サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年04月14日

大原、三千院

IMG_61460001.jpgIMG_6148.jpg



京都、北東山の大原にある三千院は、青蓮院、妙法院と並ぶ天台宗の三門跡寺院。

門跡とは皇族や公家が住職をつとめた寺院で、その住職や寺格も指す。

開基は伝教大師・最澄、本尊は薬師如来。


水原紫苑さんは、お母様が亡くなられる前に、三千院の極楽往生院の阿弥陀三尊像を、桜が散るころに訪れ、お堂のなかに散り敷く桜の花びらを見て、母の死の予兆としか思えない歌を詠んだことがあるそうだ。


三千院では、まずお抹茶をいただきながら、庭を見る水原さんを撮影し、さらに極楽往生院で作歌する水原さん、さらにインタビューを撮影した。


思い出深い場所に立って、水原さんが詠んだ歌は、透明でありながら、異界に誘われるかのような怖さもあって、私は、ひどく遠いところに来てしまったように思った。

それは、この世に生をうけたならば、必ずや、いつか至る場所でもあるのだが。
posted by 城戸朱理 at 12:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井上春生監督の誤算、その1

IMG_6144.jpgIMG_6127.jpgIMG_6129.jpgIMG_6130.jpg



大原の三千院では、水原紫苑さんが、山門をくぐるまでの道行きを撮影し、昼食の時間になった。


ロケの前に、井上春生監督が、「紫苑さんのために、よさそうな店を予約しました!
古民家で京野菜の料理を出してくれるんです!」と熱く語っていたのだが、それが「わっぱ堂」。

大原の寂光院の近く、山あいに建つ築130年の古民家で、無農薬の有機野菜とお米を使った料理を供してくれるのだという。

店主自ら、野菜を生産・販売しているそうだから、農業とレストランが直結していることになる。


あまり改装が入っていない店内は、まさに古民家。


まずは、前菜に5種類の野菜料理が出た。

聖護院大根と金時人参にお揚げを炊いたものなど、出汁も見事で、「美味しい」という声が女性陣から挙がる。

続いて、春キャベツのグラタン。

白味噌を使った和風のグラタンで、これも春キャベツの美味しさが際立つ。

ここまでは、よかった。

続いて、岩魚のカルパッチョ。

岩魚のお造りは、私も初めてだが、癖がなく、もっちりした身は、絶品。

たっぷり添えられた野菜と梅酢の酸味が効いたソースも素晴らしかった。

しかし、時間の制約があるロケの昼食にしては、品数が多すぎないか?
posted by 城戸朱理 at 08:05| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井上春生監督の誤算、その2

IMG_6133.jpgIMG_6134.jpgIMG_6129.jpgIMG_6140.jpg



それが次のひと品で決定的になった。

石窯で焼いた高菜と九条ネギのピザである。

薄手のクリスピーな生地で、これも美味しかったが、終わりが見えない。

さすがに井上春生監督も焦り始め、厨房に早く出してくれるよう、お願いしに行った。


そして、ひと抱えもあるような尺皿で供されたのが、炭火で、じっくりと焼き上げた地鶏と芹の入っただし巻き玉子に春野菜の天ぷら。

素材も料理も素晴らしいが、ほとんど和食のフルコースである。

本来なら、白ワインをボトルでもらって(?)、2時間ほどかけて、ゆっくりといただく料理だろう。

早め早めに出してもらったが、当然、時間は押してくる。


ようやく、御飯になったのだが、これが焼きお握りの野菜餡かけで、時間がないのを忘れてしまうほど美味しい。

完全に井上監督の誤算である。

しかし、御飯で終わりではなかった。

デザートは、アイスクリームにショウガで香りをつけたカラメルをかけたもの。

アイスクリームも自家製なのだろうか、実に濃厚で、ショウガのカラメルも効いている。

「お腹がいっぱいで、眠くなってきたよ!
これで、お昼寝できたら最高だね!」とバンビことパンクな彼女。


たしかに、美味しかったが、ロケ途中の昼食がこれで、いいのだろうか?
posted by 城戸朱理 at 08:05| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留守番犬???

IMG_6121.jpg


鴨川べりで撮影したあとは、大原の三千院に向かった。

この日は、カメラ2台、カメラマン2人の2カメ。

井上監督とカメラの安田さん、おおしまさんがロケハンする間、水原紫苑さんには駐車場で待機してもらった。

三千院の駐車場にいたのが、留守番の芝犬。

愛犬家の水原紫苑さんが喜んでいたが、張り紙が、あまりに面白かった。
posted by 城戸朱理 at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目立ちすぎる男

IMG_6105.jpg



この日の井上春生監督の出で立ちは、フランスのル・マンで買った赤のブルゾンと台湾ロケのときに買ったフランスはパラディウムの赤のスニーカー。

日本人離れした風貌と相まって、とにかく目立つ。


「監督、日本人に見えないなあ」と水原紫苑さんは笑う。

たしかに、イタリア人と言っても通りそうだ。


バンビことパンクな彼女は「このチームは男のほうが派手で目立つね!」と面白がっている。


私は、ごく当たり前にネイビーのジャケットだったのだが、イエローのビタミンカラーのトレンチコートを羽織っていたからだ。

アルマーニのものだが、光沢のあるナイロンだから、余計に目立つ。


ロケのときは、井上監督とカメラの安田さん、制作の赤塚さんがトランシーバーで連絡を取りながら進めるのだが、誰がどこにいるか、ひと目で分かるように目立つ格好のほうが、便利だったりする。
posted by 城戸朱理 at 07:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満開の桜の下で

IMG_6115.jpgIMG_6109.jpgIMG_6113.jpg



撮影は、いつも朝早くから始まる。

とくに女性が出演者の場合は、ヘアメイクに一時間はかかるし、水原紫苑さんの場合は、着物だから、着付けの先生に出張してもらって、メイクのあとに着付けをしてもらうため、出版の2時間前から、準備をしなければならないからだ。


4月8日(土)に、準備が整って、最初に向かったのは、鴨川べり。

桜は満開だった。


この日の水原さんは、結城紬。

帯は昨日と同じ龍村美術織物のものだが、まったく違って見える。

傘は、宮内庁御用達の前原光榮商店のものだが、これは一昨年のロケのとき、雨に備えて井上春生監督が選んで、水原さんに贈ったもので、着物によく合っている。


ここでも、次々と短歌が生まれた。

「戀」という言葉が、たびたび詠み込まれているのが特徴で、それは現身(うつしみ)の恋であることを超えて、現世と幽世(かくりょ)を結ぶものであるようにも思われた。


それは、今までの水原さんの短歌にはなかった、新しいフェーズを示すものではないだろうか。
posted by 城戸朱理 at 06:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その3

IMG_6088.jpgIMG_6090.jpgIMG_6093.jpgIMG_6094.jpgIMG_6097.jpg



続いて、古染付に盛られた氷魚(鮎の稚魚)の大根おろし和え。

氷魚は琵琶湖産だろうが、これも春の味覚である。


さらに、みんなが唸ったのが、新ワカメとフキの小鍋立て。

叩いたホタルイカの旨みと溶け合った出汁に、ふわふわとはかなげなまでに柔らかい新カワメが泳ぐ。


最後は土鍋で炊き上げた御飯だが、水原紫苑さんが好きなカラスミをひと切れ追加してもらった。

この御飯も本当に美味しいのだが、すでに満腹なので、あまり食べられないのが悩ましい。

と思ったら、いつの間にか井上春生監督が5膳もおかわりしていた――

もっとも、井上監督は以前、8膳食べたことがある。


水菓子は、佐用姫みかんと佐賀ほのか、ともに佐賀県の名産。

ルネ・ラリックのクリスタルに盛られた水菓子は、美しい。

皮を炭火で焙った桜最中は、尾形乾山の土器皿で。


抹茶は、替え茶碗で出されるが、私には古唐津の皮鯨小服が出た。


翌日になっても、水原さんと井上監督が、美味しさを反芻していたが、こうして、ロケ初日の夕食は終わったのだった。
posted by 城戸朱理 at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その2

IMG_6075.jpgIMG_6076.jpgIMG_6080.jpgIMG_6084.jpgIMG_6086.jpg



「城戸さん、宮澤さんの料理をいただいていたら、肩凝りが消えました!」と井上春生監督。

そういえば、初めて「ごだん宮ざわ」に来たときも、井上監督は扁頭痛が消えたことがあったっけ。

吉増剛造さんを初めて、ごだん宮ざわにお連れしたときも「お薬のような料理だねえ」とおっしゃっていたが、宮澤さんの料理には、ヒーリング効果があるのかも知れない。


燗をつけてもらったら、明の染付けの瓢徳利が出た。

私は、自宅では備前や唐津など土物の徳利を使っているが、この徳利は、わずかに首が傾ぎ、いかにも酒席にふさわしい姿で、磁器の徳利も悪くないと思った。


焼物は、サワラの塩焼き。

身はぎりぎりの加熱で、ふうわりと、皮目はよく焙ってぱりぱりに仕上げられている。

たんなる焼魚が、こんなに美味しいというだけでも驚くが、水原紫苑さんも感嘆の声を挙げていた。

バンビことパンクな彼女は、珍しい雲型の器を気に入っていたが、これは明代に龍泉窯で焼かれた青磁で、七官青磁と呼ばれるものである。

たしか、宮澤さんが上京したおりに、日本橋の骨董屋で求めたものだったはず。


続いて、蕗の薹を練り込んだ焼き胡麻豆腐。

焼き胡麻豆腐は、「じき宮ざわ」が開店したときからの名物だが、宮澤政人さんにとって二軒目の店となる「ごだん宮ざわ」になってから、季節の野菜を練り込み、素晴らしい風味が味わえるようになった。


おしのぎは、自家製カラスミをたっぷりとすりおろした手打ち蕎麦。

カラスミが李朝初期の白磁皿に映える。

水原紫苑さんが喜ばれていたが、水原さん、カラスミがお好きらしい。


揚物は太刀魚の天ぷらで、新タマネギのお浸しが添えられている。

太刀魚はもちろん、甘酢で和えた新タマネギも好評だった。

器は、初見の楽焼きだったが、これは楽十二代弘入だろうか。

料理に気を取られて、確認しなかったのが情けない。
posted by 城戸朱理 at 10:22| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その1

IMG_6066.jpgIMG_6067.jpgIMG_6069.jpgIMG_6071.jpgIMG_6074.jpg



撮影は順調に進み、糸屋ホテルに戻って小憩。

夕食は、水原紫苑さんのために「ごだん宮ざわ」を予約した。


まずは、楽九代了入の赤楽筒で煎米茶が出て、先付けは、贅沢にも蒸しアワビ。

ウルイと叩きワラビがあしらわれている。

アワビは、なんとも柔らかく、豊かな味わいだったが、丹波産とのこと。

器は明末清初の古染付だが、これは、昨秋に、宮澤政人さんが行きつけの骨董屋さんで撮影したとき、宮澤さんが一目惚れして買われた絵替わり羅漢図の五客のうちのひとつ。

私が教えたら、「気づかなかった!」と井上春生監督が喜ぶ。


華やかな秀衝塗りのお椀は、鯛とウルイ、百合根のすり流しで、みんな、目を閉じて味わっていた。


お造りは、無農薬の藁で、軽く焙ったシビマグロと北海道産塩水ウニ。

山口県安岡産の地ネギとミョウガがあしらわれている。

マグロのなかでも、もっとも珍重される黒マグロは、本マグロとも呼ばれるが、出世魚で、京都で好まれる幼魚がヨコワ、さらにメジマグロ、チュウボウマグロ、100kg以上になるとシビマグロと呼び名が変わる。

マグロの旨みを藁の香りが包み、みんなから歓声が挙がった。

器は李朝初期の刷毛目鉢。

聞くと、出会うたびに求め、今では刷毛目鉢は4客あるそうだ。
posted by 城戸朱理 at 10:21| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

流響院の庭をめぐって

IMG_6059.jpgIMG_60490001.jpgIMG_6058.jpgIMG_6062.jpgIMG_6047.jpg



昼食のあとは、水原紫苑さんに流響院の庭を歩いてもらい、歌を詠んでもらう。

流響院の池泉回遊式庭園には花が少ないが、花曇りのなか、水原さん自身が花のようにも見える。


驚いたのは、庭の裏手に桜を見つけたとき。

まだ二、三分の開花だったが、歓声を挙げて水原さんが走っていった。

水原さん、走れたんだ!?


結局、2時間ほどのロケの間に生まれた歌は、21首。

ほとんど、5分に1首のペースである。


今回の水原さんの歌は、これまでと何かが決定的に違う気がしたが、それが何かは、翌日、明らかになった。
posted by 城戸朱理 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼食のお弁当

IMG_6034.jpg



今回のロケでは、井上春生監督がディレクター、高柳克弘・神野紗希篇のディレクターをつとめる赤塚敏史さんが、制作に回った。


井上監督の指示で、赤塚さんが、昼食のお弁当を調達してきたのだが、なんとJR伊勢丹の老舗弁当売り場に行ったものだから、吉兆や下鴨茶寮、二傳など、ロケ弁当とは思えない老舗料亭のお弁当が並んだ。

井上監督の水原紫苑さんへの配慮なのだろう。


アシスタント・プロデューサーとして参加しているバンビことパンクな彼女の発案で、ロケ弁当のときにはインスタント味噌汁を準備するようになったが、肌寒い日には、これが嬉しい。
posted by 城戸朱理 at 08:15| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水原紫苑さん、流響院へ

IMG_6029.jpgIMG_6024.jpgIMG_6031.jpg



京都に向かう新幹線の車中で、「俳句」に寄稿した関悦司『花咲く機械状独身者たちの活き造り』書評のゲラをチェックし、
さらに「岩手日報」投稿欄の選評2回分を書き上げ、翌朝、若干、推敲してメール。

ほかにも持ってきた仕事はあるが、4月7日(金)から、撮影が始まった。

水原紫苑さんは、緑に映える着物姿で、昼前に真澄寺別院・流響院に到着。


井上春生監督らクルーは、9時から、すでに庭の撮影に入っていた。

昼食を取ってから、本格的な撮影となったのだが、水原さんは今回も凄かった。

次々と短歌が生まれていく。
posted by 城戸朱理 at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

春のごだん宮ざわ、その3

IMG_5995.jpgIMG_5998.jpgIMG_5999.jpgIMG_6003.jpgIMG_6006.jpg



別の日本酒を頼んだら、今度は李朝の刷毛目徳利で出た。

白泥がたっぷりとかかり、粉引の風格がある。

初見だったので、尋ねたところ、宮澤政人さんが懇意にしている骨董屋さんが、お店で使って味をつけてくれと置いていったものなのだとか。

刷毛目や粉引は、使うほどに白泥に酒が染み、味わいを増すので、賢いやり方だと感心してしまった。


土鍋で炊き上げた御飯は、まずは煮えばなをひと口。

おかわりをすると、煮えたお米が、蒸らされて次第に御飯に変わっていくのが分かる。

漬物も白味噌で炊いたじゃこも美味しい。


水菓子は、甘みの強い佐用姫みかん、イチゴは佐賀ほのか、さらに加賀産のキウイ。

最中をいただくと、宮澤さんが、お薄を点ててくれる。

茶碗は、春の野を描いた尾形乾山だった。

蓋付きで、本来は煮物などを盛る食器として作られたものだが、春の替え茶碗にふさわしい。


花冷えが続くが、春の味覚をいただいて、気持ちが解れていくようだった。
posted by 城戸朱理 at 11:07| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春のごだん宮ざわ、その2

IMG_5981.jpgIMG_5983.jpgIMG_5987.jpgIMG_5990.jpgIMG_5992.jpg



名物の焼き胡麻豆腐は、蕗の薹を練り込み、蕗の薹の天ぷらを添えてあって、ほのかな苦みが後を引く。

日本酒は、京都の加藤静充さんの初期伊万里写しの徳利で出たが、本歌と見紛う出来である。


揚げ物は、とろけるようなノドグロとタラの芽の天ぷらで、甘酢で和えた新タマネギのお浸しも美味しかった。

器は、古染付の羅漢図皿。


さらに、菜の花、フルーツトマト、アスパラの黄身酢がけにタコとウドが出て、天ぷらのあとの箸休めになった。


おしのぎは、蒸し上げたばかりの餅米に大きく切った自家製カラスミを乗せた定番の飯蒸しで、もう何も言うことはない。


最後の料理は、熊肉と芹の小鍋立てで、熊から、ほっこりといい出汁が出るのは驚くばかりである。
posted by 城戸朱理 at 11:07| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春のごだん宮ざわ、その1

IMG_5970.jpgIMG_5967.jpgIMG_5974.jpgIMG_5977.jpgIMG_5979.jpg



夕食は行きつけの「ごだん宮ざわ」に予約しておいた。

カウンター8席、個室5席という小体な店だが、ミシュラン・ガイドを始めとして、雑誌などメディア露出が著しく増えたため、予約が取りにくくなったのは、喜ばしくも悩ましい。

この日は、御家族とおぼしき中国の観光客6人連れがカウンターを埋め、私はいちばん右端の席に座った。


目の前には本阿弥光悦のお軸に尾形乾山の香炉。

いちばん好きな席である。


まずは、福井の早瀬浦を一献。

先付けは、軽く焙った本ミル貝にコゴミとフキの土佐酢がけ。

まさに春の味覚で、器は明末清初に中国、景徳鎮で焼かれた初見の古染付輪線文皿である。

この日の器使いは、古染付が中心だった。


お椀は、筍とハマグリにワカメで、山椒が香り立つ。

続くお造りも古染付の網手文皿。

無農薬の藁で焙った初鰹に石鯛、北海道産の塩水ウニに、山口県安岡特産の地ネギとミョウガをあしらい、吉野葛でとろみをつけた土佐醤油が添えられている。

たんなるお造りを超えた創作料理で、御主人の宮澤政人さんならではの工夫が嬉しい。


焼き物は、金目鯛の若狭焼き。

若狭焼きは、醤油と酒を合わせて、掛け回したものだが、金目鯛によく合っていた。


器は、尾形乾山の銹絵角皿で、これも初めて見る器である。
posted by 城戸朱理 at 11:06| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都、糸屋ホテル

IMG_59660001.jpgIMG_5965.jpgIMG_5964.jpg



京都に到着して、烏丸松原の糸屋ホテルにチェックイン、まずは荷物を解いて、明日からのロケに備える。

着替えを始めとする荷物は出来るだけ少なめにしたが、7泊8日の予定だけに、それなりの量になるのは仕方がない。


糸屋ホテルは、この数年、京都の常宿になっているので、備品も分かっているし、スタッフも親切で、快適に過ごすことかできる。


お風呂とトイレと洗面所が別になっているのが特徴で、お風呂はバスタブと洗い場が別になっているため、きわめて使い勝手がいい。


吉増剛造さんは、糸屋ホテルだとデスクが広いので、仕事ができるとおっしゃっていたっけ。

番組の企画・監修者という私の立場だと、寝に帰るだけになってしまうのだが。
posted by 城戸朱理 at 09:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

新幹線の車中で

IMG_5958.jpgIMG_5961.jpg



4月6日(木)。

品川駅から東海道新幹線に乗った。


吉増剛造さんが、東京駅では「深川めし」、横浜駅なら崎陽軒の「焼売弁当」を買うとおっしゃっていたのを思い出し、品川駅で「深川めし」を選んだ。


あさりの出汁の炊き込み御飯に穴子とハゼの甘露煮が乗ったお弁当だが、深川飯は、もともとは深川の漁師料理。

あさりを炊き込んだものとあさりとネギの味噌仕立ての汁を御飯にかける二種類があるが、小鍋立てにすると酒の当てにもよい。


駅弁の「深川めし」は、吉増さんが「ちょうどいい」とおっしゃっていたように、量的にも軽めで、たしかに、ちょうどよかった。
posted by 城戸朱理 at 17:27| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

うこぎのほろほろ

IMG_5884.jpg



「うこぎのほろほろ」は、岩手の郷土料理。

生垣などにも使われるうこぎの新芽を摘んで、さっと茹で、みじん切りにした鬼グルミ、大根の味噌漬けを混ぜ、これを炊きたての御飯にのせて食べる。

盛岡だと、八百屋でもうこぎの新芽が売られているが、ほろ苦いうこぎと濃厚なクルミの旨みに味噌漬けがアクセントになる春の味覚だ。

とはいえ、小学校の低学年のときに食べたのが最後だったかも知れない。


「うこぎのほろほろ」は、その名の通り、クルミも味噌漬けもほろほろになるまで細かくみじん切りにするのがコツ。

塩味は、味噌漬けの量で調整する。


『聞き書き 岩手の食事』(農文協)によると、岩手では、戦前まで「美味しい」という意味で「クルミの味がする」と言ったそうだ。

昔は、不足しがちだった脂肪分を多く含んでいるからだろうが、石川啄木や宮澤賢治も「うこぎのほろほろ」を食べたのではないだろうか。

子供のころ、母に言われて、うこぎの新芽を夢中で積んだのも懐かしい。


鎌倉では、うこぎは目にしないし、八百屋で売っているはずもないが、うこぎの新芽をセロリの葉で代用できると聞いて、試しに作ってみた。


セロリの葉を洗って、さっと茹でてから水に放ち、細かく刻む。

さらに、バンビことパンクな彼女が取り寄せたクルミを刻み、やはりバンビが盛岡で買った3年物の大根の味噌漬けを刻んで混ぜた。

セロリ特有の香りはあるが、うこぎに似たほろ苦さもあって、たしかに「うこぎのほろほろ」に近い。


バンビに試食させたところ、「これは美味しい! 何なのかな?」と好評だった。

セロリの葉は、野菜屑のフォンを取ってミネストローネを作るときや、夏野菜の煮込み、カポナータを作るときしか使わないが、こうして「セロリの葉のほろほろ」を作ると美味しいうえに、無駄にならない。

これからも、セロリを買ったときは作ることにしよう。
posted by 城戸朱理 at 17:34| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

鎌倉の桜

IMG_5957.jpgIMG_59390001.jpgIMG_59370001.jpgIMG_5945.jpg



気づくと、鎌倉は道端にも、あれこれ、花が咲いていた。

桜は、今週末が見頃になるようだ。


例年なら、ソメイヨシノが散るころ、山桜が満開となり、その後で紅が強いエドヒガンザクラが開くのだが、今年は、ソメイヨシノより先に山桜が開花した。

この時季になると、鎌倉の山々は、あちこちが桜の花で白くけぶるようになる。
posted by 城戸朱理 at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

朝鮮半島の危機的状況について



4月5日の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、アメリカのレックス・ティラーソン国務長官は、非難の言葉さえ口にせず「さらなるコメントはない」と異例の声明を発表した。

これは、尋常ではない。

ティラーソン国務長官は、3月17日に、北朝鮮に対するワシントンの「戦略的忍耐」は終わったと宣言しており、「あらゆる選択肢が検討されている」と発言している。


さらに、4月2日には、トランプ大統領が、英ファイナンシャル・タイムズのインタビューで、「中国が北朝鮮問題を解決しないのなら、私たちがする」と軍事力の行使を示唆しており、朝鮮半島における危険水位は限界に達しつつある。


翌日、4月3日に、日本政府は、突然、長嶺安政駐韓大使の帰任を発表。

その理由を韓国の大統領戦、及び北朝鮮の脅威に備えるためとしたが、「在韓邦人の保護という側面もある」という文言は、朝鮮半島有事に備えるものではないかと思えるところがある。


アメリカの発表によると、北朝鮮の核実験場の活動が活性化しており、6回目の核実験の準備を進めているのではないかと見られているうえに、
6、7日には、フロリダで米中首脳会談が予定されており、ここでトランプ大統領は習近平主席に、北朝鮮問題に関して強い要求をするものと思われる。

この一両日中に、もし北朝鮮が6回目の核実験に踏み切るようなことがあれば、アメリカは武力行使も辞さないということになりかねない。


アメリカでは、北朝鮮が12〜20発ほどの核弾頭を保有していると推測している。

しかも、北朝鮮は、弾道ミサイルが日本の米軍基地を標的にしていることを公表しており、朝鮮半島の有事には、日本も無縁ではいられない。


日本でも、そこかしこが壊れていっている感があるが、今や世界中が、軋み、あちこちが壊れかけているようにしか思えない。
posted by 城戸朱理 at 09:21| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする