サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 澁澤龍子さんの手料理

2016年04月15日

澁澤龍子さんの手料理

__1010.jpg__1008.jpg__1007.jpg__1005.jpg



澁澤龍彦邸では、書斎も書庫も自由に見せていただけるので、山内功一郎、スティーブ・コルベイユ両氏は、しばし迷宮のような書斎と書庫を見て歩き、記念撮影をしていた。

澁澤邸では居間や書斎はもちろん、キッチンやバスルームの入口の壁まで絵画やオブジェが飾られているので、博物館のようである。


しかも龍子さんは料理がお上手なので、澁澤邸でのパーティーは、龍子さんの手料理も楽しみだ。

澁澤邸の裏山で採れた筍は、アクもなく実に美味しかったが、なんとスティーブ・コルベイユさんが大の筍好き。

一週間、筍が続いてもいいと言うのだから、トミー・リー・ジョーンズが好きな和食を聞かれて、「鮎の塩焼」と答えたときと同じくらい驚いた。


澁澤龍彦先生も筍がお好きで、よく掘りに行ったという。

澁澤先生は、つくしを摘むのもお好きで、いつも、どうしてそんなにというほど摘んでいたと龍子さんが笑われていた。

つくしの炒め物は梅肉が効いており、酒にうってつけだ。


タコのマリネ(写真なし)は、コリアンダーが実によく合う。

龍子さんは、ほかにも切ると出汁がしみだす人形町の鳥忠の玉子焼きや銀座のフレンチ・レストランが作った牛の生ハムなど珍しいものを出してくれた。
posted by 城戸朱理 at 07:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする