サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 「Edge 吉増剛造篇」、動画配信スタート!

2016年12月16日

「Edge 吉増剛造篇」、動画配信スタート!



2001年から、私の企画・監修で始まったアート・ドキュメンタリー「Edge」では、吉増剛造さんのコンテンツが3本ある。


最初は、2001年に、奄美大島で撮影された「浦島太郎の目」「心に刺青するように」の2本。

このコンテンツをもとに、テレコムスタッフが、翌年、再撮影を敢行し、厚みを増したドキュメンタリー映画「島ノ唄」が完成した。


また、昨年、東京の吉増さんの書斎と福島県の被災地で撮影された「Edge Special」は、「怪物君」こと「詩の傍らで」の生成を追うもので、京都を舞台とする春夏秋冬、4本の「H(アッシュ)」(監督:井上春生、制作:ハグマシーン)と並んで、吉増剛造が生きる現在を写し出す貴重なコンテンツになっている。

今回、吉増さんのアメリカでの英訳詩集(ニュー・ディレクションズ)刊行を記念し、
「島ノ唄」(監督:伊藤憲、制作:テレコムスタッフ)、
「Edge Special」(演出:伊藤憲、制作:テレコムスタッフ)
の2本が、今日、16日から動画配信されることになった。
 

試聴は、BONOBO(会員登録無料)のホームページから。

トップページを下にスクロールしていくと、加入会社のアイコンがあり、テレコムスタッフも所属するATP(全日本テレビ番組制作社連盟)のアイコンをクリック、テレコムスタッフのページから試聴できる。

「Edge Special」は無料、「島ノ唄」は、200円。


今後、「Edge」のコンテンツは、順次、動画配信が予定されており、ホームページも準備中。

危機の時代に向かい合う詩の現在を、ぜひ、体感してもらいたい。
posted by 城戸朱理 at 15:49| Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする