サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年04月05日

身軽になると



藤沢周氏が、生活をダウンサイジングすべく、荷物の4分の3を処分したと聞いたときには、さすがと思った。

若いときは、収入も少ないし、足りないものだらけだったが、気づくと余計なものに囲まれているというのが、今日の日本の現実だろう。


親が亡くなったとき、膨大な遺品を前にして、遺族が途方に暮れるケースが増え、ひそかに社会問題になっているそうだが、そのために遺品整理を専門とする業者も増えた。

いつかは片づけようと思っているうちに、老いて、片づけ自体ができなくなることが多いそうだが、御主人に先立たれ、遺品をいずれ整理しようと思って、とりあえず2階の部屋にまとめておいたところ、階段の昇り降りができなくって、そのまま亡くなられた方の話を聞いたことがあるが、こうしたことが、あちこちで起こっているに違いない。

今や、家庭ゴミも有料化が進んでいるので、ゴミとして出すにもお金がかかる。

私の父は、還暦を迎えたあたりから、物を減らし、写真はアルバムに整理するなど、片づけと整理を徹底してやっていた。


今や、若い世代では極力、物を持たず、すべての持ち物がトランクひとつに収まるような暮らしを営むミニマリストまで登場したが、あらかじめ物を持たない暮らしを目指すのは賢明かも知れない。

ミニマリストの欠点は、ストックを一切持たないため、大震災のような非常時には、すぐさま暮らしが成り立たなくなるところだろうか。

しかし、逆に考えると、そんなときでもトランクひとつで避難できるわけだから、困らないかも知れない。


戦中、戦後の物質が欠乏した時代を生きてきた団塊以上の世代には、ミニマリストの生活はも難しいのだろうが、気づいたときには、体力がなくなっている。

片付け業者によると、日本の老夫婦は平均して、2トントラック7〜8台分の物を抱えているという。

だが、ひとりの人間が生きていくには、2トントラックで1台分の荷物で充分なのだそうだ。


今、このタイミングで断捨離に踏み切った藤沢さんは、やはり賢い。

藤沢さんは、片付けをしているとき、「なんで俺は、こんなものを持っているんだと思うようなものが沢山あった」と語っていたが、いざ引越しをするとなると、そう思ってしまうような物が次々と出てくる。


私も鎌倉に引っ越すとき、衣類と本はかなり処分したが、今年は引っ越しをするつもりで、持ち物を整理してみたいと思っている。
posted by 城戸朱理 at 09:34| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする