サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年07月21日

食道園でカルビ&冷麺

IMG_7266.jpgIMG_7270.jpg



それから、食道園に移動して、いよいよバンビ期待のカルビ&冷麺。

食道園のカルビは、やや甘めのタレに漬け込んであり、すき焼きのように、溶き玉子につけて食べる。


先日、バンビが柳美里さんの引越しに立ち会ったときのこと。

なんと高校3年生になった柳丈陽くんが、お小遣いを貯めて、ひとりで盛岡に来ては、食道園でカルビ&冷麺をしているのが判明。

丈陽くんは、カルビ3、4皿に冷麺を食べ、川べりを散歩して、お腹が空いたら、またカルビ&冷麺。

なんと三食ともカルビ&冷麺を食べるほど気に入っているらしい。


「桂子さん、食道園のカルビは溶き玉子につけて食べるんですけど、美味しいんですよ!」と力説していたそうだ。

それを柳さんが「タケ! 桂子に教わったんだから、桂子は知ってるよ!」とたしなめていたというのだから、面白い。


マッコリで乾杯して、カルビと上カルビを焼いたのだが、「やっぱり、美味しい!」とバンビは御満悦。


盛岡冷麺の元祖、食道園の平壌冷麺は、牛骨で取ったスープも絶品で、丈陽くんはスープまで飲み干すそうだ。


「お腹が、ぽんぽんだよ〜」


かくして、盛岡の夕食は終わったのだった。
posted by 城戸朱理 at 07:18| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌッフ・デュ・パプで前菜を

IMG_7259.jpgIMG_7262.jpgIMG_7264.jpgIMG_7257.jpg



買い物した荷物をホテルに置いて、夕食に出かけることにした。

バンビことパンクな彼女は、「夕食は、食道園でカルビ&冷麺だよ!」と楽しみにしていたのだが、突然、「食道園の前に、ヌッフ・デュ・パプで、ベアレンを飲んで、生牡蠣をちゅるっと食べるのはどうかな?」と言い出した。

どちらの店も、ホテルから徒歩1分圏内だから、ヌッフ・デュ・パプで前菜、食道園で主菜というのは、名案かも知れない。


というわけで、映画館通りのヌッフ・デュ・パプへ。

まずは、地ビール、ベアレンの「夏のヴァィツェン」で乾杯。

白ビールを思わせる香りと軽さが、夏にふさわしい。

そして、バンビの狙い通り、生牡蠣があった。

陸前高田、広田湾産の生牡蠣は、日本屈指の大きさと味を誇るだけあって、通常の牡蠣の3〜4倍の大きさがあり、クリーミィで、なんとも言えない甘みがある。


「ニューヨークで食べたクマモトに似ているけど、海の香りが炸裂しているね!」とバンビ。


「クマモト」は、その名の通り、熊本原産だが、GHQの指令官だったマッカーサーが気に入ってアメリカで養殖を始めたおかげで、アメリカでは定着したが、熊本では絶えてしまった、小粒で濃厚な牡蠣である。

広田湾産の牡蠣は、たしかにクマモトに似ているが、大粒で磯の香りが強い。


さらに、旬のほや刺しを頼もうとしたら、バンビが「エグくないのかな?」と難色を示す。

ほやは鮮度が命で、新鮮ならばエグ味はなく、フルーツのようなさわやかさがあり、「海のパイナップル」と呼ばれるのが納得できるはずなので、とりあえず注文する。

種市の洋野町で100年を超える伝統のヘルメット式「南部潜り」で獲ったという天然のほやは、まさに「海のパイナップル」で、バンビが目を丸くしていた。


もう一品は、雫石チーズ工房のリコッタチーズと生ハムのコロッケを。

コロッケといってもジャガイモは使っておらず、割ると、生ハムの風味のチーズがとろりと溶ける。

これも、ベアレンによく合った。


ここまでが、前菜である。
posted by 城戸朱理 at 07:16| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機屋でコーヒーを調達して

IMG_7244.jpgIMG_7249.jpgIMG_7248.jpgIMG_7252.jpg



盛岡に到着し、映画館通りのグランドホテル・アネックスにチェックイン。

荷物を置くと、さっそくCUBEの機屋に行った。

コーヒーを調達するためである。


まずは自宅用にグァテマラ・カルメン農園の80年古木のティピカ種を200g。

古木のティピカ種は品種改良されていないコーヒーで、フルーティーな香りが特徴。

ほかに、今後の一週間の滞在で、500g弱が必要となるので、盛岡ブレンド、スマトラ・マンデリン、エルサルバドル・パカマラ各200gを購入し、こちらは挽いてもらう。

コーヒー豆が挽き終わるのを待ちながら、お店で頼んだのは、私がバリ・アラビカ神山1995年物のオールドコーヒー、バンビはハワイアン・コナ・プライム。

コナは、豆が100gで3000円もするプライムコーヒーだが、コナのイメージが崩壊するようなコクと華やかさ。

これまで、感心するコナ・コーヒーに出会ったことがないので、最近、コーヒーに凝っているバンビも喜んでいた。

アラビカのオールドコーヒーは、苦みと甘みがまったりと絡みつくようで、こちらも素晴らしい。

コーヒーゼリーも頼んでみたのだが、生クリームとコーヒー・リキュールが添えられ、ゼリーもしっかりとしたコーヒーの味がある。


美味しいコーヒーを堪能してから、カワトク・デパートの地下で必要な品を買い込んだ。
posted by 城戸朱理 at 07:12| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする