サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2020年07月03日

東京アラートの意味は?



アメリカの新型コロナウイルスの感染者は268万人を、死者は12万8千人を超え、22の州が経済活動制限の措置に踏み切った。


1日で新規感染者が5万2千人超と過去最多を記録したというニュースには愕然としたが、アメリカはコロナ抑制に完全に失敗しており、トランプ大統領の再選はなくなるだろうという予測が語られるようになった。


一方、日本でもアメリカほどではないとはいえ、新規感染者が増え、東京では、7月2日の新規感染者が107人と、5月2日以来の100人超えとなった。

北米や南米に比べると、アジアの被害が少ない理由は分からないが、アジアではコロナ対策に失敗した劣等生でしかない日本が、このまま終息を迎えられるのか、それとも感染が拡大していくのかは、都道府県を越えた移動自粛要請が解除されてから二週間となる今週末を待たないとはっきりしないだろう。


それにしても、東京都知事の「東京アラーム」とは何だったのだろうか?

たんにレインボーブリッジと都庁を赤くライトアップしたかったのだとしか思えない。
posted by 城戸朱理 at 10:42| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

パンダ・バルでスパークリング、その2

IMG_2429.jpgIMG_2420.jpgIMG_2432.jpg



そして、イベリコ・ベジョータをフライパンで焼き、オーヴンで仕上げたプランチャ。


トルティージャは野菜とチーズ入りを頼み、食事はSサイズのパエリアにした。


外食は、今後も控えていかなければならないだろうが、コロナ対策をしっかりとしている店なら、空いている時間帯に利用したいものだ。

ちなみに、この日は入店時は私たちだけ、その後、カウンター席にはちらほらとお客さんがいたが、帰るときには私たちだけになっていた。

誰もが長居するのを避けているのかも知れない。
posted by 城戸朱理 at 23:19| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンダ・バルでスパークリング、その1

IMG_2410.jpgEffect_20200628_121701.jpgIMG_2416.jpgIMG_2418.jpgIMG_2434.JPG



新型コロナウイルスを警戒して、美容室に行くのも控えていた。

私の髪はバンビことパンクな彼女が上手にカットしてくれたが、女性の髪は私の手には負えない。

暑くなってきたし、久しぶりに若宮大路のユアーズに予約を入れて、髪を切ってもらうことにした。


私もバンビも担当は杉山店長なので、まず私がカットしてもらって、バンビが切ってもらう間に、島森書店やたらば書房を覗く。


髪を切るだけでも、緊張を強いられる日が来るとは。


バンビはお気に入りのヴィヴィアン・ウェストウッドのパグ柄ワンピースを着て、髪も短くなりご機嫌である。

さっそく、LINEで柳美里さんに写真を送っていたようだ。



せっかくなので、久しぶりに、御成通りのパンダ・バルに寄って、軽く飲むことにした。

コロナ対策で、カウンターと調理場はビニールシートで仕切られ、奥の半個室もテーブルを減らして、ひと組だけ。

さまざまな工夫をしているのに感心する。


いつものようにポルトガルの微発泡のロゼ、ヴィーニョヴェルデをボトルでお願いして、ピンチョスを全種類もらう。

スペインのバルの定番、ししとうの素揚げにマッシュルームの生ハム詰めのフリット、さらにバンビの大好物、ハモン・イベリコ・ベジョータを切ってもらった。


「イベリコ・ベジョータは、ドングリを食べて育ったんだから、バンビもドングリを食べているようなものなんだよ!」


違う。

明らかに違うし、イベリコ・ベジョータの生ハムの奥深い味から、ドングリを想像するのはーー難しい。
posted by 城戸朱理 at 22:33| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする