サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 「鎌倉ペンクラブ」会報 第13号

2015年07月31日

「鎌倉ペンクラブ」会報 第13号

__1873.jpg



鎌倉ペンクラブの会報、13号が刊行された。

里見惇(正しくは弓扁)や久米正雄らを長老に、まだ若い小林秀雄や川端康成、深田久弥らが、第一次鎌倉ペンクラブを発足させたのは、昭和8年のこと。


昭和36年にいったん解散したが、第二次鎌倉ペンクラブが発足してから、もう10年になる。

私は、発足当時は、まだ鎌倉在住ではなかったのに、なぜか、鎌倉の飲み屋に詳しいという理由で(?)誘われ、最初から会員だったが、鎌倉プリンスホテルで開催された設立総会でお目にかかった井上ひさしさん、二代目の会長をされた早乙女貢さんも、すでに亡くなられ、会報も13冊になるのかと思うと感慨深いものがある。


会報では、城戸朱理特集を組んでもらったこともあるが、今号の特集は、俳句。


鎌倉に最初に移住した文学者は高浜虚子だけに、鎌倉で俳句と言えば、「ホトトギス」系というイメージがあったが、
今回の特集では、「未定」の高原耕治氏、「天為」編集長の天野小石氏らが俳句とエッセイを寄せており、私も「白猫記」というタイトルで6句を寄稿した。

鎌倉駅東口、若宮大路の島森書店などで扱っているので、興味のある方は、鎌倉散策の途中で覗いてみて下さい。
posted by 城戸朱理 at 14:44| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする