サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年05月07日

旅に出た連休、その2





5月4日、連休中日。

世間は連休だが、私の連休はどこかに行ってしまったので、この日は打ち合わせと会議が続いた。

起床して、まずはバンビことパンクな彼女と経費及びギャラの請求書の起票作業。

私のように文筆業の場合、原稿料などは新聞社・出版社が登録してある私の銀行口座に各社の規定にそって、自動的に振り込まれるのが普通だが、請求書を提出しなければならないケースもかなりある。

この場合は、請求書が届いてから処理されることになるので、請求書を起票しないかぎり、ギャランティは支払われない。

一昨年など、忙しさのあまり、請求書を書く余裕がなくて、年が明けてから半年分ほどたまった分の請求書を起票したら、数百万になったものだから、これで、しばらく仕事をしなくても暮らしていけると安心したりしたのだが、結局、消費税と市民税で、半分以上が吹っ飛んでしまったので、結局、私の生活は、何も変わらなかった。


バンビが、PCで次々と打ち込んでいってくれたので、3時間ほどで終わったが、やはり手間がかかる。


そのまま、食事を取る暇もなく、東京へ。


4時に立川に到着し、まずは、テレコムスタッフの寺島高幸プロデューサーと平田潤子ディレクターによるEdge公式ホームページのプレゼンテーションと、修正箇所の確認をする。

開設から一週間で2000アクセスがあったそうだから、まずは順調というところか。


6時すぎに、寺島さん、平田さんが帰ってから、平島進史、西森基文、松浦梓、Edgeの担当3氏と、今後の展開、及び懸案事項についての会議。

そして、場所をかえ、7時からEdge立ち上げ時のプロデューサーである設楽実氏と打ち合わせになった。

この日は、ワシントンホテル泊まり。

部屋に戻ってから、綾野剛主演の「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)を観てしまったので、休んだのは午前2時。

綾野剛の狂気を孕んだ演技は、やはり特筆に値する。

藤沢周氏原作、綾野剛主演『武曲(むこく)』の公開が待ち遠しい。
posted by 城戸朱理 at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする