サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年08月01日

御食事処やはぎの昼食、その2

IMG_7618.jpgIMG_76230001.jpgIMG_7621.jpg



7月20日の昼食のとき。

バンビことパンクな彼女は、小海老の天ぷらを散らしたおろし海老天蕎麦を注文。


私は、生ビールと肴のひっつみを頼み、食事を何にするかメニューを見ていたら――


「城戸さんは、カツカレーにしてあげて!」とバンビが言い出した。


前から気になっていたおろし海老天蕎麦を注文したものの、バンビはカツカレーも食べてみたいのである。


まずは、ひっつみの味見をバンビに勧めてみた。

ひっつみは、岩手の郷土料理ですいとんのこと。

大根や人参、ゴボウなどの根菜類が入ったすまし汁に小麦粉のすいとんを入れるのが普通だが、やはぎでは、小麦粉にダッタン蕎麦が練り込まれており、ひっつみよりは、これまた郷土料理の蕎麦はっとに近い。


「んふ!
ちゅるっとして美味しいね!」


バンビは、ひっつみも気に入ったようだ。


カツカレーは、御覧のような大盛り。


ひと口食べてみたら、揚げ立てのトンカツといい、スパイシーなカレーといい、なかなかの出来だったので、バンビに試食を勧めたら――

これまた気に入ったらしく、あっという間に半分近く食べてしまったではないか。


「いっぱい食べちゃった!」


淡白な和食が続いたので、カツカレーが美味しく感じられたのだろうが、御飯そのものが極めつけに美味しいものだから、カレーやトンカツも、より美味しく感じるというところもあるのかも知れない。


ところで、やはぎのみならず、魚菜もそうだったが、このあたりの飲食店は、ポーションが大きい。

朝食の御飯は、たっぷり二膳分はあるし、蕎麦も、東京の二人前近い量。

注文には、注意が必要だ。
posted by 城戸朱理 at 07:06| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮澤賢治と大沢温泉

IMG_7499.jpgIMG_7522.jpgIMG_7496.jpgIMG_74810001.jpg



大沢温泉の自炊部・湯治屋では、部屋には扇風機だけ。

クーラーが入っているのは帳場の隣の待ち合いだけである。


戦前の雰囲気をたたえる待ち合いには、宮澤賢治が、浄土真宗の熱心な信徒だった父親に連れられて、花巻仏教会の講習会に来たときの写真が掛けられている。

賢治は、子供のころ、仏教講習会に連れられ、何度も大沢温泉を訪れたそうで、自炊部・湯治屋に泊まったこともあるのだろう。

曲がり橋の上で撮った少年時代の集合写真も残されている。


また、学生時代には、悪ふざけをして、湯を汲み上げる水車を止めてしまい、大騒ぎになったという愉快な逸話も。


後年、花巻農学校の教師をしていたときは、生徒を連れて来たこともあるそうだ。


岩手なら、温泉はいたるところにあるので、宮澤賢治にとっては、大沢温泉も日常のなかにあったのだろう。
posted by 城戸朱理 at 07:05| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自炊部・湯治屋の共同炊事場

IMG_7624.jpgIMG_7625.jpgIMG_7626.jpg



今回の大沢温泉滞在では、夕食3回を共同炊事場で準備した。

豊泉豪さんが泊まった夜は、佐助豚のしゃぶしゃぶがメイン。

しゃぶしゃぶ用に白菜を刻み、フルーツはメロンとさくらんぼ。

とうもろこしを茹で、佐助豚のソーセージをボイルし、佐助豚のコンフィを温め、シャンパンを開けた。

高橋昭八郎さんの思い出などを語り合いつつ飲んだのだが、忘れがたい一夜である。


自炊部・湯治屋の共同炊事場は、鍋に土鍋、フライパンや食器が完備され、電子レンジやトースターもある。

ガスは、10円を入れると7〜8分使える仕組みになっているが、なんともレトロで面白い。


バンビことパンクな彼女が、包丁やまな板、ゲランドの塩を始めとする調味料まで持ち込んでいたので、調理は手早く済んだ。


面白かったのは、共同炊事場で調理をしていた方々である。

自炊しているのは、男性ばかり。

山男の比率が高く、持ち込んだ食材で、手早く5、6品の料理を作っていたりする。

鰹とタコを引いて、プロとしか思えない見事なお造りを仕立てている人もいれば、自分で栽培した無農薬野菜や糠床まで持ち込んでいる人もいた。

女性はひとりしか見かけなかったが、冷房病で苦しみ、毎年、夏には2、3ヵ月を大沢温泉の湯治屋で過ごしているのだという。

共同炊事場にいると、互いに名前も知らないまま、なぜか話が弾み、顔見知りになってしまうが、これも自炊部ならではと感じ入った。
posted by 城戸朱理 at 07:04| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする