サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年01月09日

お正月の「普通」

__1375.jpg



誰もが自分の家のお雑煮を「普通」と思っているが、お雑煮ほど地域差がある食べ物は珍しいかも知れない。

東京のお雑煮は焼いた角餅、鶏肉、小松菜などの青菜に人参が入り、おすましだが、テレコムスタッフの堀内文子プロデューサーは、里芋も入れるそうだ。

これは堀内プロデューサーの母親の好みで、その意味では、地域ごとだけではなく、家庭ごとの違いもあることになる。

だが、東京のお雑煮は、人参以外の根菜は入らないのが普通だろう。


ちなみに、東北地方のお雑煮は東京と同じだが、仙台や盛岡ではイクラを乗せることが多い。

さらにお雑煮だけではなく、お汁粉のような小豆餅が、お雑煮と一緒に並ぶのが東北地方の習慣で、東京では違うのを知ったときには驚いた記憶がある。

私にとっては、それが「普通」だったのだから、驚くのも無理はない。

ちなみに、山陰の松江では、お正月のお雑煮といえば、お汁粉で、ふだんはお汁粉と呼んでいるものが、正月だけ、お雑煮に変わるのだから不思議といえば不思議である。


以前、信州出身の女性に、お雑煮に何を入れるか聞いたことがあった。

「え、普通ですよ」

「普通って、何が入ってるの?」

「だから、普通です」

「だから、その普通って?」

「雉が入っているんです」
!!!!!!

どこが普通なんだ!?

「それで、雉が獲れなかったときはウサギが入っているんです」
!!!!!!


私が子供のころは、狩猟を趣味にしている父の友人が、ときどき雉や山鳥を持ってきてくれたものだった。

父がさばいて、鍋にしたものだが、盛岡あたりでは、お雑煮に入れるほど一般的なものではなかったのは言うまでもない。

「普通」とは、かくも奥深いものなのである。


私にとって、もうひとつ、お正月の「普通」だったのが「二日蕎麦、三日とろろ」。

私の両親は福島県の浜通り、相双地方の出身だから、これは福島の浜通りの習慣だったのだろう。

おせちやお雑煮で疲れた胃をいたわるために、正月2日のお昼には蕎麦を、3日のお昼にはとろろを食べるのだが、この習慣は、東京の多磨地方山間部にもあるそうだ。

海産物が豊富な福島の浜通りと多磨山間部に同じ習慣があるというのは、実に興味深い。


とろろのときは、まぐろのお刺身やイクラ、海苔などをトッピングに並べるので、それはそれで楽しかった。

そのせいか、今でもお正月になると、一度はとろろを作りたくなる。

今年は、まぐろの中トロ、イクラ、京都の瓢亭のじゃこえのき、塩昆布、写真には写っていないがタラコと塩鮭などを添えた。

小鉢はほうれん草のお浸しととんぶりである。

岩手の友人が送ってくれたとんぶりは、刻みネギとおろしショウガを混ぜて。


自分にとっての「普通」が、決して「普通」ではなかったことに気づくと、「普通」であったはずのことも特別なものになる。

お正月は、そんなことに思いを馳せるのに、いい機会かも知れない。
posted by 城戸朱理 at 12:24| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする