お魚」が曳山になっているところが傑作だし、これが実にかわいい。

唐津くんちを見に行くのは、私の夢のひとつである。


新しいトランクは、またリモアを買うか、グローブトロッターにするか、迷っているのだが。
posted by 城戸朱理 at 15:46| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

高貝弘也・広瀬大志・田野倉康一・城戸朱理の連詩、暴走状態?



昨年末に始まった4人による連詩は、さらにペースを上げ、続いている。

新年の連詩が完成してからは、広瀬大志出題による「謎」が1月10日に完成し、翌日から田野倉康一出題による「夷狄」が始まった。

これは、連詩の六篇目となるが、歴史マニアの田野倉くんらしく、古事記、日本書記を踏まえた書き出しを、大志くんが、ロジャー・ゼラズニィ風のハードSF調詩行で受け、なんともシュールな展開に。

第二連は、高貝くんと私の担当だが、どう進むのか、まるで見当がつかない。

それが、他者の言葉と向かい合う醍醐味でもあるのだが。
posted by 城戸朱理 at 12:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年会とiPhone7



7日(土)も、鎌倉は人出が多かった。

日中は、アンケートの回答など郵便物を処理し、夕方、若宮大路のauショップでのiPhone7+ を購入。


マガジンハウスの「コロカル」編集長、及川卓也氏から、女子美大学院の受講生との新年会のお誘いがあったので、6時過ぎにクルベル・キャンへ。

及川さんも、女子美大学院とフェリス女学院大学に出講している。

去年は、仕事の出張が多く、鎌倉に寄る機会もなかったそうだ。

今になると、よく鎌倉で一緒に飲んでいたころが懐かしい。


修士の院生3人とも半年ぶりに再会、2年生は無事、就職も決まったという。


8日(日)は、バンビことパンクな彼女が、iPhone7+を使えるように、クラウドからデータをダウンロードしてくれたのだが、これが異様に時間がかかる。

しかも、バンビは、私のiPhone用ケースを、すでに用意していたのだが、またもやリラックマが付いているではないか――


この日は、出光美術館から講演の依頼があったのだが、詳細は、近いうちに報告したい。
posted by 城戸朱理 at 11:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

念持仏〜大日如来

__06470001.jpg



数年前に、鎌倉は由比ヶ浜通りの骨董屋で小さな小さな仏さまを見かけた。

像高2センチほどで、厨子に入っている。

念持仏のなかでも、旅に携帯する守本尊で、智拳印を結んだ大日如来である。


ふだんなら、そのまま戻すところだが、東日本大震災のあと、父と友人を見送ったばかりだったので、しばし見入ってしまった。

小さいが、仏師の手になるもので民間仏ではない。

江戸時代のものだろうが、お顔は凛々しく、時代はかなり上がるのではないだろうか。


高くもなければ安くもない、江戸時代の念持仏の値で譲ってもらって、居間のテーブルに仮安置したのだが、気づくとバンビことパンクな彼女が、よく手に取って、じっと見つめている。


「このカーブがぴったり合っているんだから、凄い細工だよ!」
・・・・・・


なんと、バンビは仏さまではなく、厨子を見て感心していたのである!

しかし、これだけ毎日、眺めているのだから、もはやバンビの念持仏と言ってもいいだろう。

とはいえ、バンビは京都の弘法市で見つけた1cmほどの黄水晶の観音さまを旅の守本尊にしているから、そちらが持仏ということになるのだろうか。


もっとも、パンクだから、何をお祈りしているかは分かったものではない。

なんと、京都の下鴨神社にお詣りしたときは、「お手々にたっぷりお小遣いがのせてもらえますように」と声に出してお願いしていたくらいなのだから。


それでも、小さな仏さまを傍らに置くのは、悪くないと思う。
posted by 城戸朱理 at 09:09| 骨董・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

バンビ、覚醒???

ファイル0001.gif



初めてのスターウォーズ、しかも3Dの「ローグワン/スターウォーズ・ストーリー」にバンビことパンクな彼女は大興奮、とりわけ、ジェダイ騎士のフォースとライトセーバーが気に入ったらしい。


「フォースが覚醒しちゃったなあ!」

嘘である。

「騎士名は、バンビ・ケノービだよ!」

冬毛が伸びたバンビのような名前である。

「オビ=ワン・バンービのほうがいいかな?」

わんことバンビが合体したようで、まったく強そうではない。

千世代にわたる銀河共和国の守護者、ジェダイ騎士の名前としてはどちらもヘンである。


毎年、無印良品のスケジュールを書き込めるカレンダーを使っていたのだが、今年の分を買い忘れていたので、チェックしたところ、湘南テラスモールの無印良品でも売り切れだった。

すると、帰宅してから――


「カレンダーが、大船の無印良品にあるのが分かったよ」
???

「フォースを使ったんだよ!」
・・・

嘘である。

ネットで在庫を調べたに違いない。

「フォースの力が、ぴくぴくしちゃうなあ!」
・・・・・・

フォースは「力」という意味だから、同語反復である。


スーパーで新鮮な野菜を見ても――

「この野菜は、フォースがあるね!」
・・・・・・

お湯を沸かすと――

「フォースで沸かしたんだよ!」

嘘である。

ガスコンロで沸かしたのである。


一事が万事、こんな調子で、しかも、ネットでライトセーバーの玩具をチェックしているではないか!

油断すると、玩具のライトセーバーを買って、家のなかで「むーん、むーん」とか言いながら振り回しかねない。

パンクだから仕方がないが、いよいよ厳重な警戒が必要である。
posted by 城戸朱理 at 05:08| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

今年の初原稿



5日は、書斎の片付けを続け、新しいデロンギのオイルヒーターを導入。

それから、高貝弘也・広瀬大志・田野倉康一くんとの連詩を別にするならば、今年、初めての原稿となる「かまくら春秋」のリレー連載「新・鎌倉のみほとけ」を執筆した。

当初、編集部から依頼があったのは、浄智寺の韋駄天像だったのだが、天部の諸神は、民間信仰の神々が護法神として仏教に取り入れられたものなので、民間信仰と関わりが深く、執筆には時間を要する。

変更を打診したところ、私は常楽寺の文殊菩薩像について書くことになった。

鎌倉時代後期の端正な御像である。


6日は、先月のうちに選考を終えていた「岩手日報」投稿欄の選評2回分を書き上げてメールし、入選作を宅急便で手配してから、
昨日、書いた「新・鎌倉のみほとけ」の原稿を見直し、若干書き足してメールする。

連詩のおかげで、脳が活性化しているらしく、原稿も順調に進む。

このまま、新詩集書き下ろしに入りたいものだ。


午後は、バンビことパンクな彼女と、藤沢経由で辻堂の湘南テラスモールへ。

109シネマズで、「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督)の3Dヴァージョンを観た。

最初は、新海誠の「君の名は。」に続いて、話題を呼んでいる片渕須直監督のアニメ「この世界の片隅に」を観ようかと思っていたのだが、バンビが3D映画を観てみたいと言い出したのである。

「吉増剛造先生も3Dって、どんなかなと気にしていたんだよ!」

なるほど、吉増さんに感想を伝える気らしい。

3Dなら、スターウォーズが最適だろう。

しかし、問題がひとつある。

バンビは、スターウォーズ・シリーズを一本も観たことがないのである!

今回の「ローグ・ワン」は、時間軸では、エピソード3とエピソード4の間に位置するスピンオフだから、前後のおおまかなストーリーをバンビに教えてから、映画館に行くことになった。


映画のあとは、湘南テラスモールで日用品の買い物をしてから藤沢に戻り、台湾小皿料理の店で、台湾ビールと紹興酒のボトルをもらって、映画の興奮を冷ましつつ、夕食。

タクシーで帰宅したら、思潮社の遠藤みどりさんから、FAXが入っていた。

「現代詩手帖」3月号の原稿の相談と『現代詩文庫 和合亮一詩集』解説の原稿依頼である。

ついに和合亮一氏の現代詩文庫が刊行されることに。

感無量だった。
posted by 城戸朱理 at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする