サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 宮澤賢治「雨ニモマケズ」手帳を使い始めて

2017年03月29日

宮澤賢治「雨ニモマケズ」手帳を使い始めて

IMG_5815.jpg



盛岡の光原社で求めた復刻版の宮澤賢治の手帳を使うことにした。

この手帳は、横罫なのだが、賢治は裏表紙から縦書きで使っているので、私も「雨ニモマケズ」が書かれたあとのページから、縦書きでメモを取り始める。

メモは、手書きに限る。

ハーバード大学の調査で、手書きとPCを比較した場合、手書きのほうが記憶として定着するという結果が出たが、手書きだと、記憶に残るだけではなく、次の思考が呼び起こされるところがある。

乱雑でも構わないし、気になったことを何でも書いておくと、新しい関係が立ち上がり、それまで気づけなかったことが、突然、見えてくることもあるのだ。

私は、ノートも用意して、気になったことを書きつけるようにしている。

ノートはテーマ別にも用意しているが、実際は、テーマを決めず何でも書き込むことにしている雑記帳から、何かを発想することが多いようだ。

つまり、考えを整理するのではなく、雑多な事項の「遠いものの連結」(西脇順三郎)によって、新しい考えが生まれるということだろうか。


「雨ニモマケズ手帳」に、ここしばらく詩について考えていたことをランダムに書いてみたら、私にとっても思いがけない詩の問題が見えてきて、自分でも驚いているところなのだが、それは、これから自分が書くべき詩を、その方位と地平を照らすものになるかも知れない。


それが、どんなことなのかは、詩集の形で問うことになるだろう。

人は、結論を求める。

しかし、大切なのは問い続けることだ。
posted by 城戸朱理 at 09:51| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする