サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2016年11月14日

マッド・バンビGO???

__1352.jpg__1353.jpg__1354.jpg__1351.jpg



ハワイ、ワイキキのシーサイド・アベニューを歩いていたときのこと。

バンビことパンクな彼女が、歓声をあげた。


「ピカチュウが出てきたよ!」


ポケモンGOをやっていたら、ついにピカチュウが出てきたらしい。

そして、バンビは、無事、ピカチュウを捕獲。


「やったね!
ピカチュウを捕まえたよ!
ハワイまで来たかいがあったなあ!」


どうやら、バンビはハワイでポケモンGOをやって、レアなポケモンをゲットするのが目的だったらしく、ダイアモンドヘッドに登るときも、ポケモンを捕まえていた。


そもそも、バンビがポケモンGOを始めたのは、解禁の一週間後のこと。


決して熱中しているわけではないが、旅先でも、よくポケモンを捕まえている。


世界中のあちこちで、ポケモンが出没するのだから感心するが、よくよく考えてみると、バンビもポケモンに似ていないこともない。


福島県の南相馬に現れ、珍念さんと記念撮影したかと思うと、翌日には会津の只見に行き、柳美里さんとツーショット、京都から戻った翌日には、及川俊哉氏のイベント「よみがえりの風」を撮影するために福島へ。

イベント制作に関わった和合敦子さん、わが国の音楽写真の第一人者、菅野秀夫さんと一緒に撮った写真が送られてきた。


今年は、澁澤龍彦没後30年。

8月に山の上ホテルで、澁澤先生を偲ぶ会があった。

私は、出席できなかったのだが、バンビも澁澤龍子さんから案内をいただいていたので、カメラ持参で参加。


「麿赤兒先生と笠井叡先生から、城戸さんはお元気ですかって聞かれたよ!」

澁澤先生の会なら、お二人がいるのも当然だろう。

「それとね、大岡玲先生が、バンビを見て、〈伝説のマッド・バンビ! パンクな彼女!〉って、とっても喜んで下さったんだよ!」
・・・・・・


いつの間に「伝説」になったんだ!?

大岡玲さんも、このブログを見て下さっているのだろうか?


それにしても、これだけ、あちこちに出没していると、ポケモンGOならぬマッド・バンビGOというゲームのような気がしてくるのは否めない。


パンクだから仕方がないが、いいのだろうか、これで?
posted by 城戸朱理 at 08:42| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする