サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年07月06日

蔵前、空蓮房の石田瑞穂展イベントへ

IMG_7177.jpgIMG_7178.jpg



盛岡から帰宅した翌日、6月24日は、蔵前の空蓮房で開催されている石田瑞穂詩個展のイベント「あなたを未だ知らない」に参加すべく、東京へ。

バンビことパンクな彼女は、イベントの記録撮影を依頼されていたので、午後1時に会場入りした。


このイベントは、長応院の本堂で、石田瑞穂、ジュディ・ハレスキ両氏のリーディングと書家、北村宗介氏のパフォーマンス、
ブック・デザイナー、奥定泰之氏のディレクションによって原稿と書が展示されている空蓮房で、鯨井謙太郎(正しくは良篇に邑)がソロダンスを踊るという2会場同時開催。

観客は、10人ずつ、長応院と空蓮房の間に敷かれた白布の「白道(びゃくどう)」を歩いて、10分間のダンスを見ては、長応院に戻る。

空蓮房は、三畳ほどの空間なので、鯨井氏は彫像のようなダンスを一時間、通しで踊ったという。


本堂の出演者は、誰ひとり鯨井氏のダンスは観ておらず、鯨井氏は本堂でどんなイベントが開催されているのか分からない。

観客は、全員が本堂でのイベントを10分は抜け出すわけで、鯨井氏のダンスを観るのも10分だけ、イベント全体を見た者はひとりもいないという欠損を孕むユニークなものだった。

「あなたを未だ知らない」というイベントのタイトルは、そこから来ているのだろうか。

北村宗介氏が、空海「灌頂記」を凄い勢いで書いていったのも圧巻だった。


イベント終了後は、居酒屋、駒忠で打ち上げ。

瑞穂くんの恩師、原成吉先生と大いに盛り上がる。

二次会は、浅草のバー、バーリィへ。


声と文字と肉体が交差するところにポエジーが立ち上がるイベントの1日は、熱気を孕んだまま終わった。



(撮影=小野田桂子)
posted by 城戸朱理 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

盛岡土産〜三陸まるごとあわびカレー

IMG_71330001.jpg



盛岡駅に隣接するフェザンの改装が終わったので、土産物のコーナーを眺めながら歩いてみたのだが、さまざまな新商品が目につくのは、驚くばかり。


なかには、三陸産の蝦夷アワビをまるごと一個使ったレトルト・カレーまであるではないか。

アワビは、バンビことパンクな彼女の大好物。

お土産に買って帰ろうかと思ったが、アワビ一個を使っているだけに、普通のレトルトカレー20食分ほどの値段。


しかも、海宝漬・中村屋のアワビステーキとアワビステーキ・グラタンはすでに手配してあったので、今回はいいかと思ったときに、目に飛び込んできたのが、パッケージの「Kojika」の文字である。

「コジカ」ということは小鹿、すなわちバンビか???


なんでも、このレトルトカレーは、三陸・大船渡で三代続く老舗カレー屋「Kojika」のオリジナルで、蝦夷アワビをまるごと使うだけではなく、アワビの「としる(肝)」を濾したものを加えた濃厚なカレーソースが特徴なのだとか。


なんとなく、バンビのアワビカレーと主張されているような気分になって、伊勢志摩観光ホテルの名物、伊勢海老一尾を使った伊勢海老カレーが1万円だから、それに比べたら高くはないかと奇妙な納得をして、結局、購入した。


喜んだのは、バンビである。


「んふ!
とっても贅沢なレトルトカレーだね!」


そして、なぜか、自分のデスクに飾ってあるではないか。

カレーはアワビが入っていようといまいと、飾るものではない。


パンクだから仕方がないが、いいのだろうか、これで?
posted by 城戸朱理 at 11:13| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

鯨井謙太郎新作コレオグラフ「桃」!

IMG_7115.jpgIMG_7123.jpgIMG_7116.jpg



「現代詩手帖」7月号の表3にダンサー・オイリュトミスト、鯨井謙太郎(正しくは良扁に邑)氏の新作コレオグラフ「桃」の広告が掲載されている。

私も一文を寄せたが、「桃」は、吉岡実と、吉岡実を読む土方巽にインスパイアされたダンス公演で、しかも量子力学を意識し、観客の視線が介在することで変容するダンスを企図するもののようだ。

そのために、本公演前に、仙台で、制作過程を見せるワーク・イン・プログレス公演が開催されたが、おそらく、本番の3公演も、すべて違うものになるのではないかと思っている。


鯨井氏とユニット・CORVUSを組む定方まこと氏は、今回、ダンスのみならず、音とピアノでも参加。

大倉摩矢子(舞踏家)、四戸由香(ダンサー)とともに、鯨井氏の母親、桃澤ソノコさんも出演されるが、ソノコさんは、笠井叡さんのオイリュトミー・シューレ天使館第一期を終了したオイリュトミストである。

また、フライヤーの裏面に使われているドローイングは、鯨井氏の父親である画家、TOJU氏によるもので、どうなっているんだ、鯨井家?と思うような展開。

7月8日と9日の公演が、楽しみでならない。
posted by 城戸朱理 at 09:22| イベント告知など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡土産の食卓

IMG_7087.jpgIMG_7090.jpgIMG_71280001.jpg



バンビことパンクな彼女が、いちばん喜ぶ盛岡土産は、海宝漬・中村屋のパルクアベニュー・カワトク限定、三陸産蝦夷アワビをまるごと一個使ったアワビステーキとアワビステーキ・グラタン。


中村屋では、「あわび肝バターガーリックライス」「かにグラタン」「いくら醤油ワイン味」と新商品が次々に発売されているので、こちらもまとめて宅急便で手配した。

だが、アワビの殻に詰めた焼きウニが見当たらない。

尋ねたら、「今、ウニを採っているところです」という答えが。

そうか、今、漁師さんがウニを採っているのか――


だが、盛岡駅に隣接したフェザン地下の魚屋で、瓶詰めの塩水ウニと焼きウニを発見。

保冷パックに入れてもらって帰途に着いた。


バンビは、スパークリングワインを冷やし、夕食を準備。


「今日は海産物祭だよ!」


パンクだから、何でもお祭にしてしまうのだが、この日はアワビステーキに、塩水ウニ、イクラの醤油ワイン味、あわび肝バターガーリックライス、かにグラタンが食卓に並んだ。

電子レンジで加熱するだけだから、手間いらずで、しかも、なかなか贅沢である。

とは言っても、外食で同じメニューを頼むのを考えたら、実は経済的。


アワビのステーキとステーキグラタンは2個ずつ買ったので、バンビは、しばらくアワビを楽しめるものだから、「ハァハァしちゃうなあ!」と興奮していた。
posted by 城戸朱理 at 08:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

和合亮一氏『詩の礫』でフランスの文学賞受賞!



和合亮一『詩の礫』が、フランスのニュンク・レヴュー・ポエトリー賞外国語部門賞を受賞した。


『詩の礫』の担当編集者である徳間書店の加々見正史さんから、私に連絡があったのは、6月23日のこと。


日本語の情報がなかったので、ネットで、the japan timesを始めとする英文の記事を確認したのだが、フランスの総合文芸誌「ニュンク・レヴュー」は、2002年の創刊。

『詩の礫』は、2011年に徳間書店から刊行されたが、すでに海外でも広く紹介されており、村上春樹の翻訳者としても知られるコリンヌ・アトラン氏によって、フランスでも昨年、刊行された。

選評によると、ドキュメンタルでありながら、詩的な深みをたたえた作品であることが高く評価された模様。

ちなみに、ニュンク・レヴューのポエトリー賞外国語部門賞は、和合亮一氏が、記念すべき第一回目の受賞者となる。


和合さん、おめでとうございます!
posted by 城戸朱理 at 07:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのころ、鎌倉では――

IMG_7082.jpg



私が岩手日報随筆賞の選考会を終え、若者たちと乾杯していたころ、鎌倉のバンビことパンクな彼女は――


自撮りをして、遊んでいたのである。

そして、送られてきた写真が「サルバドール・バンビだよ!」
・・・・・・


バンビは、高校生のころから、ダダイストやシュルレアリストが大好きで、とりわけトリスタン・ツァラの写真に衝撃を受けたらしい。

もちろん、いつも目を見開いてポーズするサルバドール・ダリもお気に入りで、その真似をしたわけである。


ダリのトレードマークたるカイゼル髭は、髪の毛でコピーするというムダな努力の甲斐もあって、たしかにダリっぽい。

だが、持っているのは狛犬の団扇である。。。


パンクなだけに、「前衛活動」と称するお遊びのためには努力を惜しまないのだが、はたして、いいのだろうか、これで?
posted by 城戸朱理 at 07:57| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

機屋のオールドコーヒー

IMG_7019.jpg



パルクアベニュー・カワトクに隣接する県産品売り場CUBEに入っている機屋のコーヒーは、バンビことパンクな彼女もお気に入り。

今回は「コーヒー豆を買ってきてあげて!」と言われていたので、オールドコーヒー・ブレンドの豆を購入した。


店内で頼んだのは、オールドコーヒーのボリビア・サンタクルース1995年。

20余年を寝かせたコーヒーは、苦みも酸味も甘みも渾然一体となって、チョコレートのような風味を持つ。


盛岡の機屋のコーヒーと鹿児島のマリアッチのコーヒーは、本当に素晴らしい。
posted by 城戸朱理 at 13:33| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌッフ・デュ・パプで、その2〜桃花&玲音

IMG_7068.jpgIMG_7071.jpgIMG_7075.jpgIMG_7076.jpgIMG_7080.jpg



桃花&玲音。

昨夜、初めて会ったばかりなのに、長年の友人同士のように見えるのは、なぜだ?

同い年だから、共有できること、共感できることが多いのだろうか。

何はともあれ、いい出会いになりますように。


デザートは、ヌフ・デュ・パプ名物、チョモランマ。

フランベしたバナナにアイスクリームを積み上げ、クレープをかぶせて、生クリームをトッピングしたものだが、何人前でもオーダー可。

3人前を超えると、かなり圧倒される大きさになるのだが、3人前頼もうとしたら、スタッフに大きすぎると止められ、不満気だった桃花さんが面白かった。


ヌッフ・デュ・パプのあとは、近くのバー、アルセーヌ・ルパンへ。

全国大会で優勝したことがあるバーテンダーが作るマティーニが、絶品だった。
posted by 城戸朱理 at 11:56| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌッフ・デュ・パプで、その1

IMG_7067.jpgIMG_7117.jpgIMG_7118.jpgIMG_7119.jpgIMG_7120.jpg



前夜、佐藤桃花、工藤玲音さんと約束していたので、直利庵のあとは映画館通りのヌフ・デュ・パプへ。

コート・デュ・ローヌの銘醸ワインをそのまま店名にしているが、東京・六本木に支店がある盛岡の名店である。


工藤玲音さんと先に席に着き、オーダーをしているところに佐藤桃花さんが到着した。

まずは、地ビール、ベアレンで乾杯。

ふたりは、すでにLINEでやり取りしているらしい。

私はもう何も食べられないので、両嬢の希望を聞きながら、オーダーしたのが、ホワイトアスパラのオランデーズソース、たかきびのニョッキ、
やはり、若者ならお肉だろうと、岩手短角牛のイチボのステーキと、ヌッフ・デュ・パプの名物、白金豚のソテー。

佐助豚、龍泉洞の黒豚と並ぶ岩手のブランド豚、白金豚は、脂身に癖がなく、甘く溶けるようで、肉質は緻密で保水力が高いので、柔らかく味わい深い。


私は飲むだけだったが、ふたりが食べる様子を見ているだけで、美味しさが十分に伝わってきた。

ちなみに、料理は工藤玲音さん撮影。
posted by 城戸朱理 at 11:53| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

直利庵で蕎麦会席

IMG_7047.jpgIMG_7051.jpgIMG_7054.jpgIMG_7061.jpgIMG_7063.jpg



岩手日報随筆賞選考会のあとは、恒例、直利庵の蕎麦会席。


直利庵はわんこ蕎麦でも有名だが、地元民は他県からの来客があったときしか、わんこ蕎麦には行かない。

普通に蕎麦を食べるほうがいいと高校の同級生は言っていたが、直利庵は蕎麦ではなく中華そばが絶品という声もある。

平谷美樹さんによると、日本酒をかけていただく酒蕎麦がお勧めなのだとか。


二階の座敷でいただく蕎麦会席も趣きがある。


会席とは、江戸時代に句会や歌会のあとの酒席のための料理。

直利庵は、先付けのふきのとうや筍の田楽味噌、さらに、わらびのお浸し、北寄貝といくらの酢の物と、いかにも盛岡らしい食材が並び、酒が進む。


お造りは、まぐろにイカ、鯛と鰹の叩き。

焼き物は、釣りが趣味の平谷さんが、一目見て「スズキかな」と言ったが、切り身をみて魚を当てるとは、さすがである。


揚げ物のあとにお椀という流れも意表を突かれたが、しかもお椀が新若芽とほやというあたりが、三陸ならでは。

千葉万美子さんの娘さんがジャズダンスをするために上京されているというお話に驚いているうちに、蕎麦になった。


ビールで始めて、冷酒をずいぶんいただいたが、蕎麦屋で飲む酒は、なぜか美味い。
posted by 城戸朱理 at 14:20| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水都、盛岡

IMG_7035.jpgIMG_7026.jpgIMG_7028.jpgIMG_7024.jpg



盛岡駅から北上川にかかる開運橋を渡り、大通りを真っ直ぐ歩いていくと、アーケードが左手、市街中心部に湧水がある。

これが、大慈寺清水、清龍水とならぶ盛岡三大清水のひとつ御田屋清水で、藩政期には盛岡城のなかの藩主別荘、御田屋に湧く城内の茶道用の水だったという。

昭和初期に現在のかたちに整備されたというが、私も子供のころは両親と元日の若水を汲みに行ったりしたものだった。


御田屋清水の先、右手は石垣を残す盛岡城跡で、お掘りが続き、城跡公園を過ぎると、秋には鮭が産卵のために遡上し、冬には白鳥が飛来する中津川が流れている。


盛岡を離れて、もう40年近くなるが、それだけに、戻る機会があると、水に恵まれた街であることをしみじみと感じながら、散策することになる。
posted by 城戸朱理 at 14:19| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡のすし処かね田、おまけ篇

IMG_7015.jpgIMG_7016.jpg



ここのところ、食欲がまったくなかったという工藤玲音さんが、すし処かね田で、久しぶりに食欲が復活したという。

何よりだが、玲音嬢は追加はなし。

一方、連日、レポーターとして飛び回っている佐藤桃花嬢は、まぐろとぼたん海老を追加。

写真は、「桃花vs海老」である(?)。
posted by 城戸朱理 at 14:17| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡のすし処かね田

IMG_7002.jpgIMG_7005.jpgIMG_7009.jpgIMG_7012.jpgIMG_7014.jpg



盛岡に行く前に、バンビことパンクな彼女が、「せっかくだから、一戸陽子さんや香織さんに、佐藤桃花さんを呼んで食事をしたらいいんじゃない?」と言い出した。

今年は秋に、柳美里さんと盛岡に行く予定なので、そのときは柳さんと一戸彦太郎さんのお墓参りをして、陽子さん、香織さんと会食の機会を作ろうと考えていたので、今回はフェリスの卒業生の佐藤桃花さんと同い年の工藤玲音さんを引き合わせることにした。

工藤玲音さんは高校三年のとき、岩手日報随筆賞を最年少で受賞、トロフィーの船越保武作エリカ像、最後のひとつを獲得し、その後、短歌と俳句の創作を続けている新鋭である。

一方、佐藤桃花さんは今春、岩手放送に入社、報道部で熊出没の中継などで活躍中(?)。


玲音さんのリクエストがお寿司だったので、お店は、大通りのすし処かね田にした。

盛岡で寿司というと、真っ先に名前があがる店だけに、前から気になっていた寿司屋である。


突き出しは、なんと殻ウニに白魚の玉子とじ。

玲音嬢とビールで乾杯し、桃花嬢の到着を待つ間、ほやと焼き物、茄子の煮浸しなどを頼む。

ほやは初めてとのことだったが、新鮮なほやは、まるでフルーツのようでわずかに舌に残る苦みも酒を呼ぶ。

桃花嬢も到着し、改めて乾杯して、握りを。

この日はカウンターが満席で小上がりになってしまったのが残念だが、握りも、昆布で軽く締めたり、立て塩をしたりと丁寧な江戸前の仕事ぶり。

決して崩れないのに、口のなかでほどける酢飯の加減も見事だった。


若いふたりは意気投合、さっそくLINEのIDを交換していた。
posted by 城戸朱理 at 11:50| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手日報随筆賞選考会へ

IMG_7037.jpgIMG_7040.jpg



また、今年も岩手日報随筆賞の選考会の季節になった。

前日に盛岡入りして、グランドホテルアネックスにチェックイン。

夕食は、大通りのすし処かね田で。

この店のことは別にアップしたい。


選考会は、翌日、6月22日の16時からだったので、日中は、機屋でオールドコーヒーを買ったり、八百屋で網茸を買ったりしていた。

網茸は、子供のころ茸狩りで山のように採ったことがあるだけに懐かしい。

塩蔵して、塩抜きしたものを大根おろしに添えたり、酢の物にしたりする。


盛岡城跡公園は、新緑のトンネル、岩手日報社前の柳も素晴らしかったが、これは明治初めから銀座の並木として親しまれた柳が、戦後、郊外に移植されたて大半が枯死したなか、挿し木でよみがえらせた「銀座の柳」の三世になるそうだ。


選考委員の作家、平谷美樹(ひらや・よしき)さん、エッセイストの千葉万美子さんとも一年ぶり。

おふたりとも、本当にお洒落である。

今年になってから、文庫が次々と刊行され、「月刊平谷美樹」状態になっている平谷さんは、オーダーしたウィングチップのカントリーブーツに合わせて、リネンのジャケットにデニムパンツ。

千葉さんは、夏らしい全身、白のコーディネートだった。

去年、千葉さんは、繊細で美しい腕時計、カルティエのゴールドのパンテールをされていたが、今年は、カルティエのタンク・フランセーズだったろうか。

千葉さんは夏でも涼しげだが、選考は辛口、会議は、あれこれと紛糾しながらも、最優秀賞、優秀賞、佳作が決まった。


選考会議あとは、恒例、わんこ蕎麦で有名な直利庵での蕎麦会席。

冷酒が似合う季節になった。
posted by 城戸朱理 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする