サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年01月28日

俳句披露

__1476.jpg__1477.jpg__1489.jpg



午後は、数寄屋造りの母屋で、高柳克弘さん、神野紗希さんが今回、京都で詠んだ俳句を披露しあって、相互批評するシーンを撮影した。

前回、秋篇から始まった駄句の紹介も。

これは、駄目な俳句とは何なのか、どこが駄目なのかが分かって、実に面白い。

しかも、お二人が話し終えたところで、外には雪が舞い始めた。


それから、個別にインタビューを収録する。

本当ならば、3時には終わる予定だったのだが、俳句に興味深々の山下つぼみディレクター、聞きたいことが山ほどあるらしく、なかなか終わらない。

インタビューが終わったのは、結局、日が落ちて撮影ができなくなる5時だった。
posted by 城戸朱理 at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロケ中の昼食

__1478.jpg



制作の山本礼二さんが手配したロケ弁は、なんと下鴨茶寮のお弁当だった。

創業安政3年(1856年)。

遡るなら、平安時代の下鴨神社の料理人に由来するという老舗料亭だが、小山薫堂のプロデュースで面目を一新、ミシュランでも二つ星を獲得している。


だが、お弁当はいたってオーソドックス。

炊き合わせと焼き物の取肴で、品がよく、量的にも、ちょうど良かった。
posted by 城戸朱理 at 14:01| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流響院吟行

__1479.jpg__1480.jpg__1457.jpg



ホテルを9時半に出発して、真澄寺別院・流響院へ。

秋は、紅葉で華やかな流響院も、冬には景色が一変する。

だが、この枯れた風情も好ましい。


午前中は、高柳克弘、神野紗希夫妻が、句材と季語を探して、近代庭園の祖、七代目小川治兵衛による池泉回遊式庭園を散策した。

はたして、何が見つかったのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生初お団子!?

__1474.jpg


ヘアメイクの有路涼子さんは実に上手で、東直子さんは、京都の撮影で有路さんにヘアメイクをしてもらってい以来、東京で雑誌取材やテレビの撮影があるときも、有路さんを指名しているそうだ。


かくして、H(アッシュ)撮影時には、有路さんにメイクしてもらって、撮影の合間に、バンビことパンクな彼女が著者近影用の写真を撮るのが定番に。


東直子さん、水原紫苑さんを始めとして、高柳克弘さんも、バンビ撮影の写真を、最近の著者近影に使ってくれているそうだ。


さて、今回の神野紗希さんの髪型は――人生初というお団子!

お似合いなので、撮影の合間に、さっそく撮影会となった。
posted by 城戸朱理 at 12:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糸やホテルの朝食、その2

__1475.jpg



糸やホテル、2日目の朝食は、焼魚がかれいになっていた。

出汁巻き玉子は定番だが、小鉢と味噌汁の具は毎日、違うものになる。

一日の始まりが、こんな朝食だと、気分がいい。
posted by 城戸朱理 at 12:54| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花遊小路の江戸川へ

__1468.jpg__1467.jpg



冬の京都は底冷えがする。

足裏から寒さが沁みてくる感じなのだ。

午後は、ずっと屋外での撮影だったので、高柳克弘さんも寒かったことだろう。


夕食は何がいいか、お尋ねしたら、「鰻の串焼きの店に行ってみたいです」と神野紗希さん。

どうやら、このブログで見て、興味を持たれたらしい。


というわけで、新京極は花遊小路の江戸川へ。


実は神野さん、昔から何かの記念日には必ず鰻屋に行ったというほどの鰻好き。

そして、高柳さんは、大の蜜柑好きだというから、蜜柑の産地、愛媛で育った神野さんと、鰻の名産地、浜名湖のほとり浜松に生まれた高柳さんの出会いは必然だったのだろうか?

鰻と蜜柑の出会い???

違うな。


まずは、ビールで乾杯し、鰻の串焼きから。

最初に、鰻肝の半月状のレバーだけを刺した串とニラをヒレで巻いたヒレ串が出た(写真)。

さらに赤バラ、白バラ、そして、カシラにクリカラ。

赤バラ、白バラは鰻の腹身、クリカラは背中で、カシラは、その名の通り頭部だが、関東ではエリと呼ぶ。

ビールから熱燗にかえて、鰻串で飲み、締めは鰻丼と肝吸い。


高柳、神野夫妻のお宅のそばにも鰻串を出す店があるそうだが、いつも常連のお爺さんで満席で、いまだに入ったことがないのだという。

だが、入りずらい店ほど、馴染みになると居心地が良かったりするものだ。

そのうち、行ってみたいものである。
posted by 城戸朱理 at 12:54| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金福寺、芭蕉庵

__1473.jpg__1472.jpg__1471.jpg__1470.jpg__1469.jpg



左京区一乗寺の佛日山金福寺。

臨済宗の小寺だが、元禄のころ、金福寺の鐵舟和尚と親交があった松尾芭蕉が京都を訪れたときに滞在したところとして知られている。

庭園の東側、小高い丘に建つ茅葺きの庵、芭蕉庵は、芭蕉を敬愛する与謝蕪村と一門によって、安永5年(1776年)に再興されたもの。

蕪村は、ここに住み暮らして、次のような句を詠んだ。



耳目肺腸ここに玉巻(たままく)芭蕉庵

三度啼きて聞こえずなりぬ鹿の聲

鹿ながら山影門(さんえいもん)に入(いる)日哉

畑うつやうごかぬ雲もなくなりぬ

冬ちかし時雨の雲もここよりぞ

我も死して碑にほとりせむ枯尾花



蕪村の彼方に芭蕉の姿がある。

俳人にとっては、聖地とも言うべき朽ちかけた庵のかたわらに立って、高柳克弘さんの表情には、緊張と喜びが交錯する。


芭蕉庵の背後には、蕪村の墓があった。

手を合わせる高柳さんは、何を思ったのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 12:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天下一品総本店

__1466.jpg__1465.jpg



午後のロケ地である金福寺に向かう途中で、昼食を取ることになった。

「天下一だけど、いいですか」と井上春生監督。

かくして、たどり着いいのが、天下一品総本店。


高柳克弘さんは早稲田時代、友人とよく行ったそうで、懐かしさを感じるらしい。


山下つぼみディレクターとバンビことパンクな彼女は、初めての天下一。

ふたりとも美味しいと言っていたが、バンビはかなり気に入った様子である。

私は苦手なのだ、粘度の高い濃厚なスープが。


「ラーメンだと思わなければいいんだよ!
シチューみたいだから!」とバンビ。


たしかに、完成された創作ラーメンだとは思うが、私は、やはり苦手である。

天下一ファンのみなさん、ごめんなさい。
posted by 城戸朱理 at 12:49| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園散策

__1458.jpg__1460.jpg__1461.jpg__1464.jpg__1459.jpg



1月18日は、午前4時に起床。

「俳句α」の特集「神野紗希の世界」に寄せるエッセイを執筆する。

神野さん本人と京都に来て、神野さんについての原稿を書いているとは、なんたる偶然だろうか。


書き上げて、編集部に送ってから、朝食。

そこに、ヘアメイクを終えた高柳克弘さんが登場。

ヘアメイクの有路涼子さんの手によって、変身した高柳さんは、韓流スターのようで、バンビことパンクな彼女から歓声が上がった。


撮影は高柳さんのみで、神野さんはホテルで休んでもらう。

高柳さんの希望で、撮影は、祇園になった。

四条からスタートし、細い路地を抜けて、白川へ。

ひとつ目小僧の提灯は、手打ち蕎麦と近江豚のしゃぶしゃぶが売りの「おばけ」という店のもの。

白川にそって歩いていると、白鷺が優美な姿で立ち、ひっきりなしに鴨の騒がしい鳴き声が聞こえてくる。


句材を探して歩く高柳さんは、真剣そのもの。

どちらかと言えば、高柳さんは隠居派だというが、家にこもってばかりいると、俳句が観念的になってしまうので、実際に外に出て、句材を探すのが大切なのだという。


ある店の軒先には、早咲きの桜が飾られていたが、これは山形は白鷹町の啓翁桜だった。


祇園散策のあとは、花見小路のお茶屋、吉うたへ。

花見小路は中国人観光客ばかりで、日本人はほとんどいない。

着物姿の女性も多かったが、近づいてくると話しているのは中国語なのだから、隔世の感がある。
posted by 城戸朱理 at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糸やホテルの朝食、その1

__1462.jpg__1463.jpg



いつもなら、ロケ中はホテルで朝食を取る余裕はない。

移動中のロケバスでサンドイッチをかじるくらいなのだが、神野紗希さんは妊娠八か月、きちんと食事を取るべきなので、今回のスケジュールは、朝も余裕があった。


糸やホテルの朝食は、具沢山の味噌汁が特徴だが、好みで黒七味を振る。

一泊目の朝食は、鮭と焼き胡麻豆腐が定番。

出汁巻き玉子も美味しい。

ぜんたいに薄味で、重くもなければ、軽くもなく、よく考えられた献立だと思う。
posted by 城戸朱理 at 12:47| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする