サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 高柳克弘・神野紗希さんと「ごだん宮ざわ」へ、その3

2017年04月17日

高柳克弘・神野紗希さんと「ごだん宮ざわ」へ、その3

IMG_6302.jpgIMG_6304.jpgIMG_6307.jpgIMG_6097.jpg



魚型の古染付で供されたのは、筍とホタルイカ。

この時期の京都は、八百屋の店頭に、必ず朝掘りの筍が並んでいる。

名産の白子筍もあり、東京よりも筍が流通している気がする。


最後に、桜鯛にウルイ、フキ、ウドといった山菜、そして八代の青海苔の小鍋立て(写真なし)が出て、御飯となった。


お抹茶は、全員が尾形乾山の茶碗で。

私だけ、古唐津の皮鯨だったが、これは宮澤さんが、私の唐津好きを知っているからだろう。


ごだん宮ざわが開店したのは、3年前の7月14日。

初めて訪れてから、京都に行くたびに寄らせてもらっているが、まさか、京都で行きつけの店が出来るとは、思ってもみなかった。
posted by 城戸朱理 at 14:01| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする