サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2018年08月09日

『現代詩文庫 和合亮一詩集』(思潮社)、ついに刊行!

IMG_4516.JPG



ゼロ年代以降の現代詩を強大な腕力で牽引してきた和合亮一の現代詩文庫が、ついに刊行された。

しかも241巻『現代詩文庫 続・和合亮一詩集』も刊行を控えており、『詩の礫』で、被災地からの声を世界に発した詩人の卓越した仕事が、ようやく通覧できることになる。


解説は、若松英輔、山田亮太氏に城戸朱理。

裏表紙(表4)の推薦文は谷川俊太郎さんによるもので、「前衛になった現実に、和合さんは詩で追いつこうと今日も頑張っている」という言葉には、思わずうなずいてしまった。


シュリアリスティックな疾走感は、和合亮一が切り開いてきた時代の先端の所在をこよなく示すものであり、戦後詩的な暗喩に依拠しないその作品群は、詩の未来を開示するものとなることだろう。


『現代詩文庫 続・和合亮一詩集』の刊行が待ち遠しい。
posted by 城戸朱理 at 13:37| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする