サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年03月18日

「空でつながる」@オリンパスギャラリー東京まで



この数年、旅続きで異様な忙しさだったが、先月から、ようやく普通の日々が戻ってきたような気がする。


先週は、11日(金)から、音楽写真の第一人者で、福島出身の菅野秀夫さんの企画による東日本大震災復興支援「空でつながる」が始まったが、
バンビことパンクな彼女も菅野先生に誘われて出展することになり、私も13日(日)にトークで出演することになっていたので、それまでは、自分の仕事に専念することになった。


火曜日に誉田哲也『増山超能力師事務所』(文春文庫)の解説を書き上げてメールし、
翌日は「現代詩手帖」に『粟津則雄著作集XI』の書評を送ってから、文春文庫解説に編集部からの要望を考慮しつつ加筆。

なぜか、誉田哲也さんの本は書評を依頼されることが多く、『増山超能力師事務所』も刊行時に「週刊現代」に書評を書いたが、ドラマ化・映画化された『ストロベリーナイト』『ジウ』といった誉田作品に比べると、軽妙かつコミカルな小説である。


木曜日は、「現代詩手帖」書評ゲラを加筆して戻し、午後は「岩手日報」投稿欄の入選作を選ぶ。

夕方から、若宮大路のユアーズでカットとヘッドスパ。

修理を頼んでいたボルサリーノの傘と、新調した眼鏡を受け取ってから、画家の久保田潤さんとヒグラシ文庫で待ち合わせて、さらにクルベル・キャンで飲んだ。

久保田さんとお会いするのも久しぶりであるだが、こうして友人と会う時間が持てるようになったのが、嬉しい。


そして、金曜日が「空でつながる」のオープニング。

バンビことパンクな彼女は朝から会場入りして菅野先生のお手伝いを。

私は、「岩手日報」投稿欄「日報文芸」の選評2回分を執筆して、メールし、入選作を宅急便で手配してから、小憩。

午後は「毎日新聞」の詩の月評に取り上げる詩集を選ぶため、最近、刊行された詩集を読み、夕方から、「詩とファンタジー」の選評とあとがきを書いてメールした。

土曜日からは、『現代詩文庫 田野倉康一詩集』の解説に取り組むことに。

そして、トークの日がやってきた。
posted by 城戸朱理 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする