サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年06月28日

ヌメ革の経年変化

__1094.jpgimage00040003.jpg__1093.jpg



ヌメ革は、植物成分のタンニンで鞣し、染色や塗装がなされていない皮革である。

タンニン鞣しの加工法の結果、繊維がびっしりと詰まった状態になるため、ほかの革より強靭で、使い込むにつれて飴色に変化していく。


ヌメ革は、ルイ・ヴィトンのモノグラム・キャンバスのバッグなどに使われているが、バッグならば、ドイツのBREEが名高い。

また、10万という高価格にもかかわらず、発売日に完売が続いている土屋鞄製造所の大人ランドセルもヌメ革のモデルがある。


ただし、使い始めは雨などで水染みが出来やすいので、革自体に染み込んだ油脂分を浮き上がらせるため、使う前に2週間ほど日光に当てて日焼けさせるなり、クリームで保護膜を作る必要がある。


革自体の油脂分と手の皮脂分によって保護膜が出来ると、ヌメ革は水濡れにも強くなるが、経年変化が楽しめるという点でも、革らしい革と言えるだろう。


ちなみに最後の写真が20年以上、使ったルイ・ヴィトンのワンストラップの大型リュック、「ランドネGM」のヌメ革。

旅行に、普段の買物にと使い倒したので、底はすり切れ、ヌメ革は飴色を通り越して、ただ汚いだけの焦げ茶色になってしまったが、それだけ愛用したわけだから、鞄も本望だろう(?)。

それでも、白洲次郎が愛用した「スティーマーバッグ」の域に到達するには、あと20年はかかりそうだ。


最初の写真は、もう10年以上、使っているヌメ革のメモカバーと、2年前に購入したペンケース。

私は、フランスのRHODIAのメモを愛用していて、どこに行くときでも必ず携帯するが、ヌメ革のメモカバーは、銀座の伊東屋がRHODIA用に作ったオリジナル。

やはり、頑丈このうえない。

ペンケースは、銀座の画材屋、月光荘のオリジナルで、万年筆用に使っている。


誕生日プレゼントにもらった「海へ、空へ、彼方へ――旅するルイ・ヴィトン」展限定のパスケースもヌメ革だが、これが飴色に変わるには、10年以上かかることだろう。
posted by 城戸朱理 at 14:14| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司處もり山で、その4

__1075.jpg__1074.jpg__1073.jpg__1072.jpg__1071.jpg



そろそろ、味の濃いものを握ってもらうことにして、まずは中トロ、そして大トロは焙って、レモン汁と塩で。

大粒のイクラのあとは、生ウニの握り。


巻物は、いつもなら赤貝のヒモとキュウリに、ネギトロを頼むのだが、今回は赤貝がなかったので、ネギトロを巻いてもらった。


もり山さんのネギトロは、澁澤龍彦夫人の龍子さんがお好きで、「ここでしかネギトロを頼まない」とおっしゃっていたが、注文を受けてから、トロのサクを切って叩き、ネギを刻んで巻くので、目が覚めるような鮮烈さがある。


会計は、銭洗い弁天で洗ったお札で。

鎌倉では、どの店でも濡れたお札を普通に受け取ってくれるが、1万円札5枚を出したら、女将さんに「こんなに洗ったんですか!?」と驚かれた。

銭洗い弁天で洗ったお金は、すぐ使うと増えて戻ってくると言われているので、私としては、もり山さんでの3人分の会計を見越して、洗ったつもりだったのだが。
posted by 城戸朱理 at 07:19| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司處もり山で、その3

__1079.jpg__1078.jpg__1077.jpg__1076.jpg__1089.jpg



軽く焙って甘みが引き出した北寄貝のあとは、まぐろの赤みを漬けにして握ってもらう。

ここで箸休めに、自家製のカラスミと鯛の酒盗をのせたマスカルポーネチーズが。

珍味好きのバンビが喜んでいたが、いよいよ酒が進むのは言うまでもない。


子持ちのシャコも見事だった。


寿司處もり山は、開店してから22年になるが、素木のカウンターは今でも美しい。

ミシュラン・ガイドにも掲載されたが、私が初めて、もり山さんの暖簾をくぐったのは、開店から半年くらいのときだったから、22年前のことになる。
posted by 城戸朱理 at 07:13| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司處もり山で、その2

__1084.jpg__1083.jpg__1082.jpg__1081.jpg__1080.jpg



光物は、小肌と鯖を。

小肌は、寿司屋の仕事ぶりがいちばん分かる寿司ネタだが、実に丁寧な仕事で、香りも素晴らしい。

ここで玉子焼きが焼き上がったので、切ってもらう。

玉子に芝海老と白身をすりおろして焼いた、これまた江戸前の仕事である。


歯ごたえも香りも素晴らしい生の鳥貝に、煮はまぐり。

はまぐりの見事さに設楽くんが驚いていたが、小肌、鯖、玉子焼き、煮はまぐりと、もり山さんでは、昔ながらの江戸前の仕事を守っているのが嬉しい。
posted by 城戸朱理 at 07:12| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司處もり山で、その1

__1090.jpg__1088.jpg__1087.jpg__1086.jpg__1085.jpg



夕食は何がいいか、候補をあげたら、設楽実くんから寿司というリクエストがあったので、大船の寿司處もり山に予約を入れた。


バンビことパンクな彼女も「もり山さん、楽しみだね!」と喜んでいる。


「新子はあるかな?」とバンビ。

寿司ネタで唯一「香りもの」と呼ばれる小肌の当歳魚、新子が出るのは、早くても7月末だから、まだ無理だが、バンビも夏の新子を楽しみにするようになったらしい。


ビールで乾杯し、いつものように、白身から握ってもらう。

最初はきす、そして皮目を軽く焙ったかますは、夏の香りがした。

柚子を散らしたあおりいかは塩で、煮上がりの穴子も塩でいただく。
posted by 城戸朱理 at 07:10| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする