サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2015年11月07日

いよいよ明日、「現代詩の祭典」(第30回国民文化祭・かごしま2015)

__14470002.jpg



第30回国民文化祭・かごしま2015(文化庁、鹿児島県他主催)の「現代詩の祭典〜詩の現在・詩の未来」が、いよいよ明日ま開催される。


会場は、南九州市コミュニティセンター・知覧文化会館。


「現代詩の祭典」は、10時に受付開始、12時15分にオープニング、式典は13時〜16時30分の予定。

川辺フィルハーモニー管弦楽団による演奏会など多彩なプログラムが予定されているが、、私もシンポジウム「詩の現在・詩の未来」に和合亮一、石田瑞穂両氏とともにパネリストとして登壇する。


ぜひ、詩の現在と未来を目撃してもらいたい。


詳細は下記で。


http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/hpViewContent.cgi?pID=20150910143514
posted by 城戸朱理 at 06:53| イベント告知など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNIQLOに行こう!?〜その2

120114_2101~01.jpg120114_2102~01.jpg



せっかくユニクロに来たので、前から買おうと思っていた黒の折り畳み傘も買おうとしたら、隣でバンビことパンクな彼女が騒ぎ出した。


「スターウォーズのダースベーダーの折り畳み傘があるよ!」
・・・

「黒を2本じゃなくて、1本はダースベーダーにしてあげて!」
・・・・・・


要するに、自分が欲しいのである。

仕方がないので、ダースベーダー柄も買うことに。


そういえば、バンビはキイホルダーもダースベーダーのフィギュア付きのものを使っている。


「足の裏がライトになっているんだよ!」
・・・


ダースベーダーのテーマ曲を歌いながら、得意気にライトを点けていたが、そこで疑問が生じた。

バンビは「スターウォーズ」を観たことがあるのだろうか?


「ないよ」
!!!

1本も?

「1本も観たことないよ」
!!!!!!


そうなのである。

バンビは映画といえば、タルコフスキーやゴダール、カラックスなどはよく観ているが、ハリウッド映画は、ほとんど観ない。

ひょっとしてと思ったら、やはり「スターウォーズ」も観ていなかったのである。

なのに、なんでダースベーダーなのだろう?

1本も観ていないということは、当然、どんなキャラクターなのかも知らないはずである。


パンクだから、強そうな悪役が好きなのだろうか?

聞いたら、ますます分からなくなる答えが帰ってくる可能性がある。

よく分からないが、分からないままにしておくことにした。
posted by 城戸朱理 at 06:52| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNIQLOに行こう!?

__1589.jpg__1590.jpg



ユニクロが、エルメスのクリエイティブ・ディレクターだったクリストフ・ルメールとのコラボ「ユニクロ・アンド・ルメール」を発表したのは、このブログでも紹介したが、バンビことパンクな彼女はセーター2着を、私は黒のカシミアのタートルネックを発売日に購入した。

タートルネックは、実に肌触りがよく重宝しているが、バンビが買ったラムウールのクロップドカーディガンもも暖かいらしく、部屋着に愛用している。

油断すると、着たまま寝ていたりするから、注意が必要なのだが。


「ホントにあったかいよ!
この冬を暖かく過ごすために、もう一着、買いに行くのは、どうかな?」


それは名案である。

そんなに暖かいのなら、私も自宅で着ようと思ったのだが、「ユニクロ・アンド・ルメール」は、取扱い店舗が限られている。

調べてみたら、辻堂駅に隣接したテラスモール湘南のユニクロで扱っているのが分かったので、平塚市美術館の帰りに寄ってみることにした。


「ユニクロ・アンド・ルメール」は、発売と同時に完売してしまったアイテムも多く、すでにプレミアが付いているものまであるが、幸いにもセーターは在庫があったので、ふたりで選ぶ。


結局、バンビは、黒のラムロングカーディガン(カタログ写真・女性)と黒のミラノリブセーターを、私は黒のショールカラーセーター(カタログ写真・男性)とモスグリーンのスウェットパンツを購入。

ルメールとはいえユニクロだから、セーターが3990円。


エルメスのセーターが、15万以上するのを考えると、格差社会の縮図のようだが、だからこそ、ルメールとユニクロのコラボというのが面白い。

ルメールはミニマリズムのデザイナーだから、装飾性はいっさいないが、シンプルなだけではなく、とくにレディースはドレープが美しい。

編み方で表情を出したレディースのミラノリブセーターなど傑作である。

素材も、カシミアやカシミア混など通常のユニクロより上質なものが使われているが、ヒートテック以外のものを久しぶりにユニクロで購入した。
posted by 城戸朱理 at 06:51| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする