サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2019年11月17日

神野紗希さんと遭遇!?

IMG_8425.JPG



町田天満宮の骨董市を歩いて汗だくになり、少しでも涼しいところを歩こうと冷房の効いたビルを縫うように歩いていたときのこと。

バンビことパンクな彼女が、突然、声をかけられた。


「バンビさん!」


バンビのことを嬉しそうにバンビと呼ぶのは吉増剛造さんだが、誰かと思ったら、なんと神野紗希さんではないか!


国立に住んでいる神野さんと、鎌倉からやってきた私たちが町田で偶然、出会う確率は、どれくらいなのだろうか。

人口20万以下の都市だと、偶然、隣り合わせた人がいるとして、友人の友人くらいには共通の知り合いがいるというが、これは人口17万強の鎌倉で暮らしていると、よく分かる。

だが、東京ではありえない話だろう。


聞けば、神野さん、町田で俳句の教室の講師をされているのだとか。


さらに、8月26日にも思いがけない出会いがあった。

東京のとある駅で、ロンドンに帰る友人を、羽田行きのリムジンバスの乗場まで送っていったときのこと。

突然、バンビが「貴子ちゃんだ!」と言って、走り出した。

なんと、嶺川貴子さんではないか!


カヒミ・カリィと並ぶ、かつての渋谷系の女王は、今やアメリカが本拠地。

ギタリストのダスティン・ウォンと北米ツアー、さらには中国ツアーを成功させたが、まさかバス停で遭遇するとは。

嶺川さんも驚いていたが、これからLAに戻るところだという。

嶺川さんとバンビは、共通の友人のことなどで盛り上がっていたが、世界は広いようで狭く、狭いようで広い。
posted by 城戸朱理 at 16:26| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町田天満宮の骨董市で

IMG_8420.JPGIMG_9471(1).JPGIMG_9477.JPG



今年の夏も暑かった。

猛暑のなか、バンビことパンクな彼女が久しぶりに町田天満宮の骨董市に行こうと言い出したのは8月1日のこと。

何をしていても暑い。

どうせ暑いのなら、炎天下、骨董市に行くのもいいかと思ったのだが、歩いているだけで汗が噴き出してくる。


久しぶりの町田の骨董市はずいぶんと様変わりしていた。

戦後、昭和中期の物が増え、客もまばらで、活気がない。

酷暑のせいかも知れないが、景気を反映しているのだろう。


驚いたのは、昭和後期から平成にかけて、骨董の代名詞だった古伊万里が激しく値崩れしてしまったことで、酒盃になりそうな更紗文の猪口を求めたのだが、以前の半値どころか、四分の一くらいの値付けだった。


かつては西荻窪に店があった「しろねこ家」で見つけたのが、李朝の平茶碗。

李朝初期、15〜16世紀の所産で、どうということもない茶碗だが、見たとたんに、これでお茶漬けを食べたら涼しげだろうと思って手に取った。


バンビが町田に行きたがるのは、柿島屋で馬刺しとさくら鍋か、いくどんで焼肉を食べさせてもらおうという魂胆なのは分かっている。

この日は、いくどんで炭火の煙に巻かれながら焼肉とビールで暑気払いをした。
posted by 城戸朱理 at 16:23| 骨董・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都、東寺の骨董市で

IMG_6501.JPGIMG_6504.JPGIMG_6686.JPG



今年は骨董屋も骨董市も、ろくに覗いていないが、1月に番組ロケの合間を縫って、石田瑞穂くんと東寺の弘法市に立ち寄ることができた。

地元で「弘法さん」と呼ばれ、親しまれている弘法市は、骨董市と言っても縁日のようにたこ焼など食べ物の露店や漬物や干物など、さまざまな店が並ぶので、そぞろ歩きしているだけで楽しい。


瑞穂くんは酒器を中心に見ている。


木箱を並べて、大量の盃や猪口を売っている業者さんがいたので、ふたりで漁ってみた。

幕末、明治あたりから昭和中期のもので、500円均一。

同手のものを探して、二十客ほど買っていた先客がいたが、お店で使うのだろう。

東京と違って、京都だと骨董を使っている店が多いが、居酒屋でも江戸後期から幕末あたりの器を使っている店は少なくない。

こんなふうに、毎月、21日に開催される東寺の弘法市や24日の北野天満宮の天神市などで、みつくろうのだろうか。



私が選んだ盃は二点。

雑多な盃のなかでは比較的、古手で幕末から明治あたりのもの。

盃として使うかは分からないが、珍味を盛ってもいいだろう。

なにせ、ふたつで1000円である。


弘法市では韓国の業者が必ず出店しており、李朝の白磁などを並べているが、そこで求めたのが高麗青磁の輪花小皿。

鈍い発色で発掘品だが、14世紀あたりのものだろうか。


いずれもコートのポケットに納まる小さな、そして、ささやかな買い物だが、せっかく骨董市に出かけるのなら、何かひとつでも見つけて帰りたいと思うのが、病人の心理である。
posted by 城戸朱理 at 00:34| 骨董・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする