サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年10月30日

ハウ・ツリー・ラナイでブランチを

__1244.jpg__1242.jpg__1241.jpg__1240.jpg__1239.jpg



ワイキキの東端に位置するニュー・オータニ・カイマナビーチ・ホテルは、バンビことパンクな彼女の20代のときの常宿で、
バンビは、このホテルを拠点に、マウイ島のワインディング・ロードをレンタカーで爆走したり、オアフ島をレンタカーやバイクで爆走していたのである。

あげくのはてに、ホテルのコンシェルジュと仲良くなって、友人のハワイアン・ウェディングの手配までしてもらったのだとか。


このホテルのハウ・ツリー・ラナイは、作家、スティーブンソンがその木の下で『宝島』を執筆したというハウの巨木があるレストラン。


ビーチには記念撮影をしている新婚のカップルの姿があったが、ワイキキの喧騒から離れたニュー・オータニは、ハネムーナーのホテルでもあるらしい。


私はビールを、バンビはマイタイをオーダー。

お母さんと私は、エッグベネディクトを、バンビはハウ・ツリー・ラナイ特製のロコモコを頼み、私とバンビは半分ずつシェアした。


エッグベネディクトは、 トーストしたイングリッシュ・マフィンにハムやベーコンをのせ、ポーチドエッグにオランデーズソースをかけたもの。

ハウ・ツリー・ラナイのエッグベネディクトは、ポークとターキー、2種類のハムが使われていた。

半熟の玉子が、オランデーズソースとからみ、私が好む玉子料理のひとつ。

ロコモコは、ハンバーグではなく、メンチカツなのが特徴で、グレービーソースが、実に美味しかった。


ビールのあと、私はモヒートを。

フレッシュミントの香りが、南国にふさわしい。
posted by 城戸朱理 at 09:36| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする