サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年01月15日

手打ち釜揚うどん みよし、その2

__1389.jpg__1392.jpg__1391.jpg



私は穴子の天ぷら、バンビは鶏の天ぷらを、うどんとセットにしてもらったのだが、常連客はサキイカの天ぷらを頼んでいる人が多い。

関東では珍しい幻魚(げんげ)の天ぷらもあった。

幻魚は、私が若き日に愛読した村松友視「私、プロレスの味方です」の序章で初めてその存在を知った魚。

富山や新潟、秋田など日本海側で獲れる深海魚で、その名も「下の下」に由来する雑魚だったが、最近は地元以外でも知られるようになり、滅多に出会えない幻の魚として珍重されるようになった。


この店では、天ぷらを肴に飲み、絞めに釜揚うどんをもらうというのがよさそうだ。


天ぷらはからっと揚がり、穴子も鶏も塩でいただくと、酒が進む。


うどんは、角が立ち、鰹が香り立つつゆもよい。

最初はうどんだけ、次にはつゆをつけて、薬味はネギ、揚げ玉、ショウガ、七味と順番に加えて味の変化を楽しむという趣向も楽しかった。

鎌倉駅西口の讃岐が閉めてから、うどん屋からは足が遠のいていたが、みよしなら酒肴もあって、軽く飲むことが出来るし、うどんも旨い。


釜揚げだけに身体も暖まり、バンビも大満足だった。
posted by 城戸朱理 at 08:21| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手打ち釜揚うどん みよし、その1

__1394.jpg__1387.jpg__1393.jpg__1388.jpg



鶴岡八幡宮を後にして、小町通りの手打ち釜揚うどんのみよしへ。

2時を回っているのに、まだ人が並んでいたが、どこも混んでいるので、私たちも待つことにした。


バンビことパンクな彼女は、以前から目をつけていたらしいが、ミシュランで、ビブグルマン(手頃な値段で良質な料理を提供する店)にも選ばれている。

待つ間にメニューを見て、注文を決めるシステム。


待つこと30分、ようやく席につき、まずビールを頼んだら、バンビがいきなり日本酒を頼んだものだから、私もビールと日本酒を一緒にもらうことにした。

日本酒は錫の酒器で供される。

酒の肴も充実しており、うどんが茹で上がるまで、焼き味噌と才巻き海老の天ぷらで飲むことにした。

冗談のようだが、酒は紀土(きっど)、次には木戸泉(きどいずみ)。

蕎麦屋の天ぷらはなぜか旨いと語ったのは、池波正太郎だが、蕎麦屋ならぬうどん屋の天ぷらも旨かった。
posted by 城戸朱理 at 08:19| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする