サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: ホテル・マリオットのd.k.ステーキハウスで、その2

2016年10月29日

ホテル・マリオットのd.k.ステーキハウスで、その2

__1212.jpg__1210.jpg



さらにキングクラブ・レッグを溶かしバターで。


ステーキは、30日熟成のリブロースをミディアムレアで焼いてもらった。

付け合わせは、ライスとクリームド・スピナッチを頼む。


ステーキは、私が切り分けたのだが、驚くほど柔らかい。

バンビことパンクな彼女も、私がナイフを入れる様子を見ただけで、「凄く柔らかいね! ふわふわじゃない!」と驚いていたが、実際、力を入れなくても、ナイフがすっと入っていく感じなのだ。

柔らかいだけではなく、旨みが口のなかではじけて、長く余韻を残る素晴らしいステーキだった。


ハワイであれ、メインランドであれ、アメリカのステーキは、どこで食べても、和牛とは違った美味しさがある。IMG_4392.JPGIMG_8023.jpg
posted by 城戸朱理 at 06:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする