サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年01月02日

御雑煮

__0651.jpg



12月24日のミッシェル・ナカジマのクリスマスディナーから、28日昼の神田まつやでの蕎麦屋酒、夜の「木挽町 大野」の懐石料理まで、あまりにさまざまなものを年末にいただいたので、お節を準備する気にならない。

バンビことパンクな彼女と相談して、お節なしのお正月を迎えることにして、大晦日に紀伊国屋と東急ストアを回り、買い物をした。


特大の活毛蟹や数の子、イクラにスモークサーモン、刺身はマグロと甘海老など、酒の肴になるものばかりを買い揃えて、新年を迎える。


今年のお雑煮は、私の担当。

出汁を取って、酒・醤油で調味し、その出汁で、まず、京人参と生梅麩を別々に煮る。

鶏肉は、出汁に味醂を加えて炒り煮に。

焼き餅、鶏肉、人参に出汁を張り、梅麩と三つ葉を散らした。

イクラと蒸しウニを添えた、三陸風のお雑煮である。


毛蟹を茹で、朝から獺祭純米大吟醸と真澄の純米で、新年を祝ったのだが、年が明けるという感覚は、やはり大切だと思う。

新年、そして元旦。

年が改まるのは、シュルレアリスムの「白紙還元」に似て、悪くない。
posted by 城戸朱理 at 10:25| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする