サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年04月03日

いかれバンビ参上!

__0870.jpg__0868.jpg__08710001.jpg__0869.jpg



バンビことパンクな彼女が京都入りしたので、夜は糸屋ホテルから近いクラフツマンへ。


「バレないように変装してきたよ!」
・・・

変装といっても、素通しの眼鏡をかけただけである。

「今日はイタリア人になるよ!」
・・・・・・

「ボンジョルノ!!!」
・・・・・・


意味不明である。


クラフツマンは、クラフトビールの専門店で、日本各地の地ビールを取り揃えている。


半熟玉子の香草マヨネーズと燻製、ラタトゥイユをもらって乾杯。

「ビールに合う鶏の唐揚げ」というメニューがあったので、頼んでみたら、衣がサクサクで、「どうやって作ったのかな?」とバンビが不思議がっていた。


クラフツマンは、手軽に地ビールを楽しめる店だ。


井上春生監督から連絡が入ったので、BARアイラ・モヒートで合流。

翌日からのロケの細部を確認して、この日は終わった。
posted by 城戸朱理 at 13:35| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都で江戸前

__0853.jpg__0852.jpg__0851.jpg



遅い昼食を取ろうと思って、錦市場に行ったのだが、どこも満員。

やはり、桜の時季の京都は、普段でさえ多い観光客が、さらに倍増している感がある。


少し外れたところにある店ならば空いているかも知れないと思って、花遊小路の鰻屋、江戸川を覗いてみたら、こちらは余裕があった。

歩き疲れたので、鰻の串焼きをもらって、ビールを飲む。

串は、手前がくりからとレバー。

奥が、しろばら、あかばら、ひれ、肝焼き。

締めに鰻丼と肝吸いを頼む。


江戸川は、その名の通り、背開きして、蒸してから焼き上げる江戸風の仕立てで、京都では関西風よりも関東風の鰻が多い。
posted by 城戸朱理 at 13:12| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする