サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2018年10月03日

昼食は、ぴょんぴょん舎で

IMG_5054.JPGIMG_5055.JPGIMG_5061.JPG



午前中の撮影を終え、昼食は盛岡駅前のぴょんぴょん舎で盛岡冷麺。

プロデューサーのバンビことパンクな彼女は、食事だけはきちんと時間を取って、クルーのみなさんに、その土地の名物を食べてもろおうというコンセプトなのである。


牛と豚のカルビの盛り合わせを焼き、チヂミをもらって、盛岡冷麺。


昼食のあとはジャンボタクシーで宮古に移動するだけだから、クルーにビールをすすめたら、高野さんは、なんとチョコレートパフェのほうがいいと言うではないか。

見た目と違って、実は甘党らしい。
posted by 城戸朱理 at 18:01| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫茶ふかくさで

IMG_5041.JPGIMG_5042.JPGIMG_5045.JPGIMG_5048.JPGIMG_5052.JPG



9月8日は、9時すぎから撮影が始まった。

今回、出演してもらうのは、若い歌人がふたり、工藤玲音さんと武田穂佳さん。

ふたりとも短歌甲子園で優勝した経験を持ち、武田穂佳さんは大学一年で、寺山修司の最年少記録を更新して、短歌研究新人賞を受賞。

工藤玲音さんは、短歌のみならず、エッセイにも健筆を振るい、『わたしを空腹にしないほうがいい』が文庫化されたばかりである。


撮影は、中津川ぞいの喫茶ふかくさで。

工藤さん、武田さんに、なぜ短歌を書き始めたのか、東日本大震災のとき何をしていたのかを語ってもらった。


撮影の合間に、ふたりはカタツムリの赤ちゃんを見つけて夢中で写真を撮っていたが、そこまでちゃんとカメラに収めた高野大樹さんは見事だった。
posted by 城戸朱理 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三寿司でひと休み

IMG_5029.JPGIMG_5032.JPGIMG_5034.JPGIMG_5037.JPGIMG_5038.JPG



番組の導入となる盛岡の実景撮影を終え、ダイワ・ロイネットホテルへ。


出演者とクルーの顔合わせとなる夕食までは時間があったので、私は書店を覗きに出かけた。


喉が渇いて仕方がないので、三寿司でビールを飲むことにする。

納豆巻きを考案したという三寿司は、前回、初めて訪れ、コストパフォーマンスの高さに驚いた店だが、お好みでつまんでも安い。


生ビールをおかわりしながら、北寄貝、ぼたん海老、小肌、北寄貝の貝柱を握ってもらう。

中トロ、赤貝にウニといくらをもらって、日本酒にかえ、巻物は納豆巻き。


貝は活貝だし、ネタはいい。それでも握りの値段は2000円を超えるほどではないだろうか。


夕食は、バンビことパンクなプロデューサーが、大通りの「やみつきホルモン利久」を予約していたので焼肉だったのだが、私は焼く係に専念し、飲むだけにした。
posted by 城戸朱理 at 17:31| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡での撮影

IMG_5009.JPGIMG_5013.JPGIMG_5012.JPGIMG_5014.JPGIMG_5018.JPG



盛岡に到着したのは、13時33分。

そのまま、駅舎や駅前の石川啄木の歌碑、さらに開運橋から北上川を撮影した。

晴れていれば、開運橋から岩手山が望めるのだが、残念なことに厚い雲がかかっている。


今回のカメラは高野大樹さん、VEが戸田裕士さん。

ベテランだけに仕事が早い。


宮沢賢治が学生時代の下宿で使っていた井戸水を引いた賢治清水、賢治の詩碑、そして盛岡城跡とロケは続き、
最後に中津川ぞいにあるいて上の橋の慶長年間に銘がある擬宝珠を撮影した。


盛岡市役所の裏を流れる中津川には、じきに鮭が産卵のため遡上してくる。
posted by 城戸朱理 at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロケに出発

IMG_4998.JPGIMG_5002.JPGIMG_5004.JPG



9月7日、震度7という北海道大震災の衝撃を抱えたまま、新番組「故郷を生きる」のロケに立ち会うため、盛岡に旅立った。

バンビことパンクな彼女とお弁当を調達して、東京駅でクルーと落ち合う。


今回のディレクターは、長年、CMディレクターをつとめてきた久保田潤さん。

平泉を過ぎて、盛岡に近づくと、稲穂が広がっていく。


「昔、盛岡近郊の牧場で
沢口靖子さんのCMを撮影したことがありました」と久保田さん。


今回はCMではなく、ドキュメンタリーだが、バンビが作ったロケ・スケジュールは完璧だし、うまく行くことだろう。
posted by 城戸朱理 at 17:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする