サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その1

2017年04月13日

水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その1

IMG_6066.jpgIMG_6067.jpgIMG_6069.jpgIMG_6071.jpgIMG_6074.jpg



撮影は順調に進み、糸屋ホテルに戻って小憩。

夕食は、水原紫苑さんのために「ごだん宮ざわ」を予約した。


まずは、楽九代了入の赤楽筒で煎米茶が出て、先付けは、贅沢にも蒸しアワビ。

ウルイと叩きワラビがあしらわれている。

アワビは、なんとも柔らかく、豊かな味わいだったが、丹波産とのこと。

器は明末清初の古染付だが、これは、昨秋、宮澤政人さんが行きつけの骨董屋さんで撮影したとき、宮澤さんが一目惚れして買われた絵替わり羅漢図の五客のうちのひとつ。

私が教えたら、「気づかなかった!」と井上春生監督が喜ぶ。


華やかな秀衝塗りのお椀は、鯛とウルイ、百合根のすり流しで、みんな、目を閉じて味わっていた。


お造りは、無農薬の藁で、軽く焙ったシビマグロと北海道産塩水ウニ。

山口県安岡産の地ネギとミョウガがあしらわれている。

マグロのなかでも、もっとも珍重される黒マグロは、本マグロとも呼ばれるが、出世魚で、京都で好まれる幼魚がヨコワ、さらにメジマグロ、チュウボウマグロ、100kg以上になるとシビマグロと呼び名が変わる。

マグロの旨みを藁の香りが包み、みんなから歓声が挙がった。

器は李朝初期の刷毛目鉢。

聞くと、出会うたびに求め、今では刷毛目鉢は4客あるそうだ。
posted by 城戸朱理 at 10:21| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする