サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年08月06日

仙台弁こけし!? その1

IMG_697800010001.jpgIMG_697600010001.jpgIMG_698200010001.jpgIMG_7728.jpg


「はかはかするう!」

キッチンからバンビことパンクな彼女の声が聞こえてきた。

はかはかしているのである。

「まんずどうもねー」

今度は何かに感謝しているらしい。

「はかはかする」は「ドキドキする」、「まんずどうもねー」は「どうもありがとう」という意味の仙台弁。

なんで、わが家で仙台弁が流行っているかというと、仙台のゆるキャラ、仙台弁こけしのせいである。


最初に発見したのは、ツイッターだった。

「いぎなしなまってるこけしだっちゃ!」

何なんだ、このキャラは!?

「いぎなし」は仙台弁で「とても」という意味らしい。

「仙台弁で宮城の魅力ば伝えっぺす!」


着ぐるみも存在し、仙台の東急ハンズでいづぬづ(一日)店長をしたりもしているが、こけしだから、当然、腕はない。

あまりにケッサクなキャラである。


バンビは、こけし風の髪型にして、生きているこけし=生(なま)こけしになって遊んでいたくらいだから、気に入らないはずがない。

それで、わが家では仙台弁が飛び交うようになったのである。


さらに、バンビが仙台に行ったとき、仙台弁こけしグッズをお土産に買ってきてくれた。


仙台弁こけし手拭い、仙台弁こけしシール付きの仙台弁こけし白石温麺、さらに仙台弁こけしお弁当トートバッグである。

トートバッグには、仙台弁こけし缶バッジを付けて、バージョンアップ(?)している。
posted by 城戸朱理 at 12:47| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする