サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: ヴィジュアル・ポエトリー、飛来す

2017年03月06日

ヴィジュアル・ポエトリー、飛来す

IMG_5679.jpg



北園克衛が率いた「VOU」後期を、そして、わが国のヴィジュアル・ポエトリーを代表する存在である高橋昭八郎さんを、唐津にお訪ねして、私が、さまざまなことをお聞きしたカセット・テープがある。

バンビことパンクな彼女が、このテープをダビングして、高橋昭八郎さんの親友であり、やはり、日本を代表する視覚詩人、伊藤元之さんにお送りするとともに、テープ起こしを始めた。


伊藤元之さんも、VOUのメンバーだったが、あえて誰も来ない山奥での個展を企画したり、北上川の流れのなかに作品を展示することを考えたり、今なお、揺るぎない前衛の姿勢を貫かれている。


高橋昭八郎さんと伊藤元之さんは、つねにお互いが刺激し合うような関係だったのだろう。


その伊藤元之さんから、お葉書をいただいた。

一瞬、絵葉書かと思ったのだが、そこには互いを打ち消し、あるいは互いに溶け合うように「word」と「world」が印刷されている。

これは、伊藤元之さんのヴィジュアル・ポエトリーか!?


わずか「l」の一語の違いが生む、この意味の広がり。

世界を言葉で象り、言葉によって生成する世界に、世界と拮抗する言葉を探す。


この贈り物に脳髄が痺れたが、詩とは、これほどまでに無償のものであり、賭けにほかならないことを、たった一枚の紙片が語っているかのようだ。
posted by 城戸朱理 at 10:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする