サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 向田邦子の牛乳スープ

2017年01月23日

向田邦子の牛乳スープ

IMG_5309.jpg



『向田邦子の手料理』を読み直し、牛乳スープなるレシピを見つけたので作ってみた。


骨付きの鶏腿肉を使うのだが、手羽元で代用する。

まず、バターで鶏肉に焼き色を付け、ジャガイモも炒めて、ひたひたの水で煮る。

火が通ったら、牛乳を加え、なじむまで煮て、仕上げに黒胡椒を。

調味は塩だけで、水で煮る段階で加えると鶏肉にも味が入る。

私は、水のかわりに鶏ササミをローリエ・白胡椒5粒・塩で煮て、ササミのハムを作ったときのスープを使った。


バターの風味と黒胡椒の香りを生かすために、鶏とジャガイモのみというところが、向田さんらしい。


バンビことパンクな彼女が、活帆立のカルパッチョと茸の炒め物を作り、牛乳スープを出して、晩酌を始めたのだが、この牛乳スープ、シンプルなのにこっくりとしたコクがある。


「美味しい!」とバンビは喜び、「生麺を入れて、牛乳ラーメンにしても、きっと美味しいよ!」と言い出した。

見た目は、豚骨ラーメン風になるだろうが、実は牛乳というのが面白い。


向田邦子は、大きなプロ用のずんどう鍋で、いつも、たっぷりスープを仕込んでいたそうだ。

執筆中に小腹が空いたときや、お酒のあとに、寒い日にはスープでおじやを作ることもあったという。
posted by 城戸朱理 at 13:04| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする