サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 鏡花の極醤油ラーメン

2016年11月21日

鏡花の極醤油ラーメン

__1363.jpg



バンビことパンクな彼女は、鏡花のラーメンを食べたことがないので、お昼に連れていった。

ラーメン王、石神秀幸が「日本で五指に入るラーメン職人」と絶賛した有名店だが、バンビはまず、店内の様子に驚いている。

まるで、バーのように暗い店内は、夜の山家の雰囲気。

泉鏡花『高野聖』に魅せられた店主が、鏡花の小説世界を意識したのだという。

目指すは、幽玄。

こんなラーメン屋は、鏡花だけだろう。

客席ごとに小さなランプがあり、ラーメンを照らすようになっている。


頼んだのは、極醤油ラーメン。

一杯、1000円と、ラーメンにしては割高だが、5種類の醤油と味醂を合わせたタレと鶏を主体とした奥行きのある柔らかなスープ、
小麦の香りが口のなかに広がる国産小麦の平打ち麺に三元豚のチャーシュー、味付け玉子と、尋常ではない完成度。


麺をひと口食べたバンビが「美味しい!」と目を丸くしていた。
posted by 城戸朱理 at 07:58| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする