サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 朝鮮半島の危機的状況について

2017年04月06日

朝鮮半島の危機的状況について



4月5日の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、アメリカのレックス・ティラーソン国務長官は、非難の言葉さえ口にせず「さらなるコメントはない」と異例の声明を発表した。

これは、尋常ではない。

ティラーソン国務長官は、3月17日に、北朝鮮に対するワシントンの「戦略的忍耐」は終わったと宣言しており、「あらゆる選択肢が検討されている」と発言している。


さらに、4月2日には、トランプ大統領が、英ファイナンシャル・タイムズのインタビューで、「中国が北朝鮮問題を解決しないのなら、私たちがする」と軍事力の行使を示唆しており、朝鮮半島における危険水位は限界に達しつつある。


翌日、4月3日に、日本政府は、突然、長嶺安政駐韓大使の帰任を発表。

その理由を韓国の大統領戦、及び北朝鮮の脅威に備えるためとしたが、「在韓邦人の保護という側面もある」という文言は、朝鮮半島有事に備えるものではないかと思えるところがある。


アメリカの発表によると、北朝鮮の核実験場の活動が活性化しており、6回目の核実験の準備を進めているのではないかと見られているうえに、
6、7日には、フロリダで米中首脳会談が予定されており、ここでトランプ大統領は習近平主席に、北朝鮮問題に関して強い要求をするものと思われる。

この一両日中に、もし北朝鮮が6回目の核実験に踏み切るようなことがあれば、アメリカは武力行使も辞さないということになりかねない。


アメリカでは、北朝鮮が12〜20発ほどの核弾頭を保有していると推測している。

しかも、北朝鮮は、弾道ミサイルが日本の米軍基地を標的にしていることを公表しており、朝鮮半島の有事には、日本も無縁ではいられない。


日本でも、そこかしこが壊れていっている感があるが、今や世界中が、軋み、あちこちが壊れかけているようにしか思えない。
posted by 城戸朱理 at 09:21| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする