サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: ミッシェル・ナカジマ開店10周年記念メニュー、その3

2015年10月27日

ミッシェル・ナカジマ開店10周年記念メニュー、その3

__1552.jpg__1551.jpg__1550.jpg__1549.jpg



デセールの前に、マダムに「フロマージュはいかがですか?」と勧められた。

私たちが、酒飲みなのを、よく御存知らしい。

フロマージュは、私とバンビに違うものを用意してくれたのだが、この細かな心使いが嬉しい。

バンビには、ブルーオーヴェルシュ、シダの葉の香りが残るフージュルー、そして、ロワール地方のヴッシュ・ド・ルッセを。

私には、イタリアのクアルティーロ・ロンバルド・スタジオナート、見た目は石鹸のようなシェーブル、ブリケット・デュ・ノール・ドミノ、そしてモンドール。

白トリュフの香りの蜂蜜が添えられている。

すると、すかさずバンビのフォークが伸びてきて、私のチーズをさらっていった!


デセールは「バニラ風味のババロアとチョコレートのプティポー ラズベリーのジュレと濃縮ミルクアイス」で、ふだんは甘いものを食べないバンビも喜ぶ。


ミニャルディーズとダブルエスプレッソで食事は終わったのだが、ワインとフロマージュを除いて、このコース料理が、サービス料10%はつくが、なんと5000円。

原価割れしているのではないかと心配したが、「10年やってこれたのは、みなさまのおかげです。シェフはシャイなので、お料理でお礼を」とマダム。

そのシャイな中嶋秀之シェフを引っ張り出し、記念撮影していたのは、バンビことパンクな彼女だった。
posted by 城戸朱理 at 06:31| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする