サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年08月05日

小町通りの舵屋

IMG_7683.jpgIMG_7686.jpgIMG_7689.jpgIMG_7691.jpg



7月27日も、午後から打ち合わせ。

夕方には終わったので、バンビことパンクな彼女と軽く飲んでから帰ることにした。


藤沢周氏が最近、小町の舵屋を贔屓にしているのを思い出し、行ってみたら、ちょうど暖簾を出しているところだった。

藤沢さんのみならず、文芸評論家の新保祐司さん御夫妻も、よくいらっしゃると聞いたが、あっという間に満席になり、予約の電話がひっきりなしに、かかってくるではないか。

知らぬ間に、人気店が出来ていたらしい。


藤沢さんが、魚が美味しいと言っていたので、まずはお刺身の盛り合わせを。

生しらすに地ダコが入っているあたりが、鎌倉らしいところ。

ちなみに小坪のタコは、明石のタコに劣らないほど、風味がよい。

ビールで乾杯したが、お造りには日本酒だろうと、バンビと日本酒を選ぶ。


まぐろ納豆は、海苔で巻いて。

あぶらとりレバーは、100羽に1、2羽の割合でしか取れない白レバーの刺身で、これも酒に合う。


水茄子一本漬けに至っては、塔のような盛り付け。


食事もできるので、忙しい新保祐司・智子夫妻が気に入られるのも納得したが、軽く飲むつもりが、日本酒をしっかり飲んでしまったのは、やはり肴のせいだろう。

ちなみに、「魚」という字は、もともとは「うお」と読んだが、酒の肴(さかな)にうってつけなので、「さかな」とも読むようになったそうだから、魚が酒を呼ぶのは日本人の遺伝子に刷り込まれているからに違いない。
posted by 城戸朱理 at 08:35| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする