サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年01月09日

今年の初原稿



5日は、書斎の片付けを続け、新しいデロンギのオイルヒーターを導入。

それから、高貝弘也・広瀬大志・田野倉康一くんとの連詩を別にするならば、今年、初めての原稿となる「かまくら春秋」のリレー連載「新・鎌倉のみほとけ」を執筆した。

当初、編集部から依頼があったのは、浄智寺の韋駄天像だったのだが、天部の諸神は、民間信仰の神々が護法神として仏教に取り入れられたものなので、民間信仰と関わりが深く、執筆には時間を要する。

変更を打診したところ、私は常楽寺の文殊菩薩像について書くことになった。

鎌倉時代後期の端正な御像である。


6日は、先月のうちに選考を終えていた「岩手日報」投稿欄の選評2回分を書き上げてメールし、入選作を宅急便で手配してから、
昨日、書いた「新・鎌倉のみほとけ」の原稿を見直し、若干書き足してメールする。

連詩のおかげで、脳が活性化しているらしく、原稿も順調に進む。

このまま、新詩集書き下ろしに入りたいものだ。


午後は、バンビことパンクな彼女と、藤沢経由で辻堂の湘南テラスモールへ。

109シネマズで、「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督)の3Dヴァージョンを観た。

最初は、新海誠の「君の名は。」に続いて、話題を呼んでいる片渕須直監督のアニメ「この世界の片隅に」を観ようかと思っていたのだが、バンビが3D映画を観てみたいと言い出したのである。

「吉増剛造先生も3Dって、どんなかなと気にしていたんだよ!」

なるほど、吉増さんに感想を伝える気らしい。

3Dなら、スターウォーズが最適だろう。

しかし、問題がひとつある。

バンビは、スターウォーズ・シリーズを一本も観たことがないのである!

今回の「ローグ・ワン」は、時間軸では、エピソード3とエピソード4の間に位置するスピンオフだから、前後のおおまかなストーリーをバンビに教えてから、映画館に行くことになった。


映画のあとは、湘南テラスモールで日用品の買い物をしてから藤沢に戻り、台湾小皿料理の店で、台湾ビールと紹興酒のボトルをもらって、映画の興奮を冷ましつつ、夕食。

タクシーで帰宅したら、思潮社の遠藤みどりさんから、FAXが入っていた。

「現代詩手帖」3月号の原稿の相談と『現代詩文庫 和合亮一詩集』解説の原稿依頼である。

ついに和合亮一氏の現代詩文庫が刊行されることに。

感無量だった。
posted by 城戸朱理 at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする