サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その2

2017年04月13日

水原紫苑さんと「ごだん宮ざわ」へ、その2

IMG_6075.jpgIMG_6076.jpgIMG_6080.jpgIMG_6084.jpgIMG_6086.jpg



「城戸さん、宮澤さんの料理をいただいていたら、肩凝りが消えました!」と井上春生監督。

そういえば、初めて「ごだん宮ざわ」に来たときも、井上監督は扁頭痛が消えたことがあったっけ。

吉増剛造さんを初めて、ごだん宮ざわにお連れしたときも「お薬のような料理だねえ」とおっしゃっていたが、宮澤さんの料理には、ヒーリング効果があるのかも知れない。


燗をつけてもらったら、明の染付けの瓢徳利が出た。

私は、自宅では備前や唐津など土物の徳利を使っているが、この徳利は、わずかに首が傾ぎ、いかにも酒席にふさわしい姿で、磁器の徳利も悪くないと思った。


焼物は、サワラの塩焼き。

身はぎりぎりの加熱で、ふうわりと、皮目はよく焙ってぱりぱりに仕上げられている。

たんなる焼魚が、こんなに美味しいというだけでも驚くが、水原紫苑さんも感嘆の声を挙げていた。

バンビことパンクな彼女は、珍しい雲型の器を気に入っていたが、これは明代に龍泉窯で焼かれた青磁で、七官青磁と呼ばれるものである。

たしか、宮澤さんが上京したおりに、日本橋の骨董屋で求めたものだったはず。


続いて、蕗の薹を練り込んだ焼き胡麻豆腐。

焼き胡麻豆腐は、「じき宮ざわ」が開店したときからの名物だが、宮澤政人さんにとって二軒目の店となる「ごだん宮ざわ」になってから、季節の野菜を練り込み、素晴らしい風味が味わえるようになった。


おしのぎは、自家製カラスミをたっぷりとすりおろした手打ち蕎麦。

カラスミが李朝初期の白磁皿に映える。

水原紫苑さんが喜ばれていたが、水原さん、カラスミがお好きらしい。


揚物は太刀魚の天ぷらで、新タマネギのお浸しが添えられている。

太刀魚はもちろん、甘酢で和えた新タマネギも好評だった。

器は、初見の楽焼きだったが、これは楽十二代弘入だろうか。

料理に気を取られて、確認しなかったのが情けない。
posted by 城戸朱理 at 10:22| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする