サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年07月28日

大沢温泉・南部の湯

IMG_7479.jpgIMG_7470.jpg



豊沢川にかかった曲がり橋を渡った対岸にある茅葺きの菊水館の男女別内風呂が、南部の湯。


木の湯船が心地よい。

南部の湯は、豊沢川と大沢の湯を見下ろす高台にあり、日中は窓が開け放たれているため、半露天風呂の気分。

大沢温泉の源泉は、50℃を超えるそうだが、南部の湯は、男湯ではいちばんぬるく、長湯が出来る。

そして、温泉にゆったり浸かっていると、時間が伸長し、止まるような感覚に満たされていく。

これは何なのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 04:53| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御食事処やはぎの昼食、その1

IMG_7467.jpgIMG_74630001.jpg



朝食のあとは、さらに2回ほど温泉に浸かり、昼食は、北上市に出かけた日を除いて、毎日、御食事処やはぎで取った。


メニューは豊富なのだが、名物は、大沢川の清流で育てた蕎麦粉100%の十割蕎麦。

大沢温泉やはぎでしか食べられない「大沢・純そば」である。


バンビことパンクな彼女は、この蕎麦が気に入って、夕食でも頼んでいた。


昼食時には、一杯だけ生ビールを。

7月16日は、もり蕎麦とざる蕎麦をもらい、天ぷらの盛り合わせを頼んだのだが、海老2本にキス、そして野菜各種の揚げ立ての天ぷらが800円と、良心的である。

面白かったのは、蕎麦の薬味に、大根おろしの汁が添えられていたこと。

これが柔らかな辛みで、蕎麦によく合った。
posted by 城戸朱理 at 04:49| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする