サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年11月01日

柳美里さん、南相馬から只見へ

__1255.jpg__1254.jpg__1253.jpg__1231.jpg



東日本大震災の記憶が風化しないように、被災地と被災者に取材するコンテンツ「友心」は、8月始めに撮影された。


柳美里さんが、亡くなったが、遺体を引き取る家族がいない除染作業員の遺骨を預かる南相馬の住職を訪ね、さらに、新潟との県境に位置する会津の只見へ。

只見は、柳美里さんのお母さんが、かつて暮らした町だが、ダムに水没した町でもある。

故郷を失った人と失われた故郷。

そして、柳さん自身の故郷とは。


アシスタント・プロデューサー兼スチールとしてロケに参加したバンビことパンクな彼女は、久しぶりに柳さんに再会。

ふたりで、大きなハートを作って、記念撮影をした写真が送られてきた。

私は、フェリス女学院大学の受講生9人が鎌倉に来ることになっていたため、ロケに参加できなかったのである。


柳さんが、ラグドールのティグリとエミリーを抱いた写真は、番組の最後に使われた。

それにしても、のっこりと大きなネコである。
posted by 城戸朱理 at 16:56| Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試写と打ち合わせへ



帰国した翌日は、荷物を整理して終わった。

24、25日は、来年度のCS放送番組「Edge」「H(アッシュ)」ほかの企画書を作り、26日は、試写と打ち合わせのため東京に向かう。


試写は、午後2時から。

出演は柳美里さん、南相馬と会津の只見を舞台とするコンテンツ。

バンビことパンクな彼女も、アシスタント・プロデューサーとして参加した。

試写終了後、私は、番組プロデューサーの平島進史、西森基文氏らに来期番組の企画案を説明。


その後、場所をかえて、5時から井上春生監督と秋の京都ロケの打ち合わせ。

そして、私が仕上げたシナリオをめぐって、映画の構想を聞いたのだが、なぜかラストシーンの湯河原が、アイスランド・ロケに変更しようという展開になって盛り上がる。


さらに、6時半から、Edgeを立ち上げたプロデューサーでもある設楽実氏と打ち合わせである。

気づいたときには、終電を逃し、ホテル・メッツに泊まることになってしまった。
posted by 城戸朱理 at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする