サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 吉増さん行きつけのイタリアンで

2015年11月27日

吉増さん行きつけのイタリアンで

__1193.jpg



京都ロケに先立つ吉増剛造さんの書斎での撮影は、カメラ2台を使い、2時間半ほどで終了した。


6時に吉増さんが予約してくれたイタリアンに席を移す。

まずは、「ここのしらすピザは美味しいよ」と吉増さんが石窯で焼き上げるピザをオーダー。

江戸時代、大川と呼ばれた隅田川は白魚の産地として知られた。

徳川家康も白魚を好み、白魚は佃島の漁師だけが捕ることを許された「御止魚(おとめうお)」で、江戸城に献上された。

家康の死後、解禁になったものの高価だったという。


白魚としらすは厳密には違うものだが、隅田川のそばのイタリアンが、しらすピザを出すのは、いかにもという気がしないでもない。


ワインは私がセレクトを任されたので、タンニンがしっかりしたフルボディの赤をボトルでもらう。


バーニャカウダ、パルマ産生ハム、じゃがいものアンチョビソース、鶏白レバーのパテ、海老とマッシュルームのアヒージョなどを頼んで、ローライフレックスなどカメラを話題に、ワイングラスを傾けた。


吉増さんのお宅でハーフボトルのシャンパン2本と赤ワイン1本を開け、さらにお店で2本目の赤ワインまで頼んだのだから、しこたま飲んだことになる。
しかも、井上春生監督は車の運転があるので飲まなかったのだから、ほとんど吉増さんと私が飲んだことになるが、愉快な夜だった。
posted by 城戸朱理 at 13:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする