サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2020年03月09日

原成吉『アメリカ現代詩入門』刊行記念トークへ

IMG_1172.JPGIMG_1161.JPG


2月23日は、「かまくら春秋」の創刊50周年記念号に寄せるエッセイを執筆。


「かまくら春秋」は伊藤玄二郎代表が、鎌倉文士の長老、里見クに「鎌倉には文士が大勢いるんだから、鎌倉で出版社を」と言われて始めた会社だが、文芸タウン誌「かまくら春秋」は、4月号で600号になるそうだ。


依頼は、「身辺雑記」。


こういう依頼がいちばん難しい。


ブラジルの「ノイガンドレス」のメンバーで、戦後、ブラジル大使館の文化公報官として東京に13年を暮らし、北園克衛や新国誠一を海外に紹介したL.C.ヴィニョーレスが、鎌倉の大仏をよく訪ねたと語っていたのを思い出し、メールを送ったら、当時の写真を添えた返信が。ヴィニョーレスは今年で87歳になるが、大仏を背にした写真には、青年の彼が写っていた。




24日は『アメリカ現代詩入門』刊行記念イベント、原成吉先生とのトークのため渋谷のBAG ONEへ。


原先生はホイットマン、パウンド、ボブ・ディランの短詩のハンドアウトを用意して、トークに臨まれた。


原先生がアメリカ詩の本質を縦横に語るかたわらで、私も先生の問いかけに答えたのだが、2時間では、まるで時間が足りない。


とりわけ、ロックに話が及んだときの原先生の脱線ぶりが最高だった。



原先生が指摘したように、「アメリカ」が民族を前提としない実験の国家であり、そこにこそ根差したアメリカ詩の生成を考えることはとくに重要だと思う。


会場には遠藤朋之氏を始めとして原先生のかつてのゼミ生が集い、盛況だったが、ヤリタミサコさんの顔も。


菊石朋さんも、このトークのために大阪から来てくれた。


菊石さんは、ロバート・ブライらとともにディープ・イマジストとして知られるミネソタの詩人、ジェームズ・ライトに関心があるのだとか。


バンビことパンクな彼女は「朋ちゃんが来てくれるよ!」と喜び、連絡を取って同じホテルを予約していたのだった。



トーク後の打ち上げは、台湾料理の麗郷で。


この日は半蔵門のホテル・モントレ泊まりとなった。
posted by 城戸朱理 at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする