サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 新保祐司さんの新著を祝う集い@銀座ライオン

2016年11月22日

新保祐司さんの新著を祝う集い@銀座ライオン

__0780.jpg__0779.jpg



文芸評論家で都留文化大学副学長の新保祐司さんの新著『「海道東征」への道』(藤原書店)と『散文詩集 鬼火』(港の人)の出版を祝う会が、11月17日に、銀座ライオンで催された。


新保さんが、詩を書いていたのは知らなかったが、『散文詩集 鬼火』は、22〜23歳のとき、新保さんの東大時代の作品だという。


パーティーは、作家、辻原登さんの挨拶から始まった。

「百年後に残る作品は、叙事詩だけです」と辻原さんは、新保さんの仕事の叙事詩性を讃えたが、
「叙事詩」の例として挙げられたのが、大佛次郎『天皇の世紀』で、辻原さんは、詩そのものではなく、作品の叙事詩性に着目されていることになる。


評論家、川本三郎さんの洒脱なスピーチのあと、評論家、西尾幹二さんも挨拶に立たれたが、西尾先生の世代にとって、小林秀雄は触れることがタブー視されるほど巨大な存在だったというお話が、印象深かった。


会場には、澁澤龍子さんや富岡幸一郎さん、芦澤泰偉さん、倉和男さん、石川洋一さん、ジャズシンガーの阿川泰子さんなど鎌倉組の顔ぶれも。

やはり、鎌倉在住の政治学者の御厨貴さんの姿もあったが、斗夜子夫人とも初めてお会いした。


ふだんのパーティーとは顔ぶれも違うし、年齢層も高い。

いささか緊張する会だったが、御主人の著作をまったく読んだことがないという新保智子夫人が、「みなさんのお話を聞いて、新保が、どんな仕事をしていたのか分かりました」と感銘を受けられていた様子が素敵だった。
posted by 城戸朱理 at 11:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする