サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 宮澤賢治と洋食など

2017年03月23日

宮澤賢治と洋食など



森荘巳池『森荘巳池ノート』が、あまりに面白いので、3回も通読してしまった。

この本は、これまで紹介してきたように、著者と宮澤賢治、草野心平、横光利一らとの交遊を語るものなのだが、賢治が占める割合がもっとも多い。


賢治が花巻で教員生活を送っていたころ、天ぷら蕎麦にサイダーを好んだ話は有名だが、賢治にはベジタリアンのイメージがある。

たしかに菜食生活を送った時期はあるのだが、必ずしも、それを通したわけではなかった。


まだ旧制中学生だった森荘巳池は、賢治に盛岡の大洋軒という西洋料理店で洋食のフルコースを御馳走になったことを回想しているが、これを賢治は「洋食の一番立派なもの。おごりの頂上の定食」と語っていたそうだ。

賢治は、上京したおりに、「神田で労働者が一番好きな牛丼」や「本郷で大学生が一番好きなカレーライス」を食べたらしく、故郷に帰ってからも、盛岡の肉屋が兼業でやっている食堂で牛丼を食べたり、花巻の精養軒の支店でカレーライスを頼むことがあったという。

賢治の母親は、東京で賢治がきちんと食事をしているか心配したらしいが、それに対して、賢治は、東京には飯屋というものがあって、とりわけ労働者や苦学生が食べる丼物、天丼、親子丼、鰻丼が山盛りで美味しいものであることを伝えたというのだから面白い。

森荘巳池は、鰻丼と天丼が、賢治のもっとも好きな食べ物だったことを語っている。


宮澤家は、素封家だけに、賢治も食事で困るようなことはなかったのだろう。

そして、貧しい農民に比べて豊かな自分を恥じるところが賢治にはあったし、その贖罪の意識が、作品にも反映されているのは言うまでもない。


賢治の生活が一変するのは、祖父が建てた宮澤家の別宅を改装して、羅須地人協会を作り、無償で稲作の指導や肥料の設計を始めてからだろう。

ここでの暮らしは、形を変えた出家のような趣きさえある。


賢治は、杉林のなかにカマドを作り、3日分の米を炊いては、御飯をザルに入れ、井戸に吊るして「天然冷蔵庫」に保存した。

森荘巳池が羅須地人協会に泊ったときには、新巻き鮭の頭と骨をいれたあら汁を御馳走になったという。

このあら汁は、森荘巳池の自宅で作るように、酒粕や高菜を刻んだものが入っていなかったので、荘巳池は物足りなかったようだが、このころの賢治は、衣食に無頓着だったことが、さまざまな人の証言からも分かる。

賢治には、もっと大事なことがあったし、その眼には、イーハトーブの広やかな世界が映っていたに違いない。
posted by 城戸朱理 at 13:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする