サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2019年11月07日

再び、藤沢の昇へ、その2

IMG_9379.JPGIMG_9384.JPGIMG_9381.JPGIMG_9391.JPGIMG_9388.JPG



ここからは、ゆっくりつまみながら飲むべく、バンビと相談して、タコの唐揚げ、さらにジャガイモの唐揚げ・アンチョビバターと里芋饅頭を頼んだ。

しかし、バンビはやはり飲むのよりも食べるのに夢中である。


タコの唐揚げは柔らかく味わい深く、ジャガイモのアンチョビバターの風味はビールか白ワインに合いそうだったので、ビールも追加。

素晴らしかったのは里芋饅頭で、鴨肉の餡を里芋でくるみ、出汁が張られている。

鴨肉の濃厚な旨みがまったりとした里芋と相まって、日本酒が進んだ。


さらに、バンビが焼鳥を食べてみたいと言うではないか。

昇の焼鳥は、もも肉一枚を丹念に焼き上げたもので、塩かタレが選べるが塩で焼いてもらった。

鶏自体がいい肉なのだろうが、皮はパリッと、肉は口のなかで肉汁がほとばしる。


「凄いよ!
皮がパリッとして、とても美味しいよ!
これは熱いうちに食べなくっちゃ!」


そして、その結果ーー


「んふー、お腹がぽんぽんだよー」


バンビは食べ過ぎで、お腹がぽんぽんになり、帰宅するやいなや、ころりと寝てしまったのだった。

パンクだから仕方がないが、いいのだろうか、これで?
posted by 城戸朱理 at 11:55| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再び、藤沢の昇へ、その1

IMG_9394.JPGIMG_9362.JPGIMG_9370.JPGIMG_9372.JPGIMG_9376.JPG



パリで開催される「日本のヴィジュアル・ポエトリー」展に出展する作品の制作を終え、11月2日の講演「乱世の言霊 大伴家持」も盛会のうちに終えることができた。

新保裕司・智子夫妻や澁澤龍子さんもいらして下さったが、講演のとき、知り合いの顔が見えると私はやりやすくなる。

一昨年に島崎藤村を語ったときなど、藤沢周氏が来てくれたので、藤村が影響を受けた北村透谷のことを藤沢さんに話を振って語ってもらったりしたっけ。

当日はレジュメ6枚を配布して、お話をさせていただいたのだが、やはり90分では時間が足りなかったので、最後は駆け足になってしまったが。


打ち上げのあとは、若宮大路のスポーツ・バーでラグビーW杯決勝戦、イングランドvs南アフリカを観戦。

初戦でニュージーランドに破れた南アフリカが、ニュージーランドを撃破したイングランドを下して優勝したが、このあたりのティア1(伝統国)は実力が伯仲しており、どの国が優勝してもおかしくないし、どの試合も凄い。

さすがに疲れを覚え、3日は外食することにした。


今年は鎌倉にいる時間が取れるようになったおかげで、私が料理をすることが増え、外食する機会が圧倒的に減ってしまったものだから、バンビことパンクな彼女が久しぶりの外食を喜んでいる。


バンビと相談して、藤沢の昇に行くことにした。


まずはエビスの生で乾杯する。

突きだしは、栗豆腐、大豆とコンニャクと鰹の煮物、食感のいい隼人瓜の白和え、株とサーモンの押し寿司。

定番のおからと牛筋の塩旨煮をもらって、三陸産の生牡蠣。

ここで日本酒にかえ、お造りはイカに鰹の塩叩き。


「んふ、どれから食べようかな。
このイカ刺しは、甘みがあって本当に美味しいね!」


バンビは飲むのも忘れて、ひたすら食べている。

今年はイカが不漁で値段も高騰しているが、板前さんによると、北朝鮮の漁船の乱獲が原因らしい。


「食べるのに夢中になっちゃったなあ!
ゆっくり食べよう!」


入店して30分ほどで、注文した料理をあらかた食べ尽くしてしまったのである。
posted by 城戸朱理 at 11:55| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする