サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 打ち合わせ、そして執筆

2015年11月26日

打ち合わせ、そして執筆



18日は静岡でゆっくりして、夕方に戻る予定だったのだが、井上春生監督から急ぎの打ち合わせの要請があったので、まっすぐ鎌倉に帰ることにした。

11時にホテルをチェックアウトし、柳美里さんへの「ハガキ・プロジェクト」の葉書を投函してから、新幹線の切符を変更し、東京行きに飛び乗る。

移動の時間は、読書の時間でもある。

今回、静岡には3冊の本を持参したが、ホテルと往復の車中で、3冊とも読み終えた。

小田原から東海道線に乗り換え、藤沢で下車してタクシーで帰宅したのは2時。


小憩して、「毎日新聞」月評のために取り上げる詩集を、再読して選ぶ。


6時過ぎにバンビことパンクな彼女と出かけ、井上監督と鎌倉駅で落ち合って、クルベル・キャンへ。

一目見るなり、井上監督に「城戸さん、疲れてますね」と言われたが、移動続きの生活で、疲れを癒す暇がないのだから、どうしようもない。


クルベル・キャンで、じゃがいものフリットやフルーツトマトのカプレーゼ、平目のカルパッチョなどを頼んでから、次回の吉増剛造さんの京都ロケについて打ち合わせる。

ピザはクワトロフォルマッジ、パスタは活ワタリガニのトマトソースにしたのだが、井上監督は、どちらも気に入っていた。

最後はステーキ。

ただし、私は外食に疲れ気味なので、ほとんど食べず、もっぱら飲むのに専念。


鹿児島、駒場、静岡での講演や朗読を終えたので、月末の京都ロケまでは、しばらくどこにも出かけずに済むのが嬉しい。


京都行きの前に書かなければならない締切は7本。

翌日は、まず「毎日新聞」の詩の月評を書き上げてメールしてから、静岡から送り出したトランクを解き、荷物を整理した。

続けて、「表現者」の特集座談会のテープ起こしに手を入れ始めたのだが、しばらくは執筆の日々が続くことになる。
posted by 城戸朱理 at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする