サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年05月08日

Edge公式ホームページについて



リニューアル公開されたEdge公式ホームページは、トレーラー付きで、番組の一部が試聴できるようになったが、もうひとつ特徴がある。


それぞれのコンテンツの紹介を、新たに、石田瑞穂、菊井崇史氏ら気鋭の執筆陣に依頼し、たんなる紹介に終わらないドキュメンタリー批評をアップしていくというのが、それである。


私も企画・監修者として、紹介を担当しているコンテンツがあるが、連休中にカニエ・ナハ篇、新國誠一篇の紹介を執筆したので、まもなくアップされると思う。

これから、これまで制作されたコンテンツが、順次、アップされていく予定なので、ぜひ、アクセスしてもらいたい。

Edge公式ホームページのURLは下記の通り。



http://edgeofart.jp



開始から16年、Edgeは、新たなフェーズを迎えた。
posted by 城戸朱理 at 09:43| Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Edge水原紫苑・桜三部作のこと

IMG_6562.jpgアート・ドキュメンタリー「Edge」が、2001年にスタートして、ポエトリー篇10本が完成した後、翌年から、詩人以外のアーティストを対象とするEdge2が始まった。
このコンテンツで、企画・監修者として私が最初に提案したのが、歌人、水原紫苑さんが吉野山に桜を前に即詠するという企画だった。

これは、水原さんの初期歌集の桜を詠んだ名歌から発想したものだが、訪れた吉野山は、西行が庵を結んだ奥千本が満開。撮影が終わってから、水原さんと前登志夫さんをお訪ねしたのも懐かしい。

翌年は、水原さんが、岩木山、弘前で桜を見てから、青函連絡船で津軽海峡を渡り、五稜郭の桜を見るという北国の桜篇を撮影。

三年目は、日本三大桜として知られる根尾谷の薄墨桜(岐阜県)、山高神代桜(山梨県)、三春の滝桜(福島県)を訪ねてもらうという念願の企画が実現した。


水原紫苑・桜三部作のディレクターは井上春生氏。

今や、ディレクターとして活躍している平田潤子氏は、当時はまだアシスタント・ディレクターだったっけ。

それから、10年近くを経て、今度は岡崎の真澄寺別院・流響院を舞台に、水原さんが京都の桜を詠む「H(アッシュ)」がスタートしたわけだが、こちらは、現在、3本目。

再び、井上春生氏がプロデューサー兼任でディレクターをつとめる。鬼気迫る歌が次々と生まれているが、最後は、やはり、豊臣秀吉の「醍醐の花見」の舞台となった醍醐寺の桜を見て、短歌を詠んでもらう番組を企画している。

また、桜守として名高い十六代佐藤藤右衛門さんと水原さんの対話が実現できたらと考えてもいる。

(写真は流響院での水原紫苑さん。撮影=小野田桂子)
posted by 城戸朱理 at 09:43| Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする