サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年07月27日

大沢温泉・豊沢の湯

IMG_7545.jpgIMG_7524.jpg



山水閣にある男女別の半露天風呂が、豊沢の湯。

ここは、いちばん広いだけではなく、深さもあり、バンビことパンクな彼女は、もっぱら豊沢の湯ばかり入っていたようだ。


洗い場も六つあり、混み合うことがなかったので、私もよく利用した。


かたわらを豊沢川が流れ、風が心地よい。


豪雨のあとなど、豊沢川も濁流となり、自然の表情も刻々と変わる。

ほかに変化といえば、日の光。

午後の傾いた光は、あらゆるものを、甦らせるようだった。
posted by 城戸朱理 at 08:32| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大沢温泉、御食事処やはぎの朝食

IMG_7543.jpgIMG_74840001.jpgIMG_7448.jpgIMG_7445.jpg



自炊部・湯治屋でも、前もって予約しておくと、御食事処やはぎで朝食を食べることができる。


朝定食は、620円(外税)。

御飯はおかわり自由で、温泉玉子、納豆などは別料金。

朝定食に温泉玉子をつけると、720円になる。


内容は、焼魚が鮭かほっけ、タラコか筋子が付き、小鉢はきんぴらごぼうか干し大根が交互に出るだけなのだが、素朴なだけに食べ飽きしない。

個人的には、焼魚に、鯵の干物や鰯の丸干し、鯖などのバリエーションがあればと思ったが、岩手のブランド米「ひとめぼれ」の御飯の美味しさは、目を見張るほどで、バンビことパンクな彼女は、


「んふ!
御飯が美味しくて、つい食べちゃうなあ!
温泉でダイエットするつもりだったのに、
ぽっちゃりしちゃったらどうしよう!?」


と困惑しながらも、美味しそうにパクパク食べている。


以前、柳美里さんと日本現代詩歌文学館でトークしたときも、柳さんの希望で大沢温泉に泊まったが、やはり、やはぎの御飯の美味しさに柳さんが驚いていたっけ。


目覚めたら、まず露天風呂に浸かり、それから素朴な朝食。

温泉宿に泊まると、自然と生活のリズムが出来ていく。
posted by 城戸朱理 at 08:27| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする