サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 詩論集『洪水の後で』

2015年11月30日

詩論集『洪水の後で』

__11220001.jpg



私が最初にまとめた詩論集は、2004年に「現代詩手帖」に連載した「手帖時評」を中心にした『潜在性の海へ』(思潮社、2006)だった。


その後、29歳から30歳にかけて連載した「手帖時評」を中心に、20代後半から30歳にかけて書いた論考をまとめた『戦後詩を滅ぼすために』(思潮社、2008)を刊行した。

私としては、この本は『海洋性』という書名を考えていたのだが、編集部の意見を容れて、タイトルを変えたのだが、それが、ジャーナリストの視点というものなのだろう。

かわりに「The Regeneration of Alexandria」という英題を表紙に入れたが、これは「手帖時評」連載時のタイトル「アレクサンドリアの復興」を英訳したもので、アレクサンドリアの大図書館の復興、すなわち戦後詩の歴史化という想いを籠めたものだった。


その後、1990代に執筆したものを集成する『都市の文書』は、入稿原稿を思潮社に渡したものの、
担当の亀岡大助氏との打ち合わせが進まないまま、亀岡氏が退職して、宙に浮いたままになっている。


さらに『潜在性の海へ』以降に短期集中連載を含めて執筆した「洪水の後で After the Flood」は、昨年の2月には書き終えたのに、日々の仕事に追われて、いまだに入稿できないままだ。


『潜在性の海へ』以降に発表した詩をめぐる文章は、すでに400字詰め原稿用紙で1000枚を超えているが、とりあえず『洪水の後で』をまとめ、年明けには編集部に渡したいと思っている。


それから、散文詩についての考察を含む『都市の文書』をどうするか、編集部と相談していきたい。


原稿を書くというのは、孤独な作業だ。

逆に言うならば、ひとりでいることが何よりも重要になる。

ひとりの時間を、いかに作るか。

ひとりの時間をどれだけ増やしていけるか。

それが、目下の課題である。
posted by 城戸朱理 at 04:58| 城戸朱理の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする