サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年05月25日

原稿を書き終えたと思ったら



連休中に『現代詩文庫 広瀬大志詩集』『現代詩文庫 田野倉康一詩集』の詩人論・作品論と『海外詩文庫 エリオット詩集』の解説を書き上げて、ひと息ついたのだが、
思潮社の高木真史総編集長からの連絡で、私が枚数を勘違いしていたのが判明。

広瀬大志論は9枚でよかったのだが、19枚書いた田野倉康一論は、本当は15枚、15枚と思っていたエリオット論は25枚だった。

田野倉康一氏が、未完詩篇を削っても、私の論考をそのまま収録したいという意向で、こちらは、そのまま行くことになったが、エリオット論は、さらに10枚を書き足し、ゲラが出る前に加筆分を編集部に送った。

エリオット論は、『荒地』の意義やエリオットの詩論である「没個性論(インパーソナル・セオリー)」「客観的相関物(オブジェクティブ・コレラティブ)」の解説、さらには『四つの四重奏』の構造などを書き足すことができたので、逆によかったのだが。


広瀬大志論の依頼は2月だったので間違わなかったが、田野倉康一論は昨年、エリオット論に至っては10年前の話だけに、原稿は所定の枚数を確かめてから着手すべきなのを改めて確認する始末。

ともあれ、トータルで53枚の原稿を書き上げることができた。

今は、加筆分を含めたエリオット論の再校を待っているところだが、本が形になっていくのは、執筆とは、また違った喜びがある。
posted by 城戸朱理 at 07:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情けない日々



5月14日(金)は、フェリス女学院大学に行ったところ、大地震を想定した避難訓練で、授業が1時間しか出来なかった。

藤沢で有隣堂に寄り、新刊をチェックしてから帰宅。

文藝春秋より誉田哲也『増山超能力事務局』文庫電子版に私の解説の再録依頼。

毎日新聞から書評欄のコラム「昨日読んだ文庫」の原稿依頼があった。


ミネストローネを作り、バンビことパンクな彼女が帰宅したところでステーキを焼く。

私は、鰹の刺身で晩酌。


土曜日は、女子美術大学大学院で講義。

今年の受講生は、5人で、全員が博士過程だが、実にユニークな学生が集まってくれたので、90分の授業が短く感じる。

充実した心持ちで帰宅したところで、鍵を忘れたのが判明。

しかも、どこに行ったのかバンビもいない。

締め出されでしまったので、鎌倉駅まで出て、喫茶店で読書。

久しぶりに画家の久保田潤さんと会うことにして、クルベル・キャンで待ち合わせる。

久保田さんは、最近、水彩画ばかり制作していたので、久しぶりに油絵を描いていたという。

次の個展は、秋だろうか。


新じゃがのフリット、真鯛のカルパッチョ、ボルチーニ茸のリゾットを頼み、ジントニックを飲みながら、ジャコメッティやジョルジョ・モランディのことを語り合う。


結局、北鎌倉のお義母さんに車で来てもらって、ようやく帰宅することができた。
posted by 城戸朱理 at 07:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする