サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 吉増剛造さんとごだん宮ざわへ、その1

2016年01月31日

吉増剛造さんとごだん宮ざわへ、その1

__1456.jpg__1452.jpg__1446.jpg__1428.jpg__1445.jpg



吉増剛造さんを初めて「ごだん宮ざわ」にお連れしたのは、昨年の春のことだったが、
たいへん気に入られ「夢のように美味しいねえ」とおっしゃるものだから、吉増さんの撮影のときは、出来るだけ、ごだん宮ざわをスケジュールに入れるようにした。

だから、春夏秋冬4回の撮影で、吉増さんがごだん宮ざわに行くのは、今回で6回目。

そのうちの2回は東直子さん、そして、高柳克弘・神野紗希夫妻との会食だった。


吉増さんが、掛軸の前の席を希望されたので、吉増さんの席はカウンターの右端に。

前回は千利休の消息だったが、今回は古田織部の書だった。


「帰ってきたねえ」と吉増さん。


いつものように、煎米茶から。

この楽九代了入の赤楽はぐい呑みにもなりそうだ。


濁り酒、古都の一献に続く先付けは、ぐじ(甘鯛)の蕪蒸し。

古伊万里の色絵碗の蓋を取ると、ふうわりした蕪蒸しが姿を表わす。


お碗は、のどぐろに壬生菜と舞茸。

日月椀は、初代が北大路魯山人の漆器を手がけた二代村瀬治兵衛のもので、私の好きな器である。

のどぐろの脂が出汁に浮き、奥深い旨みの椀だった。
posted by 城戸朱理 at 08:04| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする